他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

ジャズで使用するベーシックなコードを押さえてみよう

目次

ジャズコードとは?

ロックではRootと5thだけを押さえたパワーコードをよく使用しますが、Rootと5thだけのサウンドはとても重いサウンドとなります。ジャズでは、重さよりも、よりお洒落な色合いが欲しいのです。ということで、

ポイント

ジャズコードの基本はRoot+3度+7度からなる3声の和音です。

これをベーシックコードと呼ぶことにします。一般的なジャズコードの多くはこの3声ベーシックコードに1音を足すことで出来ています。

ベーシックな3声の和音

やまだ
押さえ方は2弦にどの音を加えるか?によって変化しますが、私の運指を記載しています。

ポイント

5弦ルートと6弦ルートでは、3度と7度の位置が逆になります。
5弦ルート・・・3度=4弦、7度=3弦

6弦ルート・・・3度=3弦、7度=4弦

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる