「初級理論」 一覧

ゼロスタート 初級理論

ペンタトニック(Pentatonic)とブルーノート(Blue Note)

2018/7/17  

今回はペンタトニックについて、学んでいきましょう。 5つの音のグループ 5角形を「ペンタゴン」と言いますが、5音の音階を「ペンタトニック・スケール」と呼びます。1オクターブ12音の中から5音ですから、 ...

ゼロスタート 初級理論

循環進行と逆循環進行

2018/7/14  

今回もジャズでよく使われる言葉を学んでいきましょう。今回は「循環進行」と呼ばれる進行です。「いち・ろく・にー・ごー」なんて言われることもありますが、これは「Iコード、VIコード、IIコード、Vコード」 ...

ゼロスタート 初級理論

ドミナントモーション(Dominant Motion)

2018/7/11  

今回はドミナント・モーション(Dominant Motion)について、これもよく聞く言葉ですね!「コード進行は人生だ!」とよく説明しています(かなり大袈裟ですが)色々な地を巡り巡って自分の国へ着陸す ...

ゼロスタート 初級理論

ツーファイブ(two-five)

2018/7/10  

ジャズの話の中で「ツーファイブ」という言葉がよく出てきますが、そもそも「ツーファイブ」って何なのでしょう? ダイアトニックコード これが「C」のメジャースケールです。 クリックで拡大 このメジャースケ ...

ゼロスタート 初級理論

ダイアトニックスケール(Diatonic Scale)

2018/7/7  

今回はダイアトニックスケール(Diatonic Scale)について学んでいきましょう。ダイアトニック・コードに関しては前の記事を確認しておきましょう。 前の記事 ダイアトニック・スケール ポイント ...

ゼロスタート 初級理論

ダイアトニックコード(Diatonic Chord)

2018/7/6  

今回は「ダイアトニック・コード(Diatonic chord)について学びましょう。 ポイント メジャースケールのそれぞれの音から3度重ねをして4声のコード(高さの違う4音のグループ)を作りましょう。 ...

ゼロスタート 初級理論

Scale(音階)について

2018/7/5  

今回は音階について学んでみましょう。 ポイント 音階(スケール)とは1オクターブ内に音を配置したものです。それぞれの音と音をどのような間隔で配置するかにより名前が付けられていて、何個、音を配置しても問 ...

ゼロスタート 初級理論

Major Keyとminor Key

2018/7/4  

ポイント 前回の記事でメジャーキーの判別を行いました。そしてMajor Key と minor Keyは1セットになっていて、その関係を平行調と呼ぶことを学びました。今回はminor Keyを指板上で ...

ゼロスタート 初級理論

調判定〜Keyを判別すること〜

2018/6/25  

今回は、調号からキー(Key)を判断する方法です。 ポイント 1つの調号に対してメジャーキーとマイナーキーが1つずつ存在します。 この関係を「平行調」と呼びます。 メジャーキーの6番目の音から演奏する ...

ゼロスタート 初級理論

調号の付加順序

2018/6/24  

調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。 例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。 https://mistletoemusicschool. ...

ゼロスタート 初級理論

Chord Name(コードネーム)の仕組み

2018/6/23  

3音以上の高さの違う音が同時に鳴った時、それを和音(コード)と呼びます。その音の集合体には何の音が入っているかを表示する記号(コードネーム)がつけられます。コード表記は大きく分けると次のように「記入す ...

ゼロスタート 初級理論

コードトーン(Chord Tone)とテンション(Tension)

2018/6/7  

コードトーンの仕組み ある音から1個飛ばしで音を積んでいくと、楽譜上では団子状に音符が連なります。 最初が「ド」。レを飛ばして「ミ」、「ファ」を飛ばして「ソ」。その3音の塊りをコードと呼びます。 「レ ...

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.