Beginner Class Pick up!

アドリブ入門 ビギナークラス

minor jazz blues

ポイント ジャズではマイナーブルースもよく演奏されます。「Mr.PC」「Stolen Moments」「Israel」「Interplay」などなど。まずはコード進行から確認してみましょう。 マイナーブルースのコード進行 メジャーキー同様にマイナーブルースのコード進行を度数化してみましょう。 クリックで拡大 下記のように演奏することもあります。 クリックで拡大 C minor Blues https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/20 ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

Scale(音階)について

今回は音階について学んでみましょう。 ポイント 音階(スケール)とは1オクターブ内に音を配置したものです。それぞれの音と音をどのような間隔で配置するかにより名前が付けられていて、何個、音を配置しても問題ありません。下記、1オクターブ内に全部半音で音を配置した場合はクロマチック・スケールと呼ばれます。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/chromatic.mp3 クリックで拡大 みなさんがよく耳にする「ドレミファ ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

小節と拍子について覚えましょう

今回は小節と拍子について学んでいきましょう。 小節 ある特定のジャンルを除き、楽譜には必ず小節があります。 注意ポイント しかし、この段階では、この1つの小節に何拍音を入れるのかは分かりません。 そこで「拍子記号」を入れていきます。この拍子記号により1小節の長さを○○音符が○個入る長さとして決めていきます。 様々な拍子 ポイント 分母の数字が「音符の種類」、分子の数字が「小節内の数」を表します。 4分の4拍子 4分音符(分母)が4つ(分子)入る長さを1小節としています。先の記事で4分音符の長さを100%と ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズ演奏では常に1歩先を読むこと!

Thinking Fast ジャズでは、様々なことを同時に考えながら演奏をしています。初心者が今どこを弾いているのか見失うのは、コードの進行に対して、自身の演奏が後手後手になってしまうからです。常に次のコード(もっと先のコード)を考える癖をつけていきましょう。 最終的には意識しなくても進行を追えるようになりますやまだ 初心者と経験者の思考比較 初心者の思考 経験者の思考 後手にならないために大切なこと! 楽曲をしっかり記憶することが大切です。「譜面見て・・・自分の指見て・・・また譜面見て・・・」こんな状況 ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

Chord Name(コードネーム)の仕組み

3音以上の高さの違う音が同時に鳴った時、それを和音(コード)と呼びます。その音の集合体には何の音が入っているかを表示する記号(コードネーム)がつけられます。コード表記は大きく分けると次のように「記入すべき場所」が分けられています。 コードネームの記述 クリックで拡大 Root 「C」「A♭」「F#」といったRoot(ルート)と呼ばれるアルファベットを記入します。この音からの音程(音と音の距離)をはかります。 3rd Rootから半音3、4個離れた音です。この3度はコードの明暗を分けます。長3度の場合は何も ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

Dm7フレーズ練習

今回はminor7thコード上でのフレーズです。メジャー編でも書きましたが、1日50回は演奏しましょう。こちらも音源のリズムはBebop時期を意識して少しハネ気味です。 前の記事 Dm7フレーズ練習 Ex.1 マイナー7thにおいて、メジャー7th音(ここではC#音)は非常によく使用されます。ここではルートであるD音を挟むように使用しています(1小節目1、2拍目) https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/dmphra ...

Read More

Step up Class Pick up!

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP5】マイナーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyマイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

イントロ・エンディング ステップアップ クラス

循環進行によるイントロを極めよう!! #1

循環進行によるイントロを極めよう! ペダルの次にトライすべきは循環進行(I-VI-II-V、III-VI-II-V)によるイントロです。同じコード進行でも沢山のバリエーションが存在します。ピアニストのような自由なイントロを目指していきましょう。 循環進行によるイントロ #1 各1小節ずつで8小節の演奏も可能ですが、 今回はF keyの2拍ずつ4小節で考えてみましょう。FM7-D7(Dm7)-Gm7-C7です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

フレージングの引き出しの整理と応用

引き出しとリック 今回は「引き出し」と呼んでいる重要なアイデアについて考えてみましょう。多くのジャズ初心者は「これはツーファイブ・フレーズ」「これはマイナーのフレーズ」・・・と、覚えたものを演奏しています。勿論、これは言語を学ぶ時に模倣することと同じで、誰しも通る道です。私はこれを「リック」とか「ネタ」と呼んでいます。 リックだけじゃダメ! リック(ネタ)は、覚えればすぐジャズっぽくなるしカッコいい!だからやめられなくなって、ネタを繋ぎ合わせたソロばかりになってしまう。時にはソロの90%以上がネタだったり ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【ジャズ・フレーズスタディ】Rhythm Changes #2

Rhythm Changes A Section 今回も「Rhythm Changes」のA セクションのコード進行を基にラインを分析していきましょう。 Score クリックで拡大 Analysis 細かく分析していきましょう! 【17小節目】Approach to F(5th)1、3拍にしっかりとコードトーン 【17小節目】G7 alt = Bdim パッシングディミニッシュを7thで代理します。 【18小節目】Approach to A (C#dim = A7)上記同様に7th代理 【19小節目】Ap ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

ジャズを最短で学びたいなら、分析力を養おう!

ジャズの設計図 分析をすること 名曲の設計図という本がありますが、ジャズも分析をして、その仕組みを知ることが大切です。 音楽の秘密を形式からひも解く 名曲の設計図 ジャズギターをある程度弾けるように早くなりたい! 以前、生徒に「ジャズ学習の近道」について質問は受けました。 studentジャズ学習に近道はありますか? answer あると言えばありますが、近道といえど時間はかかります。 studentやはり、誰かに師事するのが一番ですよね! answer 師事したから上手くなれるわけではなく、 沢山の情報 ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#11 〜Adam Rogers〜

Phrase Analysis 7thコード上でF⇒E⇒Eb・・・と、トライアドをどんどん繋いでいます。このように、あるコード上で和音に和音を重ねることをスーパーインポーズと言います。後半2つのアルペジオは面白いです。強引にコードネームを付けるならGmM7(#5)とF#mM7(#5)GmM7(#5)は「Eb+短3度」とも「Ebm+長3度」とも捉えられます。 YouTube CD Art Of The Invisible

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 5》想定するコードによるライン

コード崩し ギターでは「コードの型が視覚的に見える」というメリットがあります。その1つのコードをスケールとミックスさせて発展させていきます。沢山遊んでいくと自由になれますよ。 色んなシェイプを探す。 私自身は未だにコード崩しをしています。ただ、その見えているコードが変わっているだけです。 1つのコード、1つのポジションの中でたくさんの型が見えていて、結果スケールとなっています。 YouTube動画 やまだ今回の動画にはPDFが付属しています。 PDFファイル ダウンロード 次の動画講座

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

マイナー1発での演奏アイデア - minor 7th work out #1-

Gm7 chord 今回から4回に分けて「Gm7」chord1発での演奏アイデアを分析していきましょう。音源はCycle of Jazzの時のものなので音質はあまり良くありませんが、YouTubeにあげておきました。 Score クリックで拡大 Analysis 1つずつ細かく分析してみます! 【pickup】Blue Note ♭5 【2、3小節目】Melodic minor Scale 【4小節目】C7 【5小節目】♭IIIM7 Arpeggio(B♭M7) 【5、6小節目】Delayed Resol ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 15》基礎の構築 To build a foundation

基礎が大切 今回は私がよくやっている基礎練習をご紹介します。苦行のようなトレーニングですが、毎日5分、それが数ヶ月、数年後には凄いことになりますよ! 壁にぶち当たる時は基礎不足が多い 自分の経験でも、生徒様を見ていても、大きな壁にぶつかっている時は、基礎力が足りないことが多いように思います。「音楽の理解力」(度数やコード構成音など)、指板の理解力「3弦8Fは何の音?」のような質問にすぐに答えられるかどうか?そして、それなりのスピードで表現できるギタースキルなど。 YouTube動画 やまだ毎朝最低でも10 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#3 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis A7上の裏のツーファイブを想定しています。Eb7(裏コード)→Bbm7 Eb7(ツーファイブ化)更には、音符の区切りが非常にユニークです。A7最初の1音(Bb音)を除き、5音で一つのグループを作っていますね。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

7th Chord 1発での演奏アイデア - Dominant 7th Work out #1-

B♭7 chord 今回から7thコード1発での演奏アイデアを解説していきます。伴奏はB♭7コード1発。The Chicken 風にしました。こちらの音源も旧サイト(Cycle of Jazz)から持ってきたため、ノイズ一杯で聴き辛いですが、参考にしてください。 Score クリックで拡大 Analysis 細かく分析していきましょう! 【1小節目】B♭Major Pentatonic Scale 【2小節目】Approach to D(3rd) 【2小節目】Slide to D 【3小節目】Blue N ...

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

How Deep Is The Ocean

How Deep Is the Ocean Irving BerlinのABAC形式32小節の楽曲。私が学生の頃は13〜16小節目のコード進行が聞く人、聞く人、みんな違う感じがして、どれがオリジナルなんだろう?と思っていました。捉えどころが難しい楽曲ですが、私はJim HallとPeter Bernsteinのテイクが好きでよく聴きました。その後、Kurt Rosenwinkel の盤を聴いて、すぐに採譜しました。当時勉強していたUpper Structure Triadが沢山使われていたからです。ただ、 ...

Read More

Jazz Standards データ

I Should Care

I Should Care Sammy Cahn/Axel Stordahl/Paul Weston作曲のABAB'形式32小節のスタンダードナンバー。この楽曲はJim Hallの美しいソロギターで好きになった楽曲ですが、John Scofield/John Abercrombieのテイクを耳コピした時に覚えました。何と言っても初めてカナダへ行った時にカナダのCD Shopで最初に見つけたエド・ビッカートの盤ということでカナダでずっと聴いていました。実はこの盤にはアウトテイクがあって同曲を演奏しているので ...

Read More

Transcription データ

Mike Moreno / Airegin

今回は私が大好きなギタリストMike Moreno。Youtubeのテイクの「Airegin」です。何が好きって、楽曲と音楽を構築していく様とか壮大な世界観、そしてラインのセンスです。お届けする前に、まず変拍子のイントロから。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/mm_aireginintro.mp3 クリックで拡大 さて次に、12ページの採譜ファイルです。実はこれ生徒に採譜してもらったものなのですが、出来上がっ ...

Read More

Jazz Standards データ

Relaxing At Camarillo

Relaxing At Camarillo チャーリー・パーカーのブルースです。一般的な12小節です。Jonahtan Kreisbergを初めて聴いた時、パーカーの音源や、トミー・フラナガン(pf)のテイク同様のイントロを弾いていたのにビックリしました。ギタリストテイクは少なめです。 Relaxing At Camarillo Barney Kessel / バーニー・ケッセル パーカーと。 The Complete Savoy & Dial Master Takes Joe Pass / ジョー・パス ...

Read More

Jazz Standards データ

On Green Dolphin Street

On Green Dolphin Street 今回のスタンダード紹介は「On Green Dolphin Street」!この曲もセッションで演奏することが多いですね!私はジャズギターを始めたばかりの頃に聴いた「ポールウィナーズ」でのバーニー・ケッセルが印象に残っています。Keyが「Db」だったような記憶があります。 On Green Dolphin Street Barney Kessel/バーニーケッセル 昔、好きだったNo.1作品。 ザ・ポール・ウィナーズ Herb Ellis/ハーブ・エリス S ...

Read More

Jazz Standards データ

My Ideal

  My Ideal My ideal(Leo Robin / Richard A. Whiting & Newell Chase作曲)16小節の名曲です。最初に聴いたのはJohn Scofield のJazz Funk Guitarという教則ビデオ(VHS教則は当時高かった)もうね、「止まっちゃうんじゃないか!」と思えるぐらいゆったりソロギターで演奏されていますし、アコギでもジョンスコそのもの!そしてエンディング(笑)その後、Peter Bernsteinがアルバムの最後でクリスチャン ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.