Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 初級理論

Scale(音階)について

今回は音階について学んでみましょう。 ポイント 音階(スケール)とは1オクターブ内に音を配置したものです。それぞれの音と音をどのような間隔で配置するかにより名前が付けられていて、何個、音を配置しても問題ありません。下記、1オクターブ内に全部半音で音を配置した場合はクロマチック・スケールと呼ばれます。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/chromatic.mp3 クリックで拡大 みなさんがよく耳にする「ドレミファ ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ツーファイブ進行上の演奏(minor Key)

前回のMajor Key ツーファイブに続き、今度はマイナーキーのツーファイブ練習です。 Major Key もう1度、注意事項を確認しておきましょう。 ポイント 1)まずは、スムーズに演奏出来るように練習しましょう。 2)次に伴奏に合わせて、演奏出来るようにしましょう。 3)譜面には書いていないレガート、アクセントなど音の出し方をよく聴きましょう。 4)譜面では表せない微妙なリズムの遅れに気を付けて演奏してみましょう。 伴奏 この伴奏音源、旧サイトから持ってきたものですが、めっちゃ重いリズムになってます ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

4分音符は2拍を2つ分

4分音符は2拍を2つ分 「4分音符のリズムがスムーズにキャッチ出来ない方」はこのように考えましょう。 注意ポイント 4拍は「2拍が2つ分」 そんなことは、当たり前のことですか? ポイント ・・・いえいえ、そうは思いません。意外にもメトロノームに合わせて、1拍ずつ目で追っている方が多いと思います。「タン・・・・次はウン・・・・次もウン・・・」・・・という状態ですね。次第にテンポが上がっていくと、追われてしまって、スムーズに読めなくなっていきます。4拍を2拍ずつ、まとめてキャッチをするようにしてみましょう。 ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

似ているのは当たり前

当サイトでは、採譜したものを少しずつ提供しているのですが、分析していると日本人と全く同じような指導方法をしているのではないか?と思うことがあります。 特に思うのはオランダのギタリストお2人。Jesse Van RullerとMartijn Van Iterson。聴けば聴くほど日本のジャズ教育と合致している気がします。まぁ、ジャズ教育というのは大げさかも知れませんが、私が習ったときに大切にしていた部分や、今、指導する側となり大切にしていることがしっかりと練習されている気がします。日本でJesseが人気なこ ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

Dm7フレーズ練習

今回はminor7thコード上でのフレーズです。メジャー編でも書きましたが、1日50回は演奏しましょう。こちらも音源のリズムはBebop時期を意識して少しハネ気味です。 前の記事 Dm7フレーズ練習 Ex.1 マイナー7thにおいて、メジャー7th音(ここではC#音)は非常によく使用されます。ここではルートであるD音を挟むように使用しています(1小節目1、2拍目) https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/dmphra ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

ルートレスコード

ルートレスとは? 指板上を縦横無尽に動き回るコードワークは憧れますよね!そんな自由なコードワークを習得するための第1歩として「ルートレスコード」の練習がとても良い練習になります。Rootがある時もあるので「ベースレス」と呼んだ方がいいのかも知れません。この伴奏の練習を積んでいくことで、いずれコードソロへと繋がっていきます。練習の方法とサンプルをご紹介しますね! ルートレスコード まず最初によくある6弦ルートのコード、5弦ルートのコードのRoot音を省いてみましょう。 クリックで拡大 PDF file ダウ ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

ミュージシャンの装飾に着目する

ミュージシャンの装飾に着目する CM7のコードが鳴っている時に、ドレミファソラシドだけで演奏することも可能ですが、多くのミュージシャンは色々な形で装飾を取り入れています。装飾は「アプローチノート」がより拡大されたものになりますので、「何の音をどのように装飾しているか?」を、しっかりと把握することが大切です。ここではミュージシャンの装飾の例を全てAm7でご紹介しますが、決して物真似だけで満足せず、自分らしい音遣いを目指してください。 Joe Pass https://mistletoemusicschool ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #1

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-1.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント マイナースケールの最初の5音でのこの動きは、Bebopでよく演奏されるラインです。ギターの指板上でどのように並んでいるのか、 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #3

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習とラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #3 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-3a.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント 「C#音が出ていることから、メロディック・マイナーを弾いている」とも考えられますが、これぐらいだと「C#音とE音で、3拍目のD ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP8】マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで) 今回はマイナーキーの調号の数を答えられるようにしましょう。 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間3秒 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の方は ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Final Step】1秒以内に3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 制限時間5秒・・・3秒・・・と進めてきましたが、ついに今回は1秒です。 メジャーコードに絞って出題をします。やまだ マイナーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 次はマイナーコード ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #2

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #2 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-2.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント Dm7♭5アルペジオから、次の小節G7のコードトーン(Root)へのアプローチです。アプローチはどの音へも行けるように練習し ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#23 〜Reinier Baas〜

Phrase Analysis オランダのギタリスト。Nir Felder同様、ユニークなインターバルを使用して過去にあまり無いようなラインに仕上げています。この分析をするのに「A7ではコンディミで・・・」といった、よくある分析と言いますか・・・ビバップを理解するための分析ではこの面白さは語れません。 YouTube CD Mostly Improvised..

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#11 〜Adam Rogers〜

Phrase Analysis 7thコード上でF⇒E⇒Eb・・・と、トライアドをどんどん繋いでいます。このように、あるコード上で和音に和音を重ねることをスーパーインポーズと言います。後半2つのアルペジオは面白いです。強引にコードネームを付けるならGmM7(#5)とF#mM7(#5)GmM7(#5)は「Eb+短3度」とも「Ebm+長3度」とも捉えられます。 YouTube CD Art Of The Invisible

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#12 〜Adam Rogers〜

Phrase Analysis F7上の3拍目は完全な形にはなっていませんが、おそらく裏コード的なBトライアドから、解決先のBbへと流しています。Bbの3、4拍目ではドミナントであるF7が想定されています。 YouTube CD Time And The Infinite

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#7 〜Kurt Rosenwinkel〜

Phrase Analysis 初期の作品から。V7-Iという進行のトニックをVIm7と仮定し、VIm7に向かうドミナントモーションを弾いています。【Original】Fm7 Bb7 Eb【トニック代理】Fm7 Bb7 Cm7【トニック代理へのドミナントモーション】Fm7 G7 Cm7【他の代理へのドミナントモーションも可】Fm7 D7 Gm7 YouTube CD Intuit

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#1 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis Peter 初期の作品から。A7で裏コード(E♭7)フレーズ(SubstituteDominat) 個人的にはCM7上でのF#を使ったアプローチにセンスを感じます。G7で#5音(D#)をターゲットにしている点は、のちのPeter自身の歌心である「Augment Arpeggio」へと繋がっている気がします。 YouTube CD Signs of Life

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#10 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis 裏コードアプローチ。Lageらしい、ビッグなインターバルによるラインがとてもスリリングです。シンプルなのですが、2オクターブに渡ってのアルペジオの連続は技術的にも練習が必要ですね! YouTube CD Small Club, Big City

Read More

data Pick up!

Transcription データ

Joe Pass / Softly, As In A Morning Sunrise

今回はJoe Passです。私が学生の頃は「教科書的」と言われていました。とにかく一杯耳コピしました。その中でもこのレッド・ミッチェルとのDUO盤は大好きなCDの1つでした。いつも弾きまくってしまうJoe Passがこの盤ではかなり歌い上げています。レッド・ミッチェルはVocalも披露してますが、まぁこちらは雰囲気があってgoodです。 Live in Stockholm PDF file ダウンロード YouTube スコアは0:40〜です。 Analysis 6小節目 ポイント 「G7」で「A♭dim ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / On Green Dolphin Street

今回は「YouTube」からLage Lundの「On Green Dolphin Street」の採譜です。まだSadaowskyを使用している頃ですね。動画は1度削除されましたが、少し前に再びアップされました。採譜してる方も多いテイクです。 PDF file ダウンロード YouTube Analysis 個人的に面白かった箇所をご紹介! 32小節目 ポイント Lageらしい、立体的なライン。ほんと色々なものが見えているんでしょうね〜。 クリックで拡大 47〜49小節目 ポイント 繋げ方が上手いですね ...

Read More

Jazz Standars データ

Prelude To A Kiss

Prelude To A Kiss エリントンの名曲ですね!難しい楽曲ですが、Jim Hallの盤で一気に好きになり、学習初期の頃に曲を覚えて、よく演奏していました(よくチャンレンジしたなぁ)サビのメロディがなんともグッとくるんです。この記事の最下段のYouTubeで紹介しているGilad Hekselmanの演奏(彼の演奏を初めて知った演奏です)最高ですよね!Giladの表現力は素晴らしい!タッチ、リズムをよく聴いてみてくださいね! Prelude To A Kiss Barney Kessel / バ ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / In a Sentimental Mood

極上のDUO 今回は井上智さんとPeter BernsteinのGuitar DUOアルバム「Guitars Alone」からIn A Sentimental Moodです。 PDF file ダウンロード Analysis 個人的に面白いなと感じたところをピックアップします。 4〜6小節目 ポイント 4小節目Em7♭ーA7はB♭7ーA7に変換。後半6小節目のD7での何気ない4度音程。私はこういう箇所を度数で覚えてきました。13thから♭13thへ音を動かす時に9thを絡ませる・・・・といった具合にです。 ...

Read More

Jazz Standars データ

It Could Happen To You

It Could Happen To You セッションでは定番の1曲ですね!私は師匠とよくこの曲を演奏しました。師匠は「G key」でやっていたので、街のセッションで「E♭」と言われた時に、最初は対応出来ませんでした。この曲を演奏すると師匠に習っていた頃を思い出してしまう曲です。 It Could Happen To You Barney Kessel / バーニー・ケッセル 名盤ですね。ケッセルらしい、ソロギターからの展開!超ゆったりです。 Poll Winners Lenny Breau / レニー ...

Read More

データ 使用弦

ジャズギタリスト使用弦データ

ジャズギタリストが使用している弦リストです。雑誌などで記事を読んだ際にメモしていたものをアルファベット順にまとめてみました。使用弦を変更している場合もありますので、記事を読んだ時点での情報となります。※またバラ弦を購入して使用している方が多いですが、Amazonのなるべく近いセットをご紹介しています。 Adam Rogers(アダム・ロジャース) 13ー16ー18ー28ー38ー49 Daddario Strings D'Addario ダダリオ エレキギター弦 NYXL Medium .011-.049 ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.