Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 初級理論

ダイアトニックコード(Diatonic Chord)

今回は「ダイアトニック・コード(Diatonic chord)について学びましょう。 ポイント メジャースケールのそれぞれの音から3度重ねをして4声のコード(高さの違う4音のグループ)を作りましょう。こうして出来た7つのコードの総称をダイアトニック・コード(Diatonic Chord)と呼びます。 クリックで拡大 重ねていく音は必ずメジャースケール内の音を使用します。キーが「F」になれば全てのB音に♭が付きます。 クリックで拡大 覚え方 ここで、上記2つのダイアトニック・スケールの類似している部分に着目 ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズで使用される楽器と編成

ジャズでは色々な楽器が使用されます 鍵盤がピアノにオルガン、ヴィブラフォン、アコーディオンのジャズも聴いたことがあります。管楽器がトランペット、フリューゲル、サックスはテナー、アルト、ソプラノ、バリトン、ソプラニーノも聴いたことがあります。トロンボーン、バルブ・トロンボーン、クラリネット、バスクラリネット、フルート、ハーモニカ、弦はギター、コントラバス、ヴァイオリンだってOK。ハープの人も居たな。ドラム・パーカッション。 音が出れば、どんな楽器だって一緒に楽しく出来ます。やまだ ギターは花形ではない・・・ ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

音符の読み方はドレミ?CDE?イロハ?

音符はどのように読むのがいいでしょうか? 音符の読み方 ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ-ソ A-B-C-D-E-F-G イ-ロ-ハ-ニ-ホ-ヘ-ト エービーシー・・・と読んでいる人も居ます。一般的にはドレミファ・・・が多いですね。イロハニホヘト・・・って人は少数派だと思いますが。 ポイント レッスンではドレミファ読みを勧めています。 下降を歌ってみる(ドシラソファミレド) 日本の音楽教育が小学校からドレミファソラシドだから、言語同様に馴染みがあるんですよね。メロディを歌うにも、ドレミファ読みのが速く読める人が多 ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

調号の付加順序

調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。 例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/cmajor.mp3 このドレミファソラシドをレから始めてみましょう。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/ddorian.mp3 ポイント ど ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

ダイアトニックスケール(Diatonic Scale)

今回はダイアトニックスケール(Diatonic Scale)について学んでいきましょう。ダイアトニック・コードに関しては前の記事を確認しておきましょう。 前の記事 ダイアトニック・スケール ポイント ダイアトニックスケールは、簡単に言えばドレミファソラシドのそれぞれの音から音階をスタートしたものです。 スケール 上記のスケールの項でも説明していますが、1オクターブ内の全音と半音の配列順序により、音階の名前が決まっています。レから始まれば当然、全音と半音の順序がズレるために、名前が変わります。それぞれの名前 ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

マイナーブルースを弾いてみよう!

マイナーブルースもソロの練習をしてみましょう。演奏上の注意点を同様に記載します。 注意ポイント フレーズ練習から何度も説明していますが、上達のポイントは音源を聴いて、何度も何度もニュアンスまでそっくりになるまで真似をする事です。譜面のポジションだけを見て、音名だけじゃなく細かい箇所まで聴きましょう。 メジャー編 伴奏 伴奏サンプルです。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/blues21.mp3 マイナーブルース ...

Read More

Step up Class Pick up!

ステップアップ クラス ソロギター入門

【ジャズギターソロ】メロディとベース

さて、このようなメロディがあったとします。著作権の切れたジャズスタンダードのテーマの一部を簡単にしています。 クリックで拡大 メロディ+ベース ポイント まずはサウンドの骨格を知るためにベース音とメロディだけを演奏しましょう。ベース音に対するメロディのカラーを知るとともに、どの音域で演奏したら気持ちが良いかを判断しましょう。楽曲のメロディの高さや移動幅によって、ギターで演奏し辛いキーもあります。ソロギターでは他のメンバーが居ない分、移調されることも少なくありません。今回は、メロディをオクターブ上げて演奏し ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

ジャズを最短で学びたいなら、分析力を養おう!

ジャズの設計図 分析をすること 名曲の設計図という本がありますが、ジャズも分析をして、その仕組みを知ることが大切です。 音楽の秘密を形式からひも解く 名曲の設計図 ジャズギターをある程度弾けるように早くなりたい! 以前、生徒に「ジャズ学習の近道」について質問は受けました。 studentジャズ学習に近道はありますか? answer あると言えばありますが、近道といえど時間はかかります。 studentやはり、誰かに師事するのが一番ですよね! answer 師事したから上手くなれるわけではなく、 沢山の情報 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP4】メジャーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12keyメジャーコード ここからは12Keyのメジャーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP6】マイナーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12key マイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Final Step】1秒以内に3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 制限時間5秒・・・3秒・・・と進めてきましたが、ついに今回は1秒です。 メジャーコードに絞って出題をします。やまだ マイナーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 次はマイナーコード ...

Read More

イントロ・エンディング ステップアップ クラス

循環進行によるイントロを極めよう!! #2

循環進行によるイントロを極めよう!! #2 ポイント 前回の記事で「短い小節数で遊ぶ、どんどん作る」と記載しました。今回は「IM7-VIm7(VI7)-IIm7」までの進行を練習して見ましょう。一通り演奏してみたら、自分自身で作ってみてくださいね。 前回の記事 Ex.1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/12/intro7.mp3 クリックで拡大 Ex.2 https://mistletoemusicschool.c ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#29 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis BmM7からBb dim ここでGのdiminishを演奏しています。BbでもC#でもEでも構わないのですが、ここではF#7を想定しているため、その半音上のGdimが一番、把握しやすいかな・・・といった所です。行き先はAm7b5にしていますが、本来Am7。b5thの音をぶつけていたので、m7b5にしました。 YouTube CD Standards

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

7th Chord 1発での演奏アイデア - Dominant 7th Work out #3#4

B♭7 chord The Chicken 風のB♭7一発でのフレーズ練習 Vol.3とVol4です。Vol.1、Vol2のリンクと音源YouTubeも貼っておきます! #1 #2 Score クリックで拡大 Analysis 今回も細かく分析していきましょう! 【21小節目】Chord Tone+approach 【22,23小節目】Altered Pentatonic=♭III minor Pentatonic = C#m Pentatonic 【23小節目】B♭Major Pentatonic 【2 ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 6》モチーフ展開の練習方法

モチーフ展開はリアルタイムの作曲 これって実は作曲と同じなのです。作曲は時間をかけて現時点で自分自身の1番のメロディを選んでいくのですが、モチーフ展開もリアルタイムに「こう弾きたい」と思うものを追いかけていきます。とってもチャレンジングで、コードを追いかけるより遥かに難しいですが、サイコーのメロディを弾けた時はプレイバックを何回も聴きたくなります^^ オリジナルのメロディを凌駕するメロディを! 1箇所でもいいから、オリジナルのテーマメロディより「良いな」と思える歌を即興で歌いたいと常々思っています。どんな ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

7th Chord 1発での演奏アイデア - Dominant 7th Work out #1-

B♭7 chord 今回から7thコード1発での演奏アイデアを解説していきます。伴奏はB♭7コード1発。The Chicken 風にしました。こちらの音源も旧サイト(Cycle of Jazz)から持ってきたため、ノイズ一杯で聴き辛いですが、参考にしてください。 Score クリックで拡大 Analysis 細かく分析していきましょう! 【1小節目】B♭Major Pentatonic Scale 【2小節目】Approach to D(3rd) 【2小節目】Slide to D 【3小節目】Blue N ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#11 〜Adam Rogers〜

Phrase Analysis 7thコード上でF⇒E⇒Eb・・・と、トライアドをどんどん繋いでいます。このように、あるコード上で和音に和音を重ねることをスーパーインポーズと言います。後半2つのアルペジオは面白いです。強引にコードネームを付けるならGmM7(#5)とF#mM7(#5)GmM7(#5)は「Eb+短3度」とも「Ebm+長3度」とも捉えられます。 YouTube CD Art Of The Invisible

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#23 〜Reinier Baas〜

Phrase Analysis オランダのギタリスト。Nir Felder同様、ユニークなインターバルを使用して過去にあまり無いようなラインに仕上げています。この分析をするのに「A7ではコンディミで・・・」といった、よくある分析と言いますか・・・ビバップを理解するための分析ではこの面白さは語れません。 YouTube CD Mostly Improvised..

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

Come Rain or Come Shine

Come Rain or Come Shine 今回はハロルド・アーレンの名曲「降っても晴れても」。私はやっぱりEd Bickert のテイクが大好きです。ギターらしい静かなジャズです。Ed Bickertのハーモニーは今でも憧れです。 Come Rain Or Come Shine Wes Montgomery / ウェス・モンゴメリー 名盤です。 FULL HOUSE-KEEPNEWS COLLE Ed Bickert / エド・ビッカート CD盤には、DUOとTrioでの演奏。 At the Gar ...

Read More

Jazz Standards データ

I'm Getting Sentimental Over You

I'm Getting Sentimental Over You ジャズを始めてから、師匠以外のジャズ演奏を初めて観たのは「ジャズ・ギターの軌跡」というVHSビデオでした。様々なアーティストの映像が収められているオムニバス物。今のようにYouTubeで気軽に映像が観れる訳ではないので、食い入るように観ました。第3巻冒頭で白黒画像のJim Hallがこの曲を弾いています。フィンガリング、ピッキング、ニュアンス、何度も何度も観ました。 I'm Getting Sentimental Over You Jim ...

Read More

Transcription データ

Ed Bickert / I should Care

I should Care 今回は私の大好きなカナダのギタリスト、Ed BickertのTranscriptionです。サックス&ギター&ベースのドラムレスでとっても心地の良い極上ライブ盤から1曲めの「I Should Care」歌いまくってますねー。イントロでサックスと2人で始まる箇所も素敵です!2コーラス、PDF4ページ!楽しんでください! Live at the Senator You Tube Score PDF file ダウンロード 音源サンプル https://mistletoemusics ...

Read More

Transcription データ

Mike Moreno / Airegin

今回は私が大好きなギタリストMike Moreno。Youtubeのテイクの「Airegin」です。何が好きって、楽曲と音楽を構築していく様とか壮大な世界観、そしてラインのセンスです。お届けする前に、まず変拍子のイントロから。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/mm_aireginintro.mp3 クリックで拡大 さて次に、12ページの採譜ファイルです。実はこれ生徒に採譜してもらったものなのですが、出来上がっ ...

Read More

Jazz Standards データ

Body And Soul

Body And Soul John Green作曲のAABA形式32小節の楽曲です。私はジャズギターを始めてから最初に覚えたバラードなので、とても記憶に残っています。でも、当時は目まぐるしく動くコード進行と不慣れなKeyに悪戦苦闘したのを覚えています。ただAメロだけKeyを半音下げて考えてみたら、とても楽になった記憶があります。さて、そんなBody And Soulは、Stan Getz(Ts)の「Plays」という大好きな盤があリまして、その中に収められいたのでよく聴きました。昔はジャケットを見ながら ...

Read More

Jazz Standards データ

Very Early

Very Early Bill Evans(Pf)の名曲です。A=16小節、B=16小節のAAB形式48小節の楽曲。聴くと演るとでは大違いで、この優雅な世界観を表現するのは非常に難しいです。 Very Early Vic Juris / ヴィック・ジュリス Second Look Allan Holdsworth / アラン・ホールズワース ナン・トゥー・スーン John Mclaughlin / ジョン・マクラフリン エバンス曲集 Time Remembered Toninho Horta / トニーニ ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.