Beginner Class Pick up!

ジャズコード入門 ビギナークラス

ベーシックコードを使って枯葉を刻んでみよう!

基本である3声(3音)のベーシックコードを使って枯葉を刻んでみましょう。 ベーシックコードの記事をご覧になっていない方はこちら Autumn Leaves TAB クリックで拡大 PDF fileをダウンロード コード・ダイアグラム クリックで拡大 PDF fileでダウンロード 演奏のポイント 演奏する際の注意ポイントです。 刻む時の注意 アンプの音に頼り過ぎない(フルアコであれば、ほぼ生音です) 押弦している箇所以外はしっかりミュート 伸ばし過ぎず、短く切り過ぎず 2拍目、4拍目に少しアクセント 右手 ...

Read More

ビギナークラス

ジャズ言語習得ステップ

「ジャズ言語習得」に向けて、練習の前に知っておきたい習得までのステップと流れアドリブ習得への道でも説明していますが、ジャズ習得には様々な内容を並行して練習することが大切になります。年単位の長い道のりですから、自分の練習が本当にうまく進んでいるのか、練習の仕方は合っているのか、不安を覚える方も多いことでしょう。ここでは、ジャズ言語の習得への大まかな流れを説明していきます。 ジャズの習得≒言語学習 音楽と言語は違いますが、習得までの流れには共通項が多く、少なくとも「日本語」という1つの言語を習得されている皆様 ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

小節と拍子について覚えましょう

今回は小節と拍子について学んでいきましょう。 小節 ある特定のジャンルを除き、楽譜には必ず小節があります。 注意ポイント しかし、この段階では、この1つの小節に何拍音を入れるのかは分かりません。 そこで「拍子記号」を入れていきます。この拍子記号により1小節の長さを○○音符が○個入る長さとして決めていきます。 様々な拍子 ポイント 分母の数字が「音符の種類」、分子の数字が「小節内の数」を表します。 4分の4拍子 4分音符(分母)が4つ(分子)入る長さを1小節としています。先の記事で4分音符の長さを100%と ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ジャズブルースを弾いてみよう!

それでは、実際にブルースのソロを1コーラス弾いてみましょう。前半はペンタトニックを主体に演奏しています。 後半はツーファイブのフレージングをしています。 伴奏サンプル https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/blues17.mp3 ソロ譜面 注意ポイント フレーズ練習から何度も説明していますが、上達のポイントは音源を聴いて、何度も何度もニュアンスまでそっくりになるまで真似をする事です。譜面のポジションだけを見て、音だ ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

調判定〜Keyを判別すること〜

今回は、調号からキー(Key)を判断する方法です。 ポイント 1つの調号に対してメジャーキーとマイナーキーが1つずつ存在します。 この関係を「平行調」と呼びます。 メジャーキーの6番目の音から演奏すると音階は暗く聴こえてきます。逆にマイナーキーの3番目の音から始まれば音階は明るく聴こえます。メジャーとマイナーは1セットなのです。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/key1.mp3 クリックで拡大 指板上で覚える ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

調号の付加順序

調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。 例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/cmajor.mp3 このドレミファソラシドをレから始めてみましょう。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/ddorian.mp3 ポイント ど ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #1

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。今回からminor keyのツーファイブです。 minor II-V-I Lick #1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-1.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント Dm7♭5のアルペジオから、次の小節G7の5度音であるDの音へアプローチをして ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP3】メジャーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyのメジャーコード ここからは12Keyのメジャーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #1

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-1.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント マイナースケールの最初の5音でのこの動きは、Bebopでよく演奏されるラインです。ギターの指板上でどのように並んでいるのか、 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #4

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習とラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #4 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-4.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント m7 chord上で短3度音から始まるラインとして頻繁に耳にします。6弦ルート上でも演奏をしてみましょう。 6弦ルート上でのライ ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP5】マイナーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyマイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP6】マイナーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12key マイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

Read More

Master Class Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 14》How to build advanced chord ジャズコードの発展方法

susハーモニー これは私の演奏コンセプトの1つです。Youtubeチャンネル登録者数○千人に感謝して公開しました。とっても難しいと思いますが、新しいサウンドに興味を持っている方、是非トライしてみてください。ソロは新しい感覚なのに、伴奏がいたって普通のコードを弾いている方も結構いますが、アドリブラインだけではなく、和音も発展させていきましょう。 試行錯誤が大切 この手のサウンドにもはや、ルールはありません。自分でシェイプに名前を付けたり、アレコレと試して自分が良いなと思えるサウンドを作っていきます。 Yo ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#29 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis BmM7からBb dim ここでGのdiminishを演奏しています。BbでもC#でもEでも構わないのですが、ここではF#7を想定しているため、その半音上のGdimが一番、把握しやすいかな・・・といった所です。行き先はAm7b5にしていますが、本来Am7。b5thの音をぶつけていたので、m7b5にしました。 YouTube CD Standards

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#5 〜John Scofield〜

Phrase Analysis ツーファイブを表現するにはm7コードの短7度音から、7thコードの長3度音へ音を進めてみましょう。必ず半音階の動きになります。後半Ab7の3拍目からDbのラインを演奏しています。ジョンスコというと、コンディミやアウトラインと答える方が多いのですが、コードを先取りして演奏している事が多く、押さるベきポイントはきちんと処理しています。 YouTube CD Live at Town Hall 2

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#16 〜Martijn Van Iterson〜

Phrase Analysis マイナー1発でのライン。途中E7的なラインを挟み込んでいます(1小節目3拍〜2小節目2拍裏まで)CM7(bIIIM7)のアルペジオを2オクターブに渡って導入(2段目)C音へはそれぞれ装飾(アプローチ)をしています。 YouTube CD Whole Bunch

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

マイナー1発での演奏アイデア - minor 7th work out #2-

Gm7 chord 第2回目の「Gm7」chord1発での演奏アイデアを分析です。1回目の記事と演奏音源YouTubeは下記、リンクを貼っておきます。 第1回 Score クリックで拡大 Analysis 今回も細かく分析してみます! 【19小節目】Dominant Approach (D7 alt) 【20小節目】♭III6  Arpeggio (B♭6) 【20小節目】Delayed Resolve to G 【21小節目】Blue Note ♭5th 【21、22小節目】Dominant Appro ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#23 〜Reinier Baas〜

Phrase Analysis オランダのギタリスト。Nir Felder同様、ユニークなインターバルを使用して過去にあまり無いようなラインに仕上げています。この分析をするのに「A7ではコンディミで・・・」といった、よくある分析と言いますか・・・ビバップを理解するための分析ではこの面白さは語れません。 YouTube CD Mostly Improvised..

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

Relaxing At Camarillo

Relaxing At Camarillo チャーリー・パーカーのブルースです。一般的な12小節です。Jonahtan Kreisbergを初めて聴いた時、パーカーの音源や、トミー・フラナガン(pf)のテイク同様のイントロを弾いていたのにビックリしました。ギタリストテイクは少なめです。 Relaxing At Camarillo Barney Kessel / バーニー・ケッセル パーカーと。 The Complete Savoy & Dial Master Takes Joe Pass / ジョー・パス ...

Read More

Jazz Standards データ

Fly Me To The Moon

Fly Me To The Moon Bart Howard作曲による名曲です。32小節で4度進行も多く、メロディもシンプルで、誰もが知っているようなメロディなので、ジャズ学習初期によく練習する曲ですね。ただ、良い演奏にさせるのはとっても難しいメロディです。私は何回演奏しても、気に入る演奏にならないので、苦手な曲の1つです。学生時代にLPで聴いたJim HallとBassのRed MitchellのDUOが特に好きでした(こちらはCD化されていません) YouTubeにありました! Fly Me To T ...

Read More

Jazz Standards データ

Just Friends

Just Friends John Klenner作曲の名曲「Just Friends」セッションでもよく演奏される曲の1つですね、最初の16小節と後半の16小節がとっても似ているので、昔、ロストしたことが何度もあります。私の記憶に残るのはやっぱりPat Martinoの「EL HOMBRE」に収録されていたテイクですね。ジャズギターらしい、カッコいいラインがビシバシと決まっていくので聴いていて気持ち良いんです。続くオルガンのソロも強烈でした。 Just Friends Tal Farlow / タル・フ ...

Read More

Jazz Standards データ

Blue Bossa

Blue Bossa 今回は「Blue Bossa」のギタリスト・テイクをご紹介します。この曲はジャズを初めてすぐに覚えた楽曲の1つです。当日はインターネットも無かったので、新しい曲を覚えたらディスク・ガイドを見て、都内中の中古CDショップを回って、入っている盤を探すことが多かったです。まだ知らないアーティストのテイクを見つけた時は凄く嬉しかった。家に帰って聴くとのが楽しみで仕方なかった記憶があります。ご飯食べるより、CDを買いたかった当時を思い出します。やっぱりPat Martinoのテイクが印象に残っ ...

Read More

Transcription データ

Jonathan Kreisberg / Five Bucks A Bungalow

今回はJonathan Kreisbergの「New For Now」から「Five Bucks A Bungalow」の採譜です。PDFは9ページです! PDF file ダウンロード Analysis 1、2小節目 ポイント ピックアップの部分です。曲中に何度も登場するモチーフ。完全4度上がって、完全4度上がって、短3度下降。この4音がFとAとD♭から演奏されています。このFとAとD♭は長3度の間隔ですね。 クリックで拡大 8、9小節目 ポイント ブルージーなライン。ジョナサンは、こういったブルージー ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein/This Could Be The Start Of Something Big

Peter Bernstein Transcription Peter Bernsteinのファーストアルバムから「ボクはこの曲でビックになるんだ!」って曲。Aセクション16小節、Bセクション16小節のAABAなので1コーラス64小節の長い楽曲です。 PDF File ダウンロード Analysis 面白いなぁ〜と感じた箇所を取り上げて見たいと思います。 13〜16小節目 ポイント コード進行内を半音で流れるターゲット音を意識的に狙っています。 クリックで拡大 23〜28小節目 ポイント 上昇モチーフの展 ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.