Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 初級理論

Major Keyとminor Key

ポイント 前回の記事でメジャーキーの判別を行いました。そしてMajor Key と minor Keyは1セットになっていて、その関係を平行調と呼ぶことを学びました。今回はminor Keyを指板上で探す練習です。 前の記事 指板上で把握 「ドレミファソラシド」の「ラ」の音からスタートすると、音階は暗くなりminor keyとなりますが、「ドレミファソラ」6個数えるよりも、「ドシラ」と下がった方が簡単ですよね?指板上では小指で「ド」を押さえた時、人差し指の位置が「ラ」になります。この関係をよく覚えておきま ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

スウィングするって、どんなリズム?

スウィングって? ジャズでは、8分音符をスウィングさせて演奏します。「スウィングしなけりゃ意味がない」なんて曲が存在するほど、ジャズでは大切なノリになります。 譜面上の記載と実際の演奏 下記のような記述が五線譜のすぐ上にある場合がありますが、厳密にはこれはスウィングではありません。 音の長さを数値化してみます。 4分音符の長さを10とした場合。8分音符は当然5:5の長さになります。16分音符であれば2,5:2,5:2,5:2,5と綺麗に割り切れます。 注意ポイント 最初に提示した譜面は3連符の頭と後なので ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

4声のコードを弾いてみよう!

ベーシックコードに2弦の音を加えて4声のコードを作ってみましょう。 ベーシックコードが分からない方はこちら 2弦の度数を覚えよう! 5弦ルートのコード メジャー7thコード CM7 CM7(9) CM7   7thコード C7(♭9) C7(9) C7(#9) マイナー7thコード Cm7 Cm7(9) Cm7   マイナー7th♭5コード Cm7(♭5) Cm7(♭5) Cm7(♭5、11) 6弦ルートのコード   メジャー7thコード GM7 GM7(13) GM7(#1 ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ツーファイブ進行上の演奏(Major Key)

今回はMajor keyのTwo-Five-one進行でのフレーズ練習です。細かい理論や、何を考えているか?は置いておいてフレーズをツーファイブ進行上で演奏してみましょう。もちろん、しっかりと考えて演奏することも大切ですが、今は無視しましょう。耳から学習することも大切です。 ポイント 1)まずは、スムーズに演奏出来るように練習しましょう。 2)次に伴奏に合わせて、演奏出来るようにしましょう。 3)譜面には書いていないレガート、アクセントなど音の出し方をよく聴きましょう。 4)譜面では表せない微妙なリズムの ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

上達への最短距離

今日は生徒さんとレッスンの進度や音楽のセンス等、色々なお話になりました。普段、レッスン内容が多く時間もかかりますので、生徒さんがどう感じているかを知る事がなかなか出来ません。ですから、ご意見を頂くのは本当に嬉しいです。ありがとうございます。 早く上達したい!何が必要なの? レッスンで、私自身が習っていた頃の事を思い出すことになりました。それは昔、私自身が「どのように習っていたか?」という話。その時に思い出したのは、 ポイント 「師匠の言葉は絶対だった」 という事。勿論、今では「そうは思わない」という部分も ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

minor jazz blues

ポイント ジャズではマイナーブルースもよく演奏されます。「Mr.PC」「Stolen Moments」「Israel」「Interplay」などなど。まずはコード進行から確認してみましょう。 マイナーブルースのコード進行 メジャーキー同様にマイナーブルースのコード進行を度数化してみましょう。 クリックで拡大 下記のように演奏することもあります。 クリックで拡大 C minor Blues https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/20 ...

Read More

Step up Class Pick up!

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

アプローチの連結

ポイント アドリブ入門では、「アプローチがとてもジャズらしい」ということを学びました。今回はそんなアプローチを複数、連結させていく練習をします。まだアプローチ記事を読んでいない方は読んでおいてくださいね。 アプローチ コードトーンからコードトーンへ 最初に行うのは1コード内で「コードトーン」から「コードトーン」へと連結をすることです。 まずは「CM7コード」で練習してみましょう。コードトーン(ドミソシの音)へアプローチをしていきます。 Ex.1 https://mistletoemusicschool.c ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP5】マイナーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyマイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP5】調号7つ全てのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号7つ全てのメジャーキーを答えましょう #や♭が7つ全てのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA #が4個だとE #が5個だとB #が6個だとF# #が7個だとC# ♭が1個だとF ♭が2個だ ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

変化音を知る

トップ画像はスラロームです。今回はそんなスキーの競技をイメージしてみましょう。 コード進行に対応する これは某スタンダード楽曲のコード進行です。 クリックで拡大 理論を学べば、対応するスケールが導き出せます。 クリックで拡大 注意ポイント このスケールでアドリブをしてみましょう。 「Aエオリアン弾いて・・・Dドリアン弾いて・・・」 とっても難しいですよね。音階を覚えるだけでも大変です。 勿論、コード1つずつにどのスケールが使用可能かどうかを知る必要はありますが、それはあくまで理論上のお話。実際の演奏論では ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #1

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 Major II-V-I Lick #1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/major251-1.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント マイナースケールの最初の5音でのこの動きは、Bebopでよく演奏されるラインです。ギターの指板上でどのように並んでいるのか、 ...

Read More

ステップアップ クラス ソロギター入門

コードのカラーを加える

次のステップ ベースを加えた後は、メロディとの間の音(内声)を埋めていきます。これでコードカラーがハッキリと出てきます。コードのトップノート(一番高い音)が、メロディと同じ音になりますので、それより高い音は不要です。また、この時、コードトーンとテンションの基礎知識は必要になりますので、理論を勉強しておきましょう。 ベースを加える 内声 ポイント 1、メロディとルートを押さえる。 2、間の弦にコードトーンを配置する (押さえられないようなポジションは除きます) テンションは不用意に低音弦へ配置しない 短2度 ...

Read More

Master Class Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 8》ビバップラインの構築方法 #2

Lesson.7でやったアプローチを別の型へ応用する 今回は前回動画で練習した手法の応用編です。まだご覧になっていない方はこちらから先にご覧ください。 まずこちら 色々なビバップの曲が聴こえてくる ここまでのアプローチだけで、様々なジャズ(ビバップ期)の楽曲が聴こえてきます。それはつまりビバップの楽曲がこのように作られているからです。チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピー、バドパウエルといったビバップを生み出してきた世代のアーティストを沢山聴きましょう。 ナウズ・ザ・タイム+1 グルーヴィン・ハイ Y ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#22 〜Nir Felder〜

Phrase Analysis インターバルの使い方が特徴的ですね。OZ NOYがOcatave Displacementなる手法を説明していたりしますが、Nir Felderのラインも色んなインターバルが入ってきています。トレーニングしなければ、即興で演奏出来ません。 YouTube CD Reciprocity

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#20 〜Matthew Stevens〜

Phrase Analysis CM7上でのライン。Em7やGM7といったアヴェイラブルなアルペジオをうまく連結しています。 YouTube CD Preverbal 日本語解説付き

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#8 〜Kurt Rosenwinkel〜

Phrase Analysis ツーファイブの中に半音進行するコードが導入されています。Fm7 Bb7 Eb → Fm7 B7 Bb7 Eb。伴奏などでは比較的多用される動きですが、ラインとして大胆に使用しています。 YouTube CD I Wish I Knew

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 1》ジャズの発音習得!音呑みのニュアンス

ニュアンスさえ出来ればジャズになる! ニュアンスだけでも出来れば、メジャースケールを弾いていてもジャズに聴こえてきます。逆にニュアンスが無ければ、ツーファイブワンのフレーズを覚えてもジャズには聴こえてきません。オルタードスケールとか、クロマチックを使ったところで同じです。まず動画講座1発目は「音」を飲んでいるようなニュアンスについて説明します。 ニュアンス=方言 ニュアンス(専門的にはアーティキュレーション<発音>と言います)は「方言のようなもの」とレッスンで指導しています。微妙なアクセントの位置や、強弱 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#29 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis BmM7からBb dim ここでGのdiminishを演奏しています。BbでもC#でもEでも構わないのですが、ここではF#7を想定しているため、その半音上のGdimが一番、把握しやすいかな・・・といった所です。行き先はAm7b5にしていますが、本来Am7。b5thの音をぶつけていたので、m7b5にしました。 YouTube CD Standards

Read More

data Pick up!

Jazz Standars データ

April In Paris

Afternoon In Paris あまりギタリストで取り上げることがない楽曲ですね!ベイシー楽団のイメージがあり過ぎるからなのかも。マイク・モレノはリハモナイズして演奏していますね!ハーモニック・メジャー!! April In Paris Mike Moreno / マイク・モレノ Three for Three

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein/This Could Be The Start Of Something Big

Peter Bernstein Transcription Peter Bernsteinのファーストアルバムから「ボクはこの曲でビックになるんだ!」って曲。Aセクション16小節、Bセクション16小節のAABAなので1コーラス64小節の長い楽曲です。 PDF File ダウンロード Analysis 面白いなぁ〜と感じた箇所を取り上げて見たいと思います。 13〜16小節目 ポイント コード進行内を半音で流れるターゲット音を意識的に狙っています。 クリックで拡大 23〜28小節目 ポイント 上昇モチーフの展 ...

Read More

Jazz Standars データ

All The Things You Are

All The Things You Are この曲はほぼ全ミュージシャンが録音しているのでは?と思うほど沢山の方が録音しているスタンダードですね!レッスンではいつもこの曲をやる時に「好きな作品を教えてください!」と言っています。生徒さんがどんなスタイルのジャズが好きなのか?を探るのにとても良いのです。私はいろいろな思い入れのある盤がありますが、「Jim HallのThree」に入っているテイクからモチーフ展開を沢山学びました。(Jimはこの曲を沢山録音しています) All The Things You ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / How Deep Is The Ocean

Peter Bernstein 今回は「Jim Hall and Friends at town hall」という盤から、Peter Bernsteinの「How Deep is the ocean」です。表紙にもPeterの名前が載っていないんですけどね。初めて聴いたとき、「めっちゃ良いギタリストだ!」と思った記憶があります。そこから4作目ぐらいまで結構Peterの耳コピをしました。もちろんJoshua Redmanのバックで弾いているものもよく聴きました。PDFは6ページです! PDF file ダウ ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / Darn That Dream

ポイント 今回は「Lage Lund」のスタンダードアルバムから「Darn That Dream」。バラードのこの曲をアップテンポアレンジ。音の内容も勉強になりますが、それ以上に、メロディの展開、シングルノートと和音のバランスなど、音楽的なソロの構築方法が学べました。PDFは7ページです。 PDF file ダウンロード Standards Youtube こちらでもアップテンポアレンジですね! Analysis 19〜22小節目 このモチーフ展開がとっても好きです。すごくストーリーを感じます。 36、3 ...

Read More

Transcription データ

Lage Lund / On Green Dolphin Street

今回は「YouTube」からLage Lundの「On Green Dolphin Street」の採譜です。まだSadaowskyを使用している頃ですね。動画は1度削除されましたが、少し前に再びアップされました。採譜してる方も多いテイクです。 PDF file ダウンロード YouTube Analysis 個人的に面白かった箇所をご紹介! 32小節目 ポイント Lageらしい、立体的なライン。ほんと色々なものが見えているんでしょうね〜。 クリックで拡大 47〜49小節目 ポイント 繋げ方が上手いですね ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.