Beginner Class Pick up!

ジャズコード入門 ビギナークラス

ローコードの中身を知ろう!

今まで特に意識もせず、コードを形で覚えてきた方も多いことでしょう。今回はローコードにはどんな音が含まれるのか確認してみましょう。 ローコード こちらは一般的なローコードです。 クリックで拡大 こちらからPDFをダウンロード出来ます(画質鮮明) 構成音(赤字が重複音) C=ドミソドソ D=レラレファ# E=ミシミソ#シミ G=ソシレソシソ A=ラミラド#ミ、 B=シファ#シレ#ファ#、 F=ファドファラドファ Dm=レラレファ Am=ラミラドミ Em=ミシミソシミ   音の重複を避ける ご覧の通り ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

音楽力

「音楽力」・・・・私はたまに使いますが、難しい言葉です。 ジャズを学習する人達は、音を採譜し、音列の意味を考え、それぞれが時代により、特徴的な文法があることを理解します。またそれらが、人から人へと受け継がれている事を長い年月をかけて習得していきます。しかし、音列の分析は音楽にとっては、まだ表層的な部分に過ぎないことを理解している学習者はとても少ないのです。コード上のアプローチだけに意識がいってしまい、前後との流れによる音列、また共演者とのコミニュケーションによって生まれた音列、そして「間」。そこにジャズの ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

音程の名称

Interval 音の音程(インターバル)の最小単位は半音です。「音程」とは、ある音からある音までの間に、どのくらいの音程差があるのか。つまりは、 ポイント ある音とある音の間に半音がいくつ挟まれているかを瞬時に分かるように、名称をつけたものになります。 もっとも、有名なものは半音12個離れた音で、これを1オクターブと呼びます。「ドから高いド」、「レから高いレ」、「ファ#から低いファ#」、全て1オクターブという音程名称であり、その音と音の間には12個の半音があります。それでは、全ての名前を覚ていきましょう ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ジャズブルースを弾いてみよう!

それでは、実際にブルースのソロを1コーラス弾いてみましょう。前半はペンタトニックを主体に演奏しています。 後半はツーファイブのフレージングをしています。 伴奏サンプル https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/blues17.mp3 ソロ譜面 注意ポイント フレーズ練習から何度も説明していますが、上達のポイントは音源を聴いて、何度も何度もニュアンスまでそっくりになるまで真似をする事です。譜面のポジションだけを見て、音だ ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズには譜面がないの?

まだ、ジャズを始めたばかりの頃、「ジャズには譜面がない」という衝撃の内容を聞きました。情本源は、当時インターネットも無かったので、周囲の「ロック系の音楽」をやっている知人からです。 やまだ「自由に弾いているの?凄い音楽だな〜」 と、私は本当にそう思っていました。 注意ポイント 譜面が全く無いわけではない! 確かに他にジャンルの音楽に比べると自由度が高い音楽です。今日の演奏がどうなるか?は、今日演奏してみなければ分からないのです。だから「著名なアーティストのライブへ行ったけれど、あまり良くなかった」・・・と ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

小節と拍子について覚えましょう

今回は小節と拍子について学んでいきましょう。 小節 ある特定のジャンルを除き、楽譜には必ず小節があります。 注意ポイント しかし、この段階では、この1つの小節に何拍音を入れるのかは分かりません。 そこで「拍子記号」を入れていきます。この拍子記号により1小節の長さを○○音符が○個入る長さとして決めていきます。 様々な拍子 ポイント 分母の数字が「音符の種類」、分子の数字が「小節内の数」を表します。 4分の4拍子 4分音符(分母)が4つ(分子)入る長さを1小節としています。先の記事で4分音符の長さを100%と ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

フレージングの引き出しの整理と応用

引き出しとリック 今回は「引き出し」と呼んでいる重要なアイデアについて考えてみましょう。多くのジャズ初心者は「これはツーファイブ・フレーズ」「これはマイナーのフレーズ」・・・と、覚えたものを演奏しています。勿論、これは言語を学ぶ時に模倣することと同じで、誰しも通る道です。私はこれを「リック」とか「ネタ」と呼んでいます。 リックだけじゃダメ! リック(ネタ)は、覚えればすぐジャズっぽくなるしカッコいい!だからやめられなくなって、ネタを繋ぎ合わせたソロばかりになってしまう。時にはソロの90%以上がネタだったり ...

Read More

ステップアップ クラス ソロギター入門

メロディとベース

さて、このようなメロディがあったとします。著作権の切れたジャズスタンダードのテーマの一部を簡単にしています。 クリックで拡大 メロディ+ベース ポイント まずはサウンドの骨格を知るためにベース音とメロディだけを演奏しましょう。ベース音に対するメロディのカラーを知るとともに、どの音域で演奏したら気持ちが良いかを判断しましょう。楽曲のメロディの高さや移動幅によって、ギターで演奏し辛いキーもあります。ソロギターでは他のメンバーが居ない分、移調されることも少なくありません。今回は、メロディをオクターブ上げて演奏し ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP6】調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう #や♭が7つ全てのマイナーキーを判別します。 #が1個だとEm #が2個だとBm #が3個だとF#m #が4個だとC#m #が5個だとG#m #が6個だとD#m #が7個だとA#m ♭が1 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #4

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習とラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #4 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-4.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント m7 chord上で短3度音から始まるラインとして頻繁に耳にします。6弦ルート上でも演奏をしてみましょう。 6弦ルート上でのライ ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

ミュージシャンの装飾に着目する

ミュージシャンの装飾に着目する CM7のコードが鳴っている時に、ドレミファソラシドだけで演奏することも可能ですが、多くのミュージシャンは色々な形で装飾を取り入れています。装飾は「アプローチノート」がより拡大されたものになりますので、「何の音をどのように装飾しているか?」を、しっかりと把握することが大切です。ここではミュージシャンの装飾の例を全てAm7でご紹介しますが、決して物真似だけで満足せず、自分らしい音遣いを目指してください。 Joe Pass https://mistletoemusicschool ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#26 〜Kurt Rosenwinkel〜

Phrase Analysis Cm一発でのカートの摩訶不思議なライン。 「●半音●1音半●半音」=「R,b9,3,11」というハーモニック(メジャー&マイナー)特有の4音の音型。これがRoot音と5度音から2つ重なります。「R,b9,3,11,5,b13,M7,R」という特殊スケール。「Gのダブル・ハーモニック・スケール」と言います。「C Harmonic minor #11th」とも考えられますね。どこまで考えられているのかは定かではありませんが、凄いサウンドです。 YouTube CD Next S ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 15》基礎の構築 To build a foundation

基礎が大切 今回は私がよくやっている基礎練習をご紹介します。苦行のようなトレーニングですが、毎日5分、それが数ヶ月、数年後には凄いことになりますよ! 壁にぶち当たる時は基礎不足が多い 自分の経験でも、生徒様を見ていても、大きな壁にぶつかっている時は、基礎力が足りないことが多いように思います。「音楽の理解力」(度数やコード構成音など)、指板の理解力「3弦8Fは何の音?」のような質問にすぐに答えられるかどうか?そして、それなりのスピードで表現できるギタースキルなど。 YouTube動画 やまだ毎朝最低でも10 ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 1》ジャズの発音習得!音呑みのニュアンス

ニュアンスさえ出来ればジャズになる! ニュアンスだけでも出来れば、メジャースケールを弾いていてもジャズに聴こえてきます。逆にニュアンスが無ければ、ツーファイブワンのフレーズを覚えてもジャズには聴こえてきません。オルタードスケールとか、クロマチックを使ったところで同じです。まず動画講座1発目は「音」を飲んでいるようなニュアンスについて説明します。 ニュアンス=方言 ニュアンス(専門的にはアーティキュレーション<発音>と言います)は「方言のようなもの」とレッスンで指導しています。微妙なアクセントの位置や、強弱 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#28 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis 裏コードリック。F7をB7として演奏しています。Bbm7の箇所はF7が2拍分はみだした・・・と考えることも出来ますが、Bbm7を考えていても十分に想定出来るラインかと思います。よく歌っていて良いラインです。 YouTube CD CONSENTING ADULTS

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#16 〜Martijn Van Iterson〜

Phrase Analysis マイナー1発でのライン。途中E7的なラインを挟み込んでいます(1小節目3拍〜2小節目2拍裏まで)CM7(bIIIM7)のアルペジオを2オクターブに渡って導入(2段目)C音へはそれぞれ装飾(アプローチ)をしています。 YouTube CD Whole Bunch

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#8 〜Kurt Rosenwinkel〜

Phrase Analysis ツーファイブの中に半音進行するコードが導入されています。Fm7 Bb7 Eb → Fm7 B7 Bb7 Eb。伴奏などでは比較的多用される動きですが、ラインとして大胆に使用しています。 YouTube CD I Wish I Knew

Read More

data Pick up!

Jazz Standars データ

It Could Happen To You

It Could Happen To You セッションでは定番の1曲ですね!私は師匠とよくこの曲を演奏しました。師匠は「G key」でやっていたので、街のセッションで「E♭」と言われた時に、最初は対応出来ませんでした。この曲を演奏すると師匠に習っていた頃を思い出してしまう曲です。 It Could Happen To You Barney Kessel / バーニー・ケッセル 名盤ですね。ケッセルらしい、ソロギターからの展開!超ゆったりです。 Poll Winners Lenny Breau / レニー ...

Read More

Jazz Standars データ

April In Paris

Afternoon In Paris あまりギタリストで取り上げることがない楽曲ですね!ベイシー楽団のイメージがあり過ぎるからなのかも。マイク・モレノはリハモナイズして演奏していますね!ハーモニック・メジャー!! April In Paris Mike Moreno / マイク・モレノ Three for Three

Read More

Transcription データ

Lage Lund / How Deep Is The Ocean

今回はLage Lundの初期作から「How Deep Is the Ocean」です。モンクコンペ優勝後、ジャリール・ショウの盤でもその凄さは聴けました。この盤が発売された時、「もっとガッツリ弾いてほしい!」なんて思ったのですが、採譜してみると、その懐の広い演奏にビックリ。リズム・バリエーションの豊富さ、アプローチの丁寧さ、歌わせ方、などなど驚愕の内容でした。PDF7ページ、お楽しみ下さい。 PDF file ダウンロード 2006年発売ロマンティック・ラティーノ 2004年発売PERSPECTIVE ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / You Do Something To Me

今回はLage Lundの初期の作品「Early Songs」からコールポーターの名曲「You Do Something To Me」です。最近はかなりオリジナリティのある演奏をしていますが、このテイクでは現在のようなダークさはあまりなく、とても明るく快活な演奏です。次々に出てくるラインは圧巻ですよ!それでは、PDF9ページです。 PDF file ダウンロード EARLY SONGS YouTube Analysis Lageの演奏にはリズミック・モチーフ展開、音型のモチーフ展開が随所に導入されています ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / Here's That Rainy Day

Lage Lund 今回はLage Lundの「Standards」から「Here's That Rainy Day」のTranscriptionです。 PDF file ダウンロード Analysis カッコいいな!と感じた箇所を少し挙げてみます。 21〜22小節目 IIマイナー7th上で9thへアプローチしています。これは私はチャーリー・パーカーのラインを勉強していた時だったか、随分昔に学んで自身の演奏に取り入れました。コンテンポラリーアーティストのプレイを分析していると感じるのは、 ポイント ビバッ ...

Read More

Jazz Standars データ

Stella By Starlight

Stella By Starlight この曲も名曲ですね!演奏されている方が多い楽曲です。A-B-C-D形式の楽曲なので、スクールでは「覚えられない!」と仰る方が多い楽曲です。昔はKey=Gで演奏されることが多かったようですが、最近はほとんどKey=B♭ですね。私はジャズを初めた頃、Stan Gets(Ts)のPlaysという盤がとても好きで、その中のテイクがとても印象に残っているのですが、ギターだとやはりジム・ホールでしょうか?クリス・ポッター(ts)のソロがかっこ良くて!(って、ギターじゃない笑)ジ ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.