Beginner Class Pick up!

アドリブ入門 ビギナークラス

アルペジオ実例<枯葉に挑戦>

枯葉の最初の8小節を利用してアルペジオを含むフレーズを演奏してみましょう。まずは枯葉のコード進行の確認です。最初の8小節は以下のようになっています。 ベースラインを弾きたい方はTABを弾いてみてください。 音源の伴奏は下記の記事通りです。 前の記事 アルペジオを使用した枯葉 Ex.1 Cm7とB♭M7とAm7♭5にアルペジオ・フレーズを導入 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/autumnsolo1.mp3 クリ ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

マイナーブルースを弾いてみよう!

マイナーブルースもソロの練習をしてみましょう。演奏上の注意点を同様に記載します。 注意ポイント フレーズ練習から何度も説明していますが、上達のポイントは音源を聴いて、何度も何度もニュアンスまでそっくりになるまで真似をする事です。譜面のポジションだけを見て、音名だけじゃなく細かい箇所まで聴きましょう。 メジャー編 伴奏 伴奏サンプルです。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/blues21.mp3 マイナーブルース ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

ツーファイブ進行上で伴奏リズム練習

電話の番号の配置ってよく考えられていますよね。8はRoot、9は9th(2nd)と捉えないといけませんが、Two-Five-oneだけじゃなく、3-6-2、1-4-7とか綺麗に並んでます。 さて、今回は前回の枯葉に続き、Two-Five-one進行で伴奏リズムを練習しましょう。前回の記事を読んでいない方はこちらから確認しておいてくださいね。 コードダイアグラム 今回使用するコードのダイアグラムです。 PDF fileダウンロード クリックで拡大 Two-Five-One進行での色々なリズム Ex.1 ht ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

上達への最短距離

今日は生徒さんとレッスンの進度や音楽のセンス等、色々なお話になりました。普段、レッスン内容が多く時間もかかりますので、生徒さんがどう感じているかを知る事がなかなか出来ません。ですから、ご意見を頂くのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。 早く上達したい!何が必要なの? レッスンで、私自身が習っていた頃の事を思い出すことになりました。それは昔、私自身が「どのように習っていたか?」という話。その時に思い出したのは、 ポイント 「師匠の言葉は絶対だった」 という事。勿論、今では「そうは思わない」という部分も ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

ツーファイブのコードワーク

ジャズスタンダードを演奏する上で最も有用なツーファイブのコードワークを学んでいきます。まず、ツーファイブワン上での可能な一般的なテンションを確認しましょう。 Dm7- G7 - CM7(C6)のテンション Dm7・・・9th、11th G7・・・ナチュラルテンション(9th、#11th、13th) G7・・・オルタードテンション(♭9th、#9th、#11th、♭13th) CM7・・・9th、13th、(#11th) Dm7♭5- G7 - Cm7(Cm6)のテンション Dm7♭5・・・11th、♭13 ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズギター 習得に向けてすべきこと

ジャズを沢山聴かなければいけません 「すべきこと」と書いた以上は全て書きたいと思います。 名盤と呼ばれるCD、自分のやっている楽器が入っているジャズだけではなく、ヴォーカルやビッグバンドも含め、何回も聴いてください。最近はストリーム配信などで流し聴きしてしまう方が多くなっていますが、個人的には同じアルバムを何回も何回も聴くのが好くことをオススメします。 1000枚位しっかり聴いたら少しウンチクが言えるようになりますよ!やまだ 生演奏 そして、出来る限り多くの生演奏を聴きに行きましょう。Youtubeなどで ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #3

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #3 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-3.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント このフレーズは、ジャズギターを演奏している人なら1度は弾いたことがあるラインです。コードフォームを崩して演奏しています。想定 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

Thinking Fast!!

常に先を読むこと! ポイント Beginner Class>基礎知識>「ジャズ演奏では常に1歩先を読むこと!」の項でも説明しましたが、ジャズでは常に次のコードの事を考えます。時にはもっと先のコードの事を考えながら演奏することもあります。ここでは前の記事「コードトーンからコードトーン」への練習を実際のコード進行(枯葉の冒頭8小節)に合わせて練習してみましょう。 基礎知識 前の記事 実践 下記、枯葉の最初の8小節です。各コードのルート音へコードトーンから連結させています。今、演奏をしているコードを考えていたら ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP2】Key=Cのダイアトニックコード 3度を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう 今回は制限時間を短くしました!パッと答えられるまで訓練です。 では、レッツトライ!! 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP4】調号5つまでのマイナーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号5つまでのマイナーキーを答えましょう #や♭が5つまでのマイナーキーを判別します。 #が4個だとC#m #が5個だとG#m ♭が4個だとFm ♭が5個だとB♭m 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間3秒 別バージョン PDF ...

Read More

ステップアップ クラス ソロギター入門

コードのカラーを加える

次のステップ ベースを加えた後は、メロディとの間の音(内声)を埋めていきます。これでコードカラーがハッキリと出てきます。コードのトップノート(一番高い音)が、メロディと同じ音になりますので、それより高い音は不要です。また、この時、コードトーンとテンションの基礎知識は必要になりますので、理論を勉強しておきましょう。 ベースを加える 内声 ポイント 1、メロディとルートを押さえる。 2、間の弦にコードトーンを配置する (押さえられないようなポジションは除きます) テンションは不用意に低音弦へ配置しない 短2度 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

フレージングの引き出しの整理と応用

引き出しとリック 今回は「引き出し」と呼んでいる重要なアイデアについて考えてみましょう。多くのジャズ初心者は「これはツーファイブ・フレーズ」「これはマイナーのフレーズ」・・・と、覚えたものを演奏しています。勿論、これは言語を学ぶ時に模倣することと同じで、誰しも通る道です。私はこれを「リック」とか「ネタ」と呼んでいます。 リックだけじゃダメ! リック(ネタ)は、覚えればすぐジャズっぽくなるしカッコいい!だからやめられなくなって、ネタを繋ぎ合わせたソロばかりになってしまう。時にはソロの90%以上がネタだったり ...

Read More

Master Class Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 15》基礎の構築 To build a foundation

基礎が大切 今回は私がよくやっている基礎練習をご紹介します。苦行のようなトレーニングですが、毎日5分、それが数ヶ月、数年後には凄いことになりますよ! 壁にぶち当たる時は基礎不足が多い 自分の経験でも、生徒様を見ていても、大きな壁にぶつかっている時は、基礎力が足りないことが多いように思います。「音楽の理解力」(度数やコード構成音など)、指板の理解力「3弦8Fは何の音?」のような質問にすぐに答えられるかどうか?そして、それなりのスピードで表現できるギタースキルなど。 YouTube動画 やまだ毎朝最低でも10 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#20 〜Matthew Stevens〜

Phrase Analysis CM7上でのライン。Em7やGM7といったアヴェイラブルなアルペジオをうまく連結しています。 YouTube CD Preverbal 日本語解説付き

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 10》スケールの練習方法 初級編 scale practice for Beginners

スケール練習をどのようにしているか? 以前の講座でも書きましたが、スケールにはジャズをプレイする上での情報が少ないのです。もっと言ってしまえば、「指板のダイアグラム」で覚えてしまうと、コードトーンもテンションも全て同じ扱いになってしまいますね。コード感を表現したいのに、コードトーンもテンションも一緒くたにしたスケールでは、うまくいきませんね。 遊ぶ ギターで遊ぶのって本当に難しいと思います。特に「上手に弾きたい」方ほど、「遊ぶ」ということが難しいです。年齢的にも、社会的な地位がある年配の方の方が、「恥ずか ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 12》How to practice the chromatic scales クロマチックの練習方法

半音階はジャズっぽい ジャズミュージシャンにメジャー1発、マイナー1発でソロを演奏して!とお願いしたら、メジャー、マイナースケール7音だけではなく、半音階が沢山入ってきます。まずは半音階の練習方法から学んでみましょう。 YouTube動画 やまだ動画内で使っている半音のアイデアPDF付属 PDFファイルのダウンロードはこちら やまだこちらは紹介しているジョン・スコフィールドのビデオ(字幕ありません) Jazz-Funk Guitar DVD 次の動画講座

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 13》リズムを歌う・ジャズ練習の心得

歌うこと・タップすること 今回はギターを使わないレッスンです。音楽の基本は「歌うことと、タップすること」です。最初は拍の頭を沢山打ってしまいがちですが、拍の裏を意識して打っていきましょう。ジャズ演奏の中で好きなソロがあったらとことん歌ってみましょう。空でソロを全コーラス歌えるぐらいまで聴いて歌えたら、ジャズが身体に入ってきます。 リズムに音を乗せて! 歌が歌えるようになった下記、Volume.10のように1音からリズムに乗って弾いてみてくださいね。 YouTube動画 やまだ声を出すのが恥ずかしい方は、心 ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

自由な発想

学習初期のポイント 学習初期の段階では、コード進行に沿ってアドリブで演奏していきいます。まず1つの目標地点としては・・・単音だけでコード進行が感じられるように演奏するということでしょう。 しかし、毎回コード進行が感じられる(コード進行を説明する)演奏ばかりしていては、自由度はかなり低いと言っていいでしょう。歌心・・・というのが一番大切ですが、コード進行を自由な発想で捉えられると幅が広がっていきます。アドリブ・マスタークラスでは、一歩進んだアプローチを説明します。 ツーファイブワンの捉え方 まずは、IIm7 ...

Read More

data Pick up!

Jazz Standars データ

St.Thomas

St.thomas 今回はSt.thomasのギタリスト・テイクを集めてみました。レッスンでも取り入れている曲なので説明する機会が多いです。私が一番印象に残っているのはギターじゃないのですが、WOWOWのピーターバラカン氏の番組で放送されたJoshua Redman(ts)のライブ映像。ジョシュアがソロで吹き始めるのですが、最初は音数少なめで始まって、めちゃ遊んでるんです。次第にst.thomasのメロディの輪郭が出てきて、でもまだリズムは自由。完全にst.thomasに成りきった所でバンドが入ってきてテ ...

Read More

Jazz Standars データ

My One And Only Love

My One And Only Love Guy Woodによる名曲AABA形式32小節のバラードです。ギタリストテイク紹介ですが、私は最初に聴いたJohn ColtraneとJonny Hartmanの作品が素敵過ぎて、当時10代の私は背伸びして大人が集う東京新宿三丁目裏にあった薄暗いジャズ喫茶へ通ったことを覚えています。現代のジャズは好きですし、プレイするなら今のジャズをプレイしたいです。だって今を生きているんだから。でも、当時のジャズには雰囲気があるんです。ジャズを頭で考えてしまわずに、お酒を片手に ...

Read More

Jazz Standars データ

Relaxing At Camarillo

Relaxing At Camarillo チャーリー・パーカーのブルースです。一般的な12小節です。Jonahtan Kreisbergを初めて聴いた時、パーカーの音源や、トミー・フラナガン(pf)のテイク同様のイントロを弾いていたのにビックリしました。ギタリストテイクは少なめです。 Relaxing At Camarillo Barney Kessel / バーニー・ケッセル パーカーと。 The Complete Savoy & Dial Master Takes Joe Pass / ジョー・パス ...

Read More

Transcription データ

Jim Hall / I've got you under my skin

「Bill Evans × Jim Hall」と言えば、「Undercurrent」があまりにも有名ですが、こちらの作品もなかなかです。今回はこのアルバムからコール・ポーターの名曲「I've got you under my skin」の採譜です。テーマなくいきなりジムホールのソロから始まります。 UNDERCURRENT PDF file ダウンロード YouTube 消されてしまうかも知れませんが、YouTubeに音源があります。 Analysis 今回はライン的な分析はあまりありません。 13〜16 ...

Read More

Transcription データ

Jimmy Raney / Everything I Love

今回はJimmy Raney 晩年の作品「Wisteria」から。トミーフラナガン(Pf)ジョージ・ムラツ(Ba)というドラムレストリオで、ジャズギターらしい心地良い作品から、コール・ポーターの名曲「Everything I love」です。「Wisteria」は植物の「藤」を意味します。藤棚を見ているかのような素敵なサウンドです。 PDF file ダウンロード Analysis 8、9小節目 ポイント Jimmy Raneyはプログレッションを想定して演奏することが多々あります。ここではCm7とB♭m ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / Darn That Dream

ポイント 今回は「Lage Lund」のスタンダードアルバムから「Darn That Dream」。バラードのこの曲をアップテンポアレンジ。音の内容も勉強になりますが、それ以上に、メロディの展開、シングルノートと和音のバランスなど、音楽的なソロの構築方法が学べました。PDFは7ページです。 PDF file ダウンロード Standards Youtube こちらでもアップテンポアレンジですね! Analysis 19〜22小節目 このモチーフ展開がとっても好きです。すごくストーリーを感じます。 36、3 ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.