Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 初級理論

コードトーン(Chord Tone)とテンション(Tension)

コードトーンの仕組み ある音から1個飛ばしで音を積んでいくと、楽譜上では団子状に音符が連なります。 最初が「ド」。レを飛ばして「ミ」、「ファ」を飛ばして「ソ」。その3音の塊りをコードと呼びます。 「レ」から始まる場合は、「レファラ」となります。 クリックで拡大 4音の塊までがコードトーン ポイント 更にもう1つ上の音までを積み重ねた4音のかたまりをまとめて、コードトーンと呼びます。 ドから始まればドミソシ。ソから始まればソシレファなどなど。 クリックで拡大 コードトーンとテンション 更に3度上を積み重ねて ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズギター 習得に向けてすべきこと

ジャズを沢山聴かなければいけません 「すべきこと」と書いた以上は全て書きたいと思います。 名盤と呼ばれるCD、自分のやっている楽器が入っているジャズだけではなく、ヴォーカルやビッグバンドも含め、何回も聴いてください。最近はストリーム配信などで流し聴きしてしまう方が多くなっていますが、個人的には同じアルバムを何回も何回も聴くのが好くことをオススメします。 1000枚位しっかり聴いたら少しウンチクが言えるようになりますよ!やまだ 生演奏 そして、出来る限り多くの生演奏を聴きに行きましょう。Youtubeなどで ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

調号の付加順序

調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。 例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/cmajor.mp3 このドレミファソラシドをレから始めてみましょう。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/ddorian.mp3 ポイント ど ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

Cメジャーフレーズとその応用

自由に弾くために! ポイント ドレミファソラシド(C メジャースケール )だけで自由に、且つカッコ良く弾いてみたいですよね。ロックやポップスでもコピーを最初にやっていきますが、ジャズも例外なく、コピーから入ることをオススメします。 Cメジャースケール の練習方法 1)TAB譜を見ても構いません。まずはスムーズに弾けるようにしましょう。 スムーズに弾けなければ、テンポに乗って弾くことが出来ません。 Cメジャーの中に入れてみましょう。 アドリブの中で、使用することが出来て初めて効果があります。 分析して応用し ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

自分の価値を高める?ステージ(本番)の心構え

自信の無さが音に乗る レッスンでの質問でした。 student「自分で伴奏を録音すると、なんだか暗いんです」 「暗いって、どういうことでしょう?」私は一瞬わかりませんでした。伴奏の音は合っています。演奏方法も合っています。残るはタッチですね。音を出すのが弱過ぎて「リズムがはっきりしないぼやけたサウンド」となっていました。生徒様はそれを「暗い」という言葉で表現していました。「録音する」ということで「間違えてはいけない」と弱いタッチになってしまっていたのでしょうね。 ポイント 自信の無さは音に乗ってしまいます ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

ルートレスコード

ルートレスとは? 指板上を縦横無尽に動き回るコードワークは憧れますよね!そんな自由なコードワークを習得するための第1歩として「ルートレスコード」の練習がとても良い練習になります。Rootがある時もあるので「ベースレス」と呼んだ方がいいのかも知れません。この伴奏の練習を積んでいくことで、いずれコードソロへと繋がっていきます。練習の方法とサンプルをご紹介しますね! ルートレスコード まず最初によくある6弦ルートのコード、5弦ルートのコードのRoot音を省いてみましょう。 クリックで拡大 PDF file ダウ ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #3

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #3 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-3.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント このフレーズは、ジャズギターを演奏している人なら1度は弾いたことがあるラインです。コードフォームを崩して演奏しています。想定 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP7】メジャー&マイナーコードの3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャー&マイナーコードの3度音を答えましょう 今回はメジャーコードとマイナーコードのMIXです。注意して答えていきましょう。 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 制限時間3秒 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリ ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Final Step】1秒以内に3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 制限時間5秒・・・3秒・・・と進めてきましたが、ついに今回は1秒です。 メジャーコードに絞って出題をします。やまだ マイナーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 次はマイナーコード ...

Read More

イントロ・エンディング ステップアップ クラス

循環進行によるイントロを極めよう!! #2

循環進行によるイントロを極めよう!! #2 ポイント 前回の記事で「短い小節数で遊ぶ、どんどん作る」と記載しました。今回は「IM7-VIm7(VI7)-IIm7」までの進行を練習して見ましょう。一通り演奏してみたら、自分自身で作ってみてくださいね。 前回の記事 Ex.1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/12/intro7.mp3 クリックで拡大 Ex.2 https://mistletoemusicschool.c ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP8】マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーキーから調号の数を答える(調号3個まで) 今回はマイナーキーの調号の数を答えられるようにしましょう。 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間3秒 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の方は ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP1】Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう 制限時間=5秒 レッツトライ!! 別バージョン 制限時間=5秒 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の方はこちらからどうぞ

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#9 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis 裏コードアプローチ。Lageらしい、ビッグなインターバルによるラインがとてもスリリングです。シンプルなのですが、2オクターブに渡ってのアルペジオの連続は技術的にも練習が必要ですね! YouTube CD Small Club, Big City

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 2》コードヴォキャブラリーを倍増させる記憶方法

ギターの仕組み Fのコードが1F上がればF#コードになる。少しギターを触ったことがある方なら当たり前のことです。では、「6弦ルートのコードを5弦ルートにするにはどうしたら良いでしょうか?」レギュラーチューニングでは、2、3弦間のみ音程が違います。そのギターの特徴を把握して今知っているコードを別の押さえ方にしてみましょう。 仕組みを知ればコードを覚える以外にもメリットが!! FからF#のような平行移動に比べると多少慣れが必要なので最初は「え〜〜と」と考えてしまうかも知れません。でも、慣れればあまり時間がかか ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#6 〜John Scofield〜

Phrase Analysis ジョンスコ流の循環アプローチ とても丁寧なアプローチの中にも、アーティキュレーション面にスコらしさがありますね。 D7上での大きな跳躍を含めた動きはカッコ良いですね。 YouTube CD プレイ

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#29 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis BmM7からBb dim ここでGのdiminishを演奏しています。BbでもC#でもEでも構わないのですが、ここではF#7を想定しているため、その半音上のGdimが一番、把握しやすいかな・・・といった所です。行き先はAm7b5にしていますが、本来Am7。b5thの音をぶつけていたので、m7b5にしました。 YouTube CD Standards

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#12 〜Adam Rogers〜

Phrase Analysis F7上の3拍目は完全な形にはなっていませんが、おそらく裏コード的なBトライアドから、解決先のBbへと流しています。Bbの3、4拍目ではドミナントであるF7が想定されています。 YouTube CD Time And The Infinite

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#14 〜Jesse Van Ruller〜

Phrase Analysis No.13同様のVIトライアドライン。3、4、5弦を使ったトライアドの可能性、オープントライアドの可能性など、まだまだ可能性があります!!Bbコードへの連結も素晴らしいですね。Dトライアド⇒Dmトライアド。 YouTube CD Live at Murphy's Law

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

Beautiful Love

Beautiful Love Victor Youngの名曲「Beautiful Love」です。私は「Michel Petrucciani」と「Jim Hall」、そして「Wayne Shorter」の盤での演奏が特に好きです。(Wayne shorterはBeautiful Loveは演奏していません)Jim Hallのメロディの崩し方がとってもカッコいいし、音遣いも学べることが豊富。Michel Petruccianiのコンピングはとっても面白い。後にDVDでも発売されましたが、映像と音が少しズレて ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / In a Sentimental Mood

極上のDUO 今回は井上智さんとPeter BernsteinのGuitar DUOアルバム「Guitars Alone」からIn A Sentimental Moodです。 PDF file ダウンロード Analysis 個人的に面白いなと感じたところをピックアップします。 4〜6小節目 ポイント 4小節目Em7♭ーA7はB♭7ーA7に変換。後半6小節目のD7での何気ない4度音程。私はこういう箇所を度数で覚えてきました。13thから♭13thへ音を動かす時に9thを絡ませる・・・・といった具合にです。 ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / Nobody Else But Me

今回はPeter Bernstein の2作目のアルバム「Sign of Life」から「Nobody else but me」の採譜。まだ音楽学校生だった頃に聴いて、沢山耳コピしました。メンツも良いんですね。ブラッド・メルドー(Pf)にクリスチャン・マクブライト(Ba)グレゴリー・ハッチソン(Dr)という今では豪華なメンバー!少し前に発売された同メンバーで録音した盤も楽しかった!! Signs Live! (with Brad Mehldau, Christian Mcbride & Grego ...

Read More

Jazz Standards データ

Wave

Wave Antonio Carlos Jobimの名曲です。AABA形式。Aが12小節、Bが8小節なので44小節の楽曲。実に面白いハーモニー展開と美しいメロディで私も好きな曲の1つです。Paul DesmondとEd Bickertの「Live」でのテイクは本当によく聴きました。凄くなくても良いから、「はぁ〜良いな〜」と思わせてくれるジャズを演奏したい!と、いつも思っています。さて、今回もギタリストテイク紹介、いってみましょう! Wave Herb Ellis / ハーブ・エリス スウィンギーでメロウな ...

Read More

Transcription データ

Pat Metheny / Soon

Like Minds 今回は私がまだ学生時代に採譜したもの。これが発売された当時は「すべてワンテイクで録った」と言われていて(事実そうなのかも)そのクオリティの高さに驚いた作品です。メンバー1人1人がリーダーをはれる個性が集まってます。ハービー・ハンコックのVSOPとかNew Standars Bandみたい。当時、私はメセニーは食わず嫌いならぬ、聴かず嫌いだったのですが、ここからどっぷり浸かってしまったのでした。 PDF file ダウンロード Analysis ピックアップ ポイント 冒頭から流れるよ ...

Read More

Jazz Standards データ

It Could Happen To You

It Could Happen To You セッションでは定番の1曲ですね!私は師匠とよくこの曲を演奏しました。師匠は「G key」でやっていたので、街のセッションで「E♭」と言われた時に、最初は対応出来ませんでした。この曲を演奏すると師匠に習っていた頃を思い出してしまう曲です。 It Could Happen To You Barney Kessel / バーニー・ケッセル 名盤ですね。ケッセルらしい、ソロギターからの展開!超ゆったりです。 Poll Winners Lenny Breau / レニー ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.