ビギナークラス 基礎知識

スウィングするって、どんなリズム?

投稿日:

スウィングって?


ジャズでは、8分音符をスウィングさせて演奏します。「スウィングしなけりゃ意味がない」なんて曲が存在するほど、ジャズでは大切なノリになります。

譜面上の記載と実際の演奏

下記のような記述が五線譜のすぐ上にある場合がありますが、厳密にはこれはスウィングではありません。

音の長さを数値化してみます。


4分音符の長さを10とした場合。8分音符は当然5:5の長さになります。16分音符であれば2,5:2,5:2,5:2,5と綺麗に割り切れます。

注意ポイント

最初に提示した譜面は3連符の頭と後なので6,6666:3,333と割り切れませんが、これではSwingではなく、跳ね過ぎてしまいます。

そこでもう少し前の音符を短くして、6:4程度(もっと言えば5,7:4,2ぐらい、のこりの0,1は頭に入れて最初の音を少し遅くする)が理想のスウィング感です。人によってスウィング感はまちまちです。また統一する必要もありません。

Kenny Burellのswing感を聴いてみよう!

Grant Greenのswing感を聴いてみよう!

Swingの流行り

上記の音源を聴いていただくと分かると思いますが、Bebop期の大御所プレイヤーは現代に比べると、すごく跳ねている感があります。これはジャズギターがブルースに根ざしているからかも知れません。最近のプレイヤーは全体的にとても重たく乗っていて、ほぼイーヴンの8分音符で演奏する傾向にあります。

重たく乗ることをレイドバックとも言います。
やまだ

ポイント

パーセンテージで言えば、「0.5 ー 5 ー 4.5」のイメージです。
後ろの4.5と頭の0.5が繋がっていてイーヴンに聴こえます。

ジョン・スコフィールド 止まっちゃいそう(笑)

ピーター・バーンスタインもとっても重い!


ジョン・アバークロンビー。レイドバック感とラッシュ感が気持ちいい!


好きなアーティストを聴こう

あくまで理解するために数値化したまでです。スウィングのノリは、良いジャズを沢山聴くことで養われています。憧れのアーティストを見付けて、とことん採譜(耳コピ)してみてください。気付くとノリが身体に入ってきますよ!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ビギナークラス, 基礎知識

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.