Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 譜面とリズム

音符の名称と長さを覚えましょう

音符の名前を覚えていきましょう。レッスンをしていると、「こういうのは小学校の音楽の授業以来です」という方も少なくありません。恥ずかしがらずに^^ 基準は4分音符 音楽を複数の楽器と一緒に演奏をする際、基準となる音楽のスピードを決めて演奏しなければ音楽は崩壊してしまいます。その速さをBPMと数字で表すことを先の記事で説明しました。 先の記事 ポイント その基準となる音楽のスピードはどの音符なのか?よく、みんなで歌う時に「ワン・トゥー・スリー・フォー」とカウントしますよね。これが基準となる音符、4分音符と呼ば ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

Cメジャーフレーズとその応用

自由に弾くために! ポイント ドレミファソラシド(C メジャースケール )だけで自由に、且つカッコ良く弾いてみたいですよね。ロックやポップスでもコピーを最初にやっていきますが、ジャズも例外なく、コピーから入ることをオススメします。 Cメジャースケール の練習方法 1)TAB譜を見ても構いません。まずはスムーズに弾けるようにしましょう。 スムーズに弾けなければ、テンポに乗って弾くことが出来ません。 Cメジャーの中に入れてみましょう。 アドリブの中で、使用することが出来て初めて効果があります。 分析して応用し ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

8分音符のリズム言葉

ポイント ジャズで最も重要な8分音符(はちぶおんぷ)のリズム言葉について考えてみましょう。ここでは、スウィング・フィールは使いません。イーブンの8分音符をまずマスターしましょう。 長さの割合と8分音符の歌 4分音符の長さを100とすると、8分音符は50になります。 4分音符半分の長さなので、1拍(4分)に8分音符は2つ入ります。 クリックで拡大 リズムを歌う時は4分音符(タン)でしたが、8分音符1つは(タ)と歌いましょう。 上記、譜例は「タン・タタ」となります。 8分休符の歌 4分休符は「ウン」と歌います ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

Dm7フレーズ練習

今回はminor7thコード上でのフレーズです。メジャー編でも書きましたが、1日50回は演奏しましょう。こちらも音源のリズムはBebop時期を意識して少しハネ気味です。 前の記事 Dm7フレーズ練習 Ex.1 マイナー7thにおいて、メジャー7th音(ここではC#音)は非常によく使用されます。ここではルートであるD音を挟むように使用しています(1小節目1、2拍目) https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/dmphra ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

本番と練習

本番と練習は意識が全く違います。「自分の為に演奏する」のか、それとも「聴いてくれる人の為に演奏する」のか。どの視点から考えるか?によって答えは様々でしょう。ですが、緊張しまくる人や、お勉強ばかりの方には、「聴いてくれる人の為に演奏する」ことを考えて欲しいなと思います。もっと言えば、「まず共演者と分かち合うように演奏する」方が良いでしょう。 今日は、練習と本番が一緒になってしまう中級レベルの方へのメッセージでもあります。レッスンでもそうです。せっかく一緒に演奏しているのに、私をカラオケ代わりにして演奏してい ...

Read More

ジャズコード入門 トレーニング ビギナークラス

Top Noteを固定したコードワーク

視点の切り替え 練習というのは、常に自分に厳しく取り組むのですが、少し疲れた時、またダラダラと弾いている時だってあるのは事実。観たいテレビがあって、番組を見ながら弾いていてCMの時は1分集中!!・・・みたいな そんな時、1分の間に私はよく遊んでいた練習があるので紹介します。私はコードワークが好きなのでコードの練習を頻繁に練習するのですが、覚えているスタンダードのコードを演奏を知っているコードだけで弾くのではなく、トップノートを固定することに意識します。時には固定出来ない場合もありますが、その場合は調整して ...

Read More

Step up Class Pick up!

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Cycle of 5th】Dominant Motionを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Dominant Motionを答えましょう このような「Cycle of 5h」の絵を見たことがあるでしょうか?よく出てくる5度下降進行です。右回りをしていきます。 「ド」シラソ「ファ」と完全5度ずつ下降していきます。 出題は7 ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #3

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #3 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-3.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント このフレーズは、ジャズギターを演奏している人なら1度は弾いたことがあるラインです。コードフォームを崩して演奏しています。想定 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP6】マイナーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12key マイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【解説・実践】コードトーンを予測する

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 コードトーンを予測する(解説) 今回は、コードトーンをスムーズに応えられるようにするトレーニングです。音を3度重ねしていくと「ドミソシレファラ・ドミソシレファラ・・・・」と続いていきます。呪文のように繰り返し唱えて、覚えてしまうの ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

ミュージシャンの装飾に着目する

ミュージシャンの装飾に着目する CM7のコードが鳴っている時に、ドレミファソラシドだけで演奏することも可能ですが、多くのミュージシャンは色々な形で装飾を取り入れています。装飾は「アプローチノート」がより拡大されたものになりますので、「何の音をどのように装飾しているか?」を、しっかりと把握することが大切です。ここではミュージシャンの装飾の例を全てAm7でご紹介しますが、決して物真似だけで満足せず、自分らしい音遣いを目指してください。 Joe Pass https://mistletoemusicschool ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP2】Key=Cのダイアトニックコード 3度を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう 今回は制限時間を短くしました!パッと答えられるまで訓練です。 では、レッツトライ!! 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の ...

Read More

Master Class Pick up!

アドリブマスタークラス マスタークラス

コルトレーン・チェンジ #1

ポイント 数回に分けて、コルトレーン・チェンジ(コルトレーン・マトリックスとも呼びます)について説明をしていきます。コルトレーン・チェンジとは ジョン・コルトレーンによって提唱されたコード進行のサイクルで、代表作は「Giant Steps」です。(それまでも存在したかも知れませんが、これほど大胆に使用したのはGiant Stepsが初めてです。)この進行の登場により、機能的なコード進行の展開は1つの完成形となったように思います。その先は「非機能的な和声の展開」へと繋がっていきます。 長3度サイクル これを ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

マイナー1発での演奏アイデア - minor 7th work out #3-

Gm7 chord 第3回目の「Gm7」chord1発での演奏アイデアを分析です。過去記事と演奏音源YouTubeは下記、リンクを貼っておきます。 第1回 第2回 Score クリックで拡大 Analysis 今回も細かく分析してみます! 【37、38小節目】cliché (Gm-GmM7-Gm7-Gm6) 【39小節目】Auxiliary Diminish (G Diminish) 【40小節目】Dominant Approach (D7) 【41小節目】G Harmonic minor Scale 【 ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

歌心を優先させる

歌心が大切 ポイント メセニーの演奏にはいつもメロディックな歌がありますよね!ジャズの学習をしていくと、コード進行を追うことに必死になってしまい、段々と歌心が無くなっていき、演奏が小難しくなりがちです。そんな時に、「St.Thomas」 や「Cantaloupe Island」のような自由度が高い楽曲に対して、「何をしたらいいのか分からない」・・・と、難しく感じる時期があります。 大きく捉えて弾く メロディックに弾くことは、音楽として、きちんと考えている人にとっては「なんでこんなのが出来ないの?」と思える ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#23 〜Reinier Baas〜

Phrase Analysis オランダのギタリスト。Nir Felder同様、ユニークなインターバルを使用して過去にあまり無いようなラインに仕上げています。この分析をするのに「A7ではコンディミで・・・」といった、よくある分析と言いますか・・・ビバップを理解するための分析ではこの面白さは語れません。 YouTube CD Mostly Improvised..

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#25 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis ジョナサンらしいワイドなインターバルを使用したリック。3度インターバルを含まず、完全5度と完全4度のみを用いてスリリングに聴かせています。またコード感はないので、色々なコードに応用が出来そうです。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 4》Upper Structure Triads/アッパーストラクチャートライアド

トライアドの連結による面白さ この技法はトライアドを連結することにより、ソロを発展させる技法。難易度は高めです。まずは動画のようにCM7一発内でどのように使用できるか?を深く考えてみましょう。その後に、プログレッションの中で使用していきますが、一発の中で何も出来ない状態では、プログレッションの中に入っても何も出来ません。 取って付けた感じがするのも習得の過程 このアプローチを使用して是非フレーズも作ってみてください。作ったものを入れても取って付けてきたような感じがします。思い出してみてください。スケール1 ...

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

Autumn Leaves

Autumn Leaves 今回は「Autumn Leaves」のギタリスト・テイクを集めてみました。個人的には上記、サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)のテイクが衝撃的でした。ギターは「Joe Pass」です。 Autumn Leaves Joe Pass/ジョーパス(Sarah Vaughan) サラ・ヴォーン(Vo)の盤。ウエストコーストのミュージシャンを集めた爽やかな作品。テーマのメロディすらありませんが、物凄いテイクです。 枯葉 Jim Hall/ジム・ホール 説明不要の名盤ですね! A ...

Read More

Shimizu Room Transcription データ

Matteo Mancuso / Donna Lee

YouTubeで凄い人を見つけたので採譜してみましたshimizu PDF file ダウンロード YouTube Matteo Mancuso イタリア出身のギタリストのようです。ホームページはないのでYouTubeチャンネルやFacebookでジャズからフュージョン、ハードロックまで弾き倒していて凄いです。 マッテオくんのYoutubeチャンネル

Read More

Transcription データ

Lage Lund / Darn That Dream

ポイント 今回は「Lage Lund」のスタンダードアルバムから「Darn That Dream」。バラードのこの曲をアップテンポアレンジ。音の内容も勉強になりますが、それ以上に、メロディの展開、シングルノートと和音のバランスなど、音楽的なソロの構築方法が学べました。PDFは7ページです。 PDF file ダウンロード Standards Youtube こちらでもアップテンポアレンジですね! Analysis 19〜22小節目 このモチーフ展開がとっても好きです。すごくストーリーを感じます。 36、3 ...

Read More

Jazz Standards データ

I'm Getting Sentimental Over You

I'm Getting Sentimental Over You ジャズを始めてから、師匠以外のジャズ演奏を初めて観たのは「ジャズ・ギターの軌跡」というVHSビデオでした。様々なアーティストの映像が収められているオムニバス物。今のようにYouTubeで気軽に映像が観れる訳ではないので、食い入るように観ました。第3巻冒頭で白黒画像のJim Hallがこの曲を弾いています。フィンガリング、ピッキング、ニュアンス、何度も何度も観ました。 I'm Getting Sentimental Over You Jim ...

Read More

Jazz Standards データ

Beautiful Love

Beautiful Love Victor Youngの名曲「Beautiful Love」です。私は「Michel Petrucciani」と「Jim Hall」、そして「Wayne Shorter」の盤での演奏が特に好きです。(Wayne shorterはBeautiful Loveは演奏していません)Jim Hallのメロディの崩し方がとってもカッコいいし、音遣いも学べることが豊富。Michel Petruccianiのコンピングはとっても面白い。後にDVDでも発売されましたが、映像と音が少しズレて ...

Read More

Transcription データ

Ed Bickert / You'd be so nice to come home to

Ed Bickert 今回も私の大好きなギタリストEd Bickertの「You'd be so nice to come home to」です。YouTubeからの採譜です。サックスリーダーなのでソロは1コーラスのみ、PDF2ページです。センスあるソロを楽しんでください。 YouTube Score PDF file ダウンロード サンプル音源です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/10/edbickert_yo ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.