他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

コードトーン(Chord Tone)とテンション(Tension)

目次

コードトーンの仕組み

ある音から1個飛ばしで音を積んでいくと、楽譜上では団子状に音符が連なります。

最初が「」。レを飛ばして「」、「ファ」を飛ばして「」。その3音の塊りをコードと呼びます。

「レ」から始まる場合は、「レファラ」となります。

クリックで拡大

4音の塊までがコードトーン

ポイント

更にもう1つ上の音までを積み重ねた4音のかたまりをまとめて、コードトーンと呼びます。

ドから始まればドミソシ。ソから始まればソシレファなどなど。

クリックで拡大

コードトーンとテンション

更に3度上を積み重ねていった3音をまとめてテンションと呼びます。

クリックで拡大

勿論、別の音から音を積み重ねても、同じく。最初に積み重ねた4音をコードトーン、次の3音をテンションと呼びます。

クリックで拡大

コードトーンは呪文のように唱えて覚える

音を1つずつ飛ばしていくと「ドミソシ、レファラ、ドミソシ、レファラ・・・・」と続いていきます。どの音からでも言えるようにしましょう。「ソシレファ、ラドミ」、「ラドミソ、ファラド」という具合です。

やまだ
4音と3音で区切っているのは、コードトーンとテンションに分けたいからです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる