他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

ベーシックコードを使って枯葉を刻んでみよう!


基本である3声(3音)のベーシックコードを使って枯葉を刻んでみましょう。

ベーシックコードの記事をご覧になっていない方はこちら

あわせて読みたい
ジャズで使用するベーシックなコードを押さえてみよう 【ジャズコードとは?】 ロックではRootと5thだけを押さえたパワーコードをよく使用しますが、Rootと5thだけのサウンドはとても重いサウンドとなります。ジャズでは、...
目次

Autumn Leaves TAB

PDF fileをダウンロード

コード・ダイアグラム

PDF fileでダウンロード

演奏のポイント


演奏する際の注意ポイントです。

刻む時の注意

  • アンプの音に頼り過ぎない(フルアコであれば、ほぼ生音です)
  • 押弦している箇所以外はしっかりミュート
  • 伸ばし過ぎず、短く切り過ぎず
  • 2拍目、4拍目に少しアクセント
  • 右手は優しく速くストローク、手首のスナップを付けて!

ハーモナイズド・ベースライン

この状態でベースをどんどん動かして、ハーモニーを付けると「ハーモナイズド・ベースライン」と言います。実際の演奏から、まずそのタッチを学びましょう。

ポイント

Jim Hall(Gt)とBill Evans(Pf)のMy Funny Valentineが最高です。3:10あたりからジムホールが刻みを始めます(Volume大きくして聴いてみましょう)すると、Bill Evansは左手でコードを弾くのを止めて、右手のラインに専念しています。見事な演奏!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる