Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 初級理論

Scale(音階)について

今回は音階について学んでみましょう。 ポイント 音階(スケール)とは1オクターブ内に音を配置したものです。それぞれの音と音をどのような間隔で配置するかにより名前が付けられていて、何個、音を配置しても問題ありません。下記、1オクターブ内に全部半音で音を配置した場合はクロマチック・スケールと呼ばれます。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/chromatic.mp3 クリックで拡大 みなさんがよく耳にする「ドレミファ ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

循環進行と逆循環進行

今回もジャズでよく使われる言葉を学んでいきましょう。今回は「循環進行」と呼ばれる進行です。「いち・ろく・にー・ごー」なんて言われることもありますが、これは「Iコード、VIコード、IIコード、Vコード」を経過して、またIコードに戻ってくる進行です。 循環進行 IM7〜IM7〜IIm7〜V7 「Key=C」で言えば、CM7コードへ戻ってくるために「ツーファイブ(Dm7-G7)」を導入します。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/20 ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

4分音符は2拍を2つ分

4分音符は2拍を2つ分 「4分音符のリズムがスムーズにキャッチ出来ない方」はこのように考えましょう。 注意ポイント 4拍は「2拍が2つ分」 そんなことは、当たり前のことですか? ポイント ・・・いえいえ、そうは思いません。意外にもメトロノームに合わせて、1拍ずつ目で追っている方が多いと思います。「タン・・・・次はウン・・・・次もウン・・・」・・・という状態ですね。次第にテンポが上がっていくと、追われてしまって、スムーズに読めなくなっていきます。4拍を2拍ずつ、まとめてキャッチをするようにしてみましょう。 ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ツーファイブ進行上の演奏(Major Key)

今回はMajor keyのTwo-Five-one進行でのフレーズ練習です。細かい理論や、何を考えているか?は置いておいてフレーズをツーファイブ進行上で演奏してみましょう。もちろん、しっかりと考えて演奏することも大切ですが、今は無視しましょう。耳から学習することも大切です。 ポイント 1)まずは、スムーズに演奏出来るように練習しましょう。 2)次に伴奏に合わせて、演奏出来るようにしましょう。 3)譜面には書いていないレガート、アクセントなど音の出し方をよく聴きましょう。 4)譜面では表せない微妙なリズムの ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズ演奏中は頻繁にアイコンタクトが行われている

アイコンタクト ジャズ演奏の現場では、目で合図を送るアイコンタクトをします。テーマのメロディに戻る時や、最後のエンディングのキメなどでもアイコンタクトをしますが、一般的にソロを次の人に回したい時に使用することがほとんどです。サックスが2人いて、トランペットがいて、更にピアノまで居る中でギターを弾く。そんな大きな編成では、入念なリハーサルをやらなければ次に誰がソロを取るのか分かりません。ですので、初対面の方が多いセッションほど、アイコンタクトは頻繁に行われています。 自分のソロを終える時 次にソロを渡したい ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

上達への最短距離

今日は生徒さんとレッスンの進度や音楽のセンス等、色々なお話になりました。普段、レッスン内容が多く時間もかかりますので、生徒さんがどう感じているかを知る事がなかなか出来ません。ですから、ご意見を頂くのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。 早く上達したい!何が必要なの? レッスンで、私自身が習っていた頃の事を思い出すことになりました。それは昔、私自身が「どのように習っていたか?」という話。その時に思い出したのは、 ポイント 「師匠の言葉は絶対だった」 という事。勿論、今では「そうは思わない」という部分も ...

Read More

Step up Class Pick up!

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP6】調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう #や♭が7つ全てのマイナーキーを判別します。 #が1個だとEm #が2個だとBm #が3個だとF#m #が4個だとC#m #が5個だとG#m #が6個だとD#m #が7個だとA#m ♭が1 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #2

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #2 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-2.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント #1 Lick同様、この型もBebopではよく使用される音型です。Dm7の♭3rd音を「ド」と仮定して、「ドレミソ」と聞こえ ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP2】Key=Cのダイアトニックコード 3度を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう 今回は制限時間を短くしました!パッと答えられるまで訓練です。 では、レッツトライ!! 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

アーティキュレーションが何より大事!

音を飲むってどういうこと? ポイント 音を飲むことこそジャズであると言っても過言ではありません。 極端な例ですが、教室でみっちり3年間在籍してジャズを学んでいる生徒さんがいます。また、教室にいらしたばかりで我流ですが、長い間ジャズを聴いてきた別の生徒さんがいます。この2名の演奏を聴き比べてみた時、 音楽的には、後者の教室にいらしたばかりの方のほうが良い! そんなことが実際に起こりました。勿論、演奏の質としては3年間学んだ方の方が明らかに上手です。違いは「アーティキュレーション」を習得しているかどうかです。 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP5】マイナーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyマイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

Master Class Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 4》Upper Structure Triads/アッパーストラクチャートライアド

トライアドの連結による面白さ この技法はトライアドを連結することにより、ソロを発展させる技法。難易度は高めです。まずは動画のようにCM7一発内でどのように使用できるか?を深く考えてみましょう。その後に、プログレッションの中で使用していきますが、一発の中で何も出来ない状態では、プログレッションの中に入っても何も出来ません。 取って付けた感じがするのも習得の過程 このアプローチを使用して是非フレーズも作ってみてください。作ったものを入れても取って付けてきたような感じがします。思い出してみてください。スケール1 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#9 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis 裏コードアプローチ。Lageらしい、ビッグなインターバルによるラインがとてもスリリングです。シンプルなのですが、2オクターブに渡ってのアルペジオの連続は技術的にも練習が必要ですね! YouTube CD Small Club, Big City

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#28 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis 裏コードリック。F7をB7として演奏しています。Bbm7の箇所はF7が2拍分はみだした・・・と考えることも出来ますが、Bbm7を考えていても十分に想定出来るラインかと思います。よく歌っていて良いラインです。 YouTube CD CONSENTING ADULTS

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 14》How to build advanced chord ジャズコードの発展方法

susハーモニー これは私の演奏コンセプトの1つです。Youtubeチャンネル登録者数○千人に感謝して公開しました。とっても難しいと思いますが、新しいサウンドに興味を持っている方、是非トライしてみてください。ソロは新しい感覚なのに、伴奏がいたって普通のコードを弾いている方も結構いますが、アドリブラインだけではなく、和音も発展させていきましょう。 試行錯誤が大切 この手のサウンドにもはや、ルールはありません。自分でシェイプに名前を付けたり、アレコレと試して自分が良いなと思えるサウンドを作っていきます。 Yo ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 12》How to practice the chromatic scales クロマチックの練習方法

半音階はジャズっぽい ジャズミュージシャンにメジャー1発、マイナー1発でソロを演奏して!とお願いしたら、メジャー、マイナースケール7音だけではなく、半音階が沢山入ってきます。まずは半音階の練習方法から学んでみましょう。 YouTube動画 やまだ動画内で使っている半音のアイデアPDF付属 PDFファイルのダウンロードはこちら やまだこちらは紹介しているジョン・スコフィールドのビデオ(字幕ありません) Jazz-Funk Guitar DVD 次の動画講座

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#25 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis ジョナサンらしいワイドなインターバルを使用したリック。3度インターバルを含まず、完全5度と完全4度のみを用いてスリリングに聴かせています。またコード感はないので、色々なコードに応用が出来そうです。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

data Pick up!

Transcription データ

Peter Bernstein/This Could Be The Start Of Something Big

Peter Bernstein Transcription Peter Bernsteinのファーストアルバムから「ボクはこの曲でビックになるんだ!」って曲。Aセクション16小節、Bセクション16小節のAABAなので1コーラス64小節の長い楽曲です。 PDF File ダウンロード Analysis 面白いなぁ〜と感じた箇所を取り上げて見たいと思います。 13〜16小節目 ポイント コード進行内を半音で流れるターゲット音を意識的に狙っています。 クリックで拡大 23〜28小節目 ポイント 上昇モチーフの展 ...

Read More

Transcription データ

Joe Pass / Softly, As In A Morning Sunrise

今回はJoe Passです。私が学生の頃は「教科書的」と言われていました。とにかく一杯耳コピしました。その中でもこのレッド・ミッチェルとのDUO盤は大好きなCDの1つでした。いつも弾きまくってしまうJoe Passがこの盤ではかなり歌い上げています。レッド・ミッチェルはVocalも披露してますが、まぁこちらは雰囲気があってgoodです。 Live in Stockholm PDF file ダウンロード YouTube スコアは0:40〜です。 Analysis 6小節目 ポイント 「G7」で「A♭dim ...

Read More

Jazz Standars データ

Love For Sale

Love For Sale Cole Porterの名曲ですね。AABA、各16小節。長い曲ですが、比較的覚えやすい進行ですね。Jesse Van RullerがピアノとDUOで演奏している盤が好きでよく聴きました。(このDUOで来日した時に聴きに行きましたが最高でした)深夜番組で初めてフライド・プライドの横田氏の演奏を聴いたとき、ぶっ飛びました(ラジオかも知れませんが、何故か映像で見たことがある気がします。記憶がはっきりしません) Love For Sale Kenny Burrell / ケニー・バレ ...

Read More

Jazz Standars データ

The Days Of Wine And Roses

酒バラ 今回は「酒と薔薇の日々」のギタリスト・テイクを集めてみました。個人的にはジャズを始めて間もない頃に聴いたウェスのゆったりした演奏と、パット・マルティーノの盤が印象に残っている曲です。 映画DVDDays of Wine and Roses The Days Of Wine And Roses Pat Martino /パット・マルティーノ 名盤です。初めて聴いた時は圧倒されました。 イグジット Wes Montgomery/ ウェス・モンゴメリー 名盤、オルガントリオ ボス・ギター+2 Jimmy ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / In a Sentimental Mood

極上のDUO 今回は井上智さんとPeter BernsteinのGuitar DUOアルバム「Guitars Alone」からIn A Sentimental Moodです。 PDF file ダウンロード Analysis 個人的に面白いなと感じたところをピックアップします。 4〜6小節目 ポイント 4小節目Em7♭ーA7はB♭7ーA7に変換。後半6小節目のD7での何気ない4度音程。私はこういう箇所を度数で覚えてきました。13thから♭13thへ音を動かす時に9thを絡ませる・・・・といった具合にです。 ...

Read More

Jazz Standars データ

April In Paris

Afternoon In Paris あまりギタリストで取り上げることがない楽曲ですね!ベイシー楽団のイメージがあり過ぎるからなのかも。マイク・モレノはリハモナイズして演奏していますね!ハーモニック・メジャー!! April In Paris Mike Moreno / マイク・モレノ Three for Three

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.