記事ピックアップ!

ステップアップ フレーズ分析

Jazz Phrasing Analysis#31 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis IIm7-V7-IM7進行にクリシェを導入した良いフレーズです。Ebm ~ EbmM7 ~ Ebm7 ~ Ab7と連結しています。 YouTube CD Signs of Life

続きを読む

Mistletoe Music School ミニレッスン

曲作りをしよう!

現時点での最高峰 レッスンでは、あるレベルまで成長した生徒達によく「曲作りをしよう!」と言います。曲じゃなくてもエチュード的なものでも、イントロやエンディングの小ネタでも構いません。メロディとコード、そしてリズム、現時点の自分の中でベストとなるものを探っていきます。特に音楽的な意識が薄い方ほどやってみると効果的です。「音楽的な意識が薄い」というのは「学問的」というか、理論で考えて、この手法を使って・・・などと、耳と一番大事なハートを使わずに音楽をしている状態ですね。 目的をハッキリさせる ポイント 曲作り ...

続きを読む

ステップアップ フレーズ分析

Jazz Phrasing Analysis#21 〜Nir Felder〜

Phrase Analysis メジャーコード上で、Fディミニッシュスケールを弾いています。Diminish=R-9-b3-11-b5-b13-13-7。このスケールから派生されるアルペジオを組み合わせています。非常にユニークなサウンドです。 YouTube CD Golden Age

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP7】メジャーキーから調号の数を答えましょう(調号3個まで)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーキーから調号の数を答えましょう(調号3個まで) これまでは調号の数からキーを判別していましたが、今回は逆のパターンです。Keyを言われた時に調号の数をイメージ出来るようにトレーニングしていきましょう。 制限時間=5秒 別バ ...

続きを読む

YouTube Lesson ステップアップ

《Lesson 5》想定するコードによるライン

コード崩し ギターでは「コードの型が視覚的に見える」というメリットがあります。その1つのコードをスケールとミックスさせて発展させていきます。沢山遊んでいくと自由になれますよ。 色んなシェイプを探す。 私自身は未だにコード崩しをしています。ただ、その見えているコードが変わっているだけです。 1つのコード、1つのポジションの中でたくさんの型が見えていて、結果スケールとなっています。 YouTube動画 やまだ今回の動画にはPDFが付属しています。 PDFファイル ダウンロード 次の動画講座

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

続きを読む

オススメ コードワーク教則

ジョーパス ジャズギター教本 ブルースと代理コード

Joe Passが喋りながら指導してくれる! この教本は昔からある教本ですが、ジャズの醍醐味、代理コードとはなんたるかをブルース進行を使って説明。CD付きでジョーパスが説明しながら弾いてくれます。その生々しい音に昔、教本があまり手に入らなかった時代、とっても感動したものでした。 やまだ私は当時、Joe Passの大ファンでした! 最初のページがスムーズに弾けるレベルなら即応用可能 基本から高度に発展させていくさまが書いてあり、シンプルなブルースから少しずつ難度が上がって行くので、とても分かり易いです! セ ...

続きを読む

アドリブ関連教則 オススメ

Reading Studies for Guitar

読譜教材 ギタリストは譜面を読むのが苦手な方が多いです。海外に行った時でも、同じでしたね。日本人だけというわけでは無さそうです。セッションに行って、譜面を渡されて、「もっとスムーズに読めたら良いのにな!」と思います。 Reading Studies for Guitar! こちらの教材はポジションごとに分かれていて、練習し易いのがとにかく最高。覚えても何の役にも立たないラインだから、(つまらないかも知れません)記憶しにくくなっており、それが「読む技術」向上に効果的なのです。 1日に少しずつでも読み続けるの ...

続きを読む

ステップアップ フレーズ分析

Jazz Phrasing Analysis#18 〜Mike Moreno〜

Phrase Analysis ナチュラルテンションを使用する7thコードでbVIIM7のアルペジオを連結しています。こちらも#17同様、広いレンジ行き来しています。マイクの効率の良いピッキングとフィンガリングから生まれてきているのでしょう。 YouTube CD Lotus

続きを読む

Mistletoe Music School ミニレッスン

Ed Bickertのコードワーク!オルゴールサウンド!

エド・ビッカート Today's mini Lesson 私はエド・ビッカートのサウンドに憧れカナダまで逢いに行きました。今日は大好きなエド・ビッカートのコードワークを少しご紹介します。 エド・ビッカート情報サイト イントロ B♭メジャーキーのイントロ。トップノートの動かし方が上手い! https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/EdBickertIntro.mp3 Two-Five-One トライアドで平行移動アプロー ...

続きを読む

ジャズの知識・練習方法・心構え

ゼロスタート 基礎知識

スウィングするって、どんなリズム?

スウィングって? ジャズでは、8分音符をスウィングさせて演奏します。「スウィングしなけりゃ意味がない」なんて曲が存在するほど、ジャズでは大切なノリになります。 譜面上の記載と実際の演奏 下記のような記述が五線譜のすぐ上にある場合がありますが、厳密にはこれはスウィングではありません。 音の長さを数値化してみます。 4分音符の長さを10とした場合。8分音符は当然5:5の長さになります。16分音符であれば2,5:2,5:2,5:2,5と綺麗に割り切れます。 注意ポイント 最初に提示した譜面は3連符の頭と後なので ...

続きを読む

ゼロスタート 譜面とリズム

歌おう!タップしよう!リズムの基本のお話

私自身も昔そうだったのですが、リズムを聴いて真似することは出来るけれど譜面を見てもサッパリ?よく分からない。ギターの指導を始めてから、沢山の方がこの状態であることを知りました。 音楽の基本は歌うこととタップすること どうしたら、リズム譜が読めるのか?それは簡単な譜面を読んで、そのリズムをタップ(手を叩くor手で何かを叩く)したり、そのリズムを口に出して読むことで改善されていきます。 ポイント いつも、リズムに乗ることは自転車に乗るようなものだとレッスンで説明しているのですが、自転車に乗れても10m先で転ん ...

続きを読む

ジャズコード入門 ゼロスタート

ベーシックコードを使って枯葉を刻んでみよう!

基本である3声(3音)のベーシックコードを使って枯葉を刻んでみましょう。 ベーシックコードの記事をご覧になっていない方はこちら Autumn Leaves TAB クリックで拡大 PDF fileをダウンロード コード・ダイアグラム クリックで拡大 PDF fileでダウンロード 演奏のポイント 演奏する際の注意ポイントです。 刻む時の注意 アンプの音に頼り過ぎない(フルアコであれば、ほぼ生音です) 押弦している箇所以外はしっかりミュート 伸ばし過ぎず、短く切り過ぎず 2拍目、4拍目に少しアクセント 右手 ...

続きを読む

新着記事

Copyright© Mistletoe Music School Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.