ビギナークラス 初級理論

循環進行と逆循環進行


今回もジャズでよく使われる言葉を学んでいきましょう。今回は「循環進行」と呼ばれる進行です。「いち・ろく・にー・ごー」なんて言われることもありますが、これは「Iコード、VIコード、IIコード、Vコード」を経過して、またIコードに戻ってくる進行です。

循環進行

IM7〜IM7〜IIm7〜V7

「Key=C」で言えば、CM7コードへ戻ってくるために「ツーファイブ(Dm7-G7)」を導入します。

クリックで拡大

IM7〜VIm7〜IIm7〜V7

更に「IM7」から「IIm7」への進行をスムーズにさせるために、IM7の代理コードである「VIm7」を導入します。「Key=C」で言えば、「CM7-Am7-Dm7-G7」となりますね。

クリックで拡大


楽曲の最後は、下記、譜面の1段目のようにCM7のみですが、頭に戻る際に2段目のように、循環進行を挟むことが多いですね。

クリックで拡大

応用

VIm7はVI7へと変換可能です。IIm7への進行感が強くなります。

クリックで拡大

逆循環進行

循環進行(I-VI-II-V)をIIからスタートした「IIm7-V7-IM7-VI7」という進行を逆循環進行と呼びます。「ぎゃくじゅん」と省略して呼ぶこともありますね。また「IM7」はトニック代理である「IIIm7」へ変換することもあります。

クリックで拡大

循環と呼ばれる曲


「次はブルースやろう!」と言われるのと同じように、「次は循環やろう!」と言われることがあります。これは「I got Rhythm」のコード進行を指します。ブルース同様、コード進行のバリエーションが沢山あるので、それはまたの機会に!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ビギナークラス, 初級理論

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.