他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

ジャズで使用される楽器と編成

目次

ジャズでは色々な楽器が使用されます

鍵盤がピアノにオルガン、ヴィブラフォン、アコーディオンのジャズも聴いたことがあります。管楽器がトランペット、フリューゲル、サックスはテナー、アルト、ソプラノ、バリトン、ソプラニーノも聴いたことがあります。トロンボーン、バルブ・トロンボーン、クラリネット、バスクラリネット、フルート、ハーモニカ、弦はギター、コントラバス、ヴァイオリンだってOK。ハープの人も居たな。ドラム・パーカッション。

やまだ
音が出れば、どんな楽器だって一緒に楽しく出来ます。

ギターは花形ではない・・・

ビッグバンドを聴きに行ってもギターはあまり目立ちません。管が何本も居て、ピアノにベース、ドラムも居ますから、ギターが在籍していないビッグバンドも少なくありません。ギターという楽器は演奏者によって音色が随分と違うので、扱いづらいということも起因しています。演奏者により多少の違いはありますが、ピアノはピアノの音が、サックスはサックスの音がします。ただギターはエフェクターで音をかなり作ることが出来ますから。


私が大好きなマリア・シュナイダーオーケストラ

編成の名前

はてな


人数編成によって名称があります

編成名称

  • 2人 → DUO(デュオ)or Duet(デュエット)
  • 3人 → TRIO(トリオ)
  • 4人 → Quartet(カルテット)
  • 5人 → Quintet(クインテット)
  • 6人 → Sextet(セクステット)
  • 7人 → Septet(セプテット)
  • 8人 → Octet(オクテット)
  • 9人 → Nonet(ノネット)
  • 10人 → Dectet(デクテット)


クインテットまではよく耳にしますね。ということで今回は、楽器と編成について書いてみました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる