Beginner Class Pick up!

Pick Up!! ビギナークラス

ジャズギター とことん不足

ジャズギターのお悩み相談 質問 「アドリブで自由になるにはどんな練習をしたらいいですか?」     これはよく聞かれる質問です。昨夜も生徒から質問メールが来ました。 「とあるミュージシャンの演奏をYouTubeで見ていたのですが、あんなに自由に出来たら楽しいだろうなと思います。どうやったら、自由な演奏が出来るのでしょう?」 という、質問でした。 回答 「絶対出来るようになろう!」と思いながら、練習を続けることでしょうね。悩む以上に練習をしましょうね。私はレッスンでも「量が質に転化します ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズの伝統を継承するための第一歩!

憧れを探す ポイント あなたが初心者であれば、アイドル的存在のミュージシャンを見つけて下さい! 出来れば同じ楽器のプレイヤーが理想です。 しばらくの間、そのミュージシャンの虜になって下さい。普段から、そのミュージシャンの演奏にどっぷり浸かって、「なんとか、この人のように弾いてみたい!」と思える存在を見つけて下さい。「沢山ミュージシャンが居るから一人なんて選べませんか?」、そんなこと言わずに見つかるまで沢山ジャズを聴いてくださいね。 やまだ自分がどんな風に弾きたいのか?イメージすることが大切なんです。 追い ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズ演奏では常に1歩先を読むこと!

Thinking Fast ジャズでは、様々なことを同時に考えながら演奏をしています。初心者が今どこを弾いているのか見失うのは、コードの進行に対して、自身の演奏が後手後手になってしまうからです。常に次のコード(もっと先のコード)を考える癖をつけていきましょう。 最終的には意識しなくても進行を追えるようになりますやまだ 初心者と経験者の思考比較 初心者の思考 経験者の思考 後手にならないために大切なこと! 楽曲をしっかり記憶することが大切です。「譜面見て・・・自分の指見て・・・また譜面見て・・・」こんな状況 ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

チャーリーパーカーから学ぶアプローチノート

ポイント ジャズの即興演奏では、音を装飾するための「アプローチ・ノート」を沢山使用します。アプローチ・ノートは1音とは限りませんが、必ず半音でアプローチするラインが含まれ、アプローチするターゲットの音は、たいていコードトーンとなります。 半音階=ジャズ感を感じる要素の1つ 「半音階がジャズらしいから!」と、いきなり演奏せずに、まずは楽曲から学んでみましょう。キーは全て「C」キーへ変換してあります。下記のようなCメジャーコードの構成音をどのようにアプローチしているか?を真似してみましょう クリックで拡大 B ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

ツーファイブ進行上で伴奏リズム練習

電話の番号の配置ってよく考えられていますよね。8はRoot、9は9th(2nd)と捉えないといけませんが、Two-Five-oneだけじゃなく、3-6-2、1-4-7とか綺麗に並んでます。 さて、今回は前回の枯葉に続き、Two-Five-one進行で伴奏リズムを練習しましょう。前回の記事を読んでいない方はこちらから確認しておいてくださいね。 コードダイアグラム 今回使用するコードのダイアグラムです。 PDF fileダウンロード クリックで拡大 Two-Five-One進行での色々なリズム Ex.1 ht ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

ジャズでのTAB譜と運指について考える

ジャズらしくならないのは運指が関係している 生徒様で多い問題の1つがペンタトニックのポジションが染み込んでいて、ジャズらしい歌い回しにならないということ。 ペンタトニックのポジションや運指自体、それはそれで悪くないと思うのですが、レガート(ハンマリングやプリング、スライド)の入る位置なども一緒に指癖になってしまっているために、どこかロックっぽい歌い回しになっていることが多々あります。まずはその事に気付いてもらえるようにレッスンしています。   運指がスタイルを作る どこでポジション移動をさせ、ど ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #2

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #2 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-2.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント #1 Lick同様、この型もBebopではよく使用される音型です。Dm7の♭3rd音を「ド」と仮定して、「ドレミソ」と聞こえ ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP4】メジャーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12keyメジャーコード ここからは12Keyのメジャーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

Read More

ステップアップ クラス ソロギター入門

ソロギターとは?

solo guitar 今回はソロギターについて!一人で演奏すれば何でもソロギターだと思いますが、その幅はかなり広いです。ギターが「小さなオーケストラ」と言われるように、ギターではメロディ、コード、ベース、パーカッシブな演奏まで、様々なアプローチが可能です。まずは色々なアーティストをご紹介します。 色々なソロギター Classic Guitar flamenco guitar Acoustic Solo Guitar Free Jazz Jazz Solo Guitar ポイント 皆、自身の音楽を表現する ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP8】マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで) 今回はマイナーキーの調号の数を答えられるようにしましょう。 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間3秒 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の方は ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Final Step】1秒以内に3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 制限時間5秒・・・3秒・・・と進めてきましたが、ついに今回は1秒です。 メジャーコードに絞って出題をします。やまだ マイナーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 次はマイナーコード ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#1 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis Peter 初期の作品から。A7で裏コード(E♭7)フレーズ(SubstituteDominat) 個人的にはCM7上でのF#を使ったアプローチにセンスを感じます。G7で#5音(D#)をターゲットにしている点は、のちのPeter自身の歌心である「Augment Arpeggio」へと繋がっている気がします。 YouTube CD Signs of Life

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 1》ジャズの発音習得!音呑みのニュアンス

ニュアンスさえ出来ればジャズになる! ニュアンスだけでも出来れば、メジャースケールを弾いていてもジャズに聴こえてきます。逆にニュアンスが無ければ、ツーファイブワンのフレーズを覚えてもジャズには聴こえてきません。オルタードスケールとか、クロマチックを使ったところで同じです。まず動画講座1発目は「音」を飲んでいるようなニュアンスについて説明します。 ニュアンス=方言 ニュアンス(専門的にはアーティキュレーション<発音>と言います)は「方言のようなもの」とレッスンで指導しています。微妙なアクセントの位置や、強弱 ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 8》ビバップラインの構築方法 #2

Lesson.7でやったアプローチを別の型へ応用する 今回は前回動画で練習した手法の応用編です。まだご覧になっていない方はこちらから先にご覧ください。 まずこちら 色々なビバップの曲が聴こえてくる ここまでのアプローチだけで、様々なジャズ(ビバップ期)の楽曲が聴こえてきます。それはつまりビバップの楽曲がこのように作られているからです。チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピー、バドパウエルといったビバップを生み出してきた世代のアーティストを沢山聴きましょう。 ナウズ・ザ・タイム+1 グルーヴィン・ハイ Y ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#15 〜Martijn Van Iterson〜

Phrase Analysis メジャー7thコード一発内での4度インターバルを多用したライン。こういったラインは指板上で型として見ると捉え易いですね。ペンタトニックなどでも練習してみると良いと思います。P4インターバルを多用した歌い回しは、ジムホールがいち早く取り入れていましたし、影響を受けているのかも知れません。 YouTube CD Whole Bunch

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 11》How to comp バッキングの練習方法

まずはじめに まず、「伴奏が苦手」「よく分からない」と仰る方のほとんどが、伴奏をよく聴いていません。ソリストの方が目立ちますから、意識して聴こう!と思わなければ、伴奏は聴こえてこないんですね。ジャズ演奏では、ソリストに添うように、またソリスト一人では作れない世界観へ持っていけるように伴奏をしていきます。そんな伴奏を目指すにしても、ジャズらしく感じられる伴奏の基本パターンを習得していきましょう。 組み合わせること! 練習では、1つのリズムパターンを「これでもか!」と続けて練習しますが、本番の演奏では様々なパ ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#24 〜Gilad Hekselman〜

Phrase Analysis ほぼ1発での演奏ですが、後半とってもユニークな音遣いをしていますね。私的にはフリジアンのメジャーのような感じで捉えるとしっくりきます。R・b9・3・11・5・b13・7。ヘクサトニック(6音の音階)と捉えても良いでしょう。 YouTube CD SplitLife

Read More

data Pick up!

Transcription データ

Lage Lund / You Do Something To Me

今回はLage Lundの初期の作品「Early Songs」からコールポーターの名曲「You Do Something To Me」です。最近はかなりオリジナリティのある演奏をしていますが、このテイクでは現在のようなダークさはあまりなく、とても明るく快活な演奏です。次々に出てくるラインは圧巻ですよ!それでは、PDF9ページです。 PDF file ダウンロード EARLY SONGS YouTube Analysis Lageの演奏にはリズミック・モチーフ展開、音型のモチーフ展開が随所に導入されています ...

Read More

Jazz Standars データ

All The Things You Are

All The Things You Are この曲はほぼ全ミュージシャンが録音しているのでは?と思うほど沢山の方が録音しているスタンダードですね!レッスンではいつもこの曲をやる時に「好きな作品を教えてください!」と言っています。生徒さんがどんなスタイルのジャズが好きなのか?を探るのにとても良いのです。私はいろいろな思い入れのある盤がありますが、「Jim HallのThree」に入っているテイクからモチーフ展開を沢山学びました。(Jimはこの曲を沢山録音しています) All The Things You ...

Read More

データ 使用弦

ジャズギタリスト使用弦データ

ジャズギタリストが使用している弦リストです。雑誌などで記事を読んだ際にメモしていたものをアルファベット順にまとめてみました。使用弦を変更している場合もありますので、記事を読んだ時点での情報となります。※またバラ弦を購入して使用している方が多いですが、Amazonのなるべく近いセットをご紹介しています。 Adam Rogers(アダム・ロジャース) 13ー16ー18ー28ー38ー49 Daddario Strings D'Addario ダダリオ エレキギター弦 NYXL Medium .011-.049 ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / Falling Love With Love

今回はRyan Kaisor(tp)の盤から、「Falling Love With Love」。Peter Bernsteinの演奏です。PDFは7ページです。 PDF file ダウンロード Analysis 今回も、個人的に勉強になった点などをピックアップしますね! 13〜16小節目 ポイント ピーターがシンプルなリズムで弾いている時の音の動かし方がとっても好きです。よく歌っています!以前にご紹介した譜面でも4分音符で弾いている箇所の度数を調べてみると面白いですよ! クリックで拡大 以前の採譜 以前の ...

Read More

Jazz Standars データ

Alone Together

Alone Together アーサー・シュワルツ作曲のAlone Together。Aセクションが変則14小節ということで、ジャズを始めた当初は苦手でした。サビのプログレッションは「Night In Tunisia」と同じですね。私は最初のアイドルがPaul Desmondということで、TOP画像の「Paul Desmond / Take Ten」に入っているテイクが大好きでした。Jim Hallが良い伴奏していますし、デスモンドは歌いまくってます。ギタリスト・テイク紹介いってみましょう! Alone ...

Read More

Transcription データ

Joe Pass / Softly, As In A Morning Sunrise

今回はJoe Passです。私が学生の頃は「教科書的」と言われていました。とにかく一杯耳コピしました。その中でもこのレッド・ミッチェルとのDUO盤は大好きなCDの1つでした。いつも弾きまくってしまうJoe Passがこの盤ではかなり歌い上げています。レッド・ミッチェルはVocalも披露してますが、まぁこちらは雰囲気があってgoodです。 Live in Stockholm PDF file ダウンロード YouTube スコアは0:40〜です。 Analysis 6小節目 ポイント 「G7」で「A♭dim ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.