Beginner Class Pick up!

Pick Up!! ゼロスタート

イマジナリーバーライン

配慮のない譜面 今回は「イマジナリーバーライン」についてです。例えばこんな譜面を見て、どう思いますか? Ex.1 クリックで拡大 なんでしょうね〜!このスペースは! Ex.2 クリックで拡大 3拍目はどこかと言うと・・えっと・・・。 Ex.3 きちんと4拍あると思いますか? イマジナリーバーライン ポイント 上記の譜面はどれも合っているのですが、読みにくいですね!譜面を見た瞬間に拍数やリズムが把握出来ると良いですよね。実は譜面には下記のように書かれていないラインがあるんです。それを「イマジナリーバーライン ...

Read More

ゼロスタート 初級理論

ツーファイブ(two-five)

ジャズの話の中で「ツーファイブ」という言葉がよく出てきますが、そもそも「ツーファイブ」って何なのでしょう? ダイアトニックコード これが「C」のメジャースケールです。 クリックで拡大 このメジャースケールの音だけを使用してコードを作ったものが「ダイアトニック・コード」でしたね。 クリックで拡大 この中の2番目と5番目、つまりは「Dm7」と「G7」のコードの事をツーファイブと呼びます。 前の記事 音読しましょう レッスンでは、下記の文章を生徒さんに読み上げてもらっています。何回も読んで理解しましょう。 ツー ...

Read More

ジャズコード入門 ゼロスタート

ツーファイブのコードワーク

ジャズスタンダードを演奏する上で最も有用なツーファイブのコードワークを学んでいきます。まず、ツーファイブワン上での可能な一般的なテンションを確認しましょう。 Dm7- G7 - CM7(C6)のテンション Dm7・・・9th、11th G7・・・ナチュラルテンション(9th、#11th、13th) G7・・・オルタードテンション(♭9th、#9th、#11th、♭13th) CM7・・・9th、13th、(#11th) Dm7♭5- G7 - Cm7(Cm6)のテンション Dm7♭5・・・11th、♭13 ...

Read More

アドリブ入門 ゼロスタート

ジャズラインに必要な三要素

ポイント 次回からジャズ・フレーズの練習へと入ります。一般的な教則本では、下記のように「メジャーキーのツーファイブに使用可能な音階が記載されています」。当然、この音階を覚えただけではジャズらしい演奏にはなりません。ポップスだって、ロックだって、他のジャンルだってこの音階を使用しているのです。だから、ジャズっぽい演奏にするには秘密があります。ジャズらしくする大切な三要素をここでご紹介します。 ジャズで大切な三要素は... ・リズム ・アーティキュレーション ・半音階 リズム 音はそれなりにカッコいいフレーズ ...

Read More

ゼロスタート 初級理論

コードトーン(Chord Tone)とテンション(Tension)

コードトーンの仕組み ある音から1個飛ばしで音を積んでいくと、楽譜上では団子状に音符が連なります。 最初が「ド」。レを飛ばして「ミ」、「ファ」を飛ばして「ソ」。その3音の塊りをコードと呼びます。 「レ」から始まる場合は、「レファラ」となります。 クリックで拡大 4音の塊までがコードトーン ポイント 更にもう1つ上の音までを積み重ねた4音のかたまりをまとめて、コードトーンと呼びます。 ドから始まればドミソシ。ソから始まればソシレファなどなど。 クリックで拡大 コードトーンとテンション 更に3度上を積み重ねて ...

Read More

アドリブ入門 ゼロスタート

minor jazz blues

ポイント ジャズではマイナーブルースもよく演奏されます。「Mr.PC」「Stolen Moments」「Israel」「Interplay」などなど。まずはコード進行から確認してみましょう。 マイナーブルースのコード進行 メジャーキー同様にマイナーブルースのコード進行を度数化してみましょう。 クリックで拡大 下記のように演奏することもあります。 クリックで拡大 C minor Blues https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/20 ...

Read More

Step up Class Pick up!

ジャズコード入門 ゼロスタート トレーニング

Top Noteを固定したコードワーク

視点の切り替え 練習というのは、常に自分に厳しく取り組むのですが、少し疲れた時、またダラダラと弾いている時だってあるのは事実。観たいテレビがあって、番組を見ながら弾いていてCMの時は1分集中!!・・・みたいな そんな時、1分の間に私はよく遊んでいた練習があるので紹介します。私はコードワークが好きなのでコードの練習を頻繁に練習するのですが、覚えているスタンダードのコードを演奏を知っているコードだけで弾くのではなく、トップノートを固定することに意識します。時には固定出来ない場合もありますが、その場合は調整して ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ

変化音を知る

トップ画像はスラロームです。今回はそんなスキーの競技をイメージしてみましょう。 コード進行に対応する これは某スタンダード楽曲のコード進行です。 クリックで拡大 理論を学べば、対応するスケールが導き出せます。 クリックで拡大 注意ポイント このスケールでアドリブをしてみましょう。 「Aエオリアン弾いて・・・Dドリアン弾いて・・・」 とっても難しいですよね。音階を覚えるだけでも大変です。 勿論、コード1つずつにどのスケールが使用可能かどうかを知る必要はありますが、それはあくまで理論上のお話。実際の演奏論では ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【同ルート】同ルート上のコードトーンを答えましょう。

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 同ルート上のコードトーンを答えましょう。 今回は、コードトーンの変化の度合いを覚えて行きましょう。まずはこちら ポイント Root=Cからドミソシと積むとCM7コードとなります。 C7にしたい時はドミソ「シ♭」とします。 更にCm ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP5】マイナーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyマイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

Read More

ステップアップ ソロギター入門

コードのカラーを加える

次のステップ ベースを加えた後は、メロディとの間の音(内声)を埋めていきます。これでコードカラーがハッキリと出てきます。コードのトップノート(一番高い音)が、メロディと同じ音になりますので、それより高い音は不要です。また、この時、コードトーンとテンションの基礎知識は必要になりますので、理論を勉強しておきましょう。 ベースを加える 内声 ポイント 1、メロディとルートを押さえる。 2、間の弦にコードトーンを配置する (押さえられないようなポジションは除きます) テンションは不用意に低音弦へ配置しない 短2度 ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#10 〜Lage Lund〜

Phrase Analysis 裏コードアプローチ。Lageらしい、ビッグなインターバルによるラインがとてもスリリングです。シンプルなのですが、2オクターブに渡ってのアルペジオの連続は技術的にも練習が必要ですね! YouTube CD Small Club, Big City

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 3》コード進行の記憶力アップに!サイクルトレーニング

コード進行なんて、ただのサイクルの繋がり ジャズでアドリブを取る際、特定の小節数を必ずサイクルしています。一般的には32小節が多いですね。ただ32小節の中には、より細かい進行があります。そんなサイクルを考えるきっかけになれば!と思います 命名すること 動画内でも「名もなき進行」と説明していますが、実はコード進行には「名もなき進行」だらけです。こんなにも音楽に歴史があるのにね。その進行1つ1つに本当は名前をつけて整理していくと良いと思います。ポップスでも有名なものには名前が付けられていますね。一番有名なのは ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

自由な発想

学習初期のポイント 学習初期の段階では、コード進行に沿ってアドリブで演奏していきいます。まず1つの目標地点としては・・・単音だけでコード進行が感じられるように演奏するということでしょう。 しかし、毎回コード進行が感じられる(コード進行を説明する)演奏ばかりしていては、自由度はかなり低いと言っていいでしょう。歌心・・・というのが一番大切ですが、コード進行を自由な発想で捉えられると幅が広がっていきます。アドリブ・マスタークラスでは、一歩進んだアプローチを説明します。 ツーファイブワンの捉え方 まずは、IIm7 ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

歌心を優先させる

歌心が大切 ポイント メセニーの演奏にはいつもメロディックな歌がありますよね!ジャズの学習をしていくと、コード進行を追うことに必死になってしまい、段々と歌心が無くなっていき、演奏が小難しくなりがちです。そんな時に、「St.Thomas」 や「Cantaloupe Island」のような自由度が高い楽曲に対して、「何をしたらいいのか分からない」・・・と、難しく感じる時期があります。 大きく捉えて弾く メロディックに弾くことは、音楽として、きちんと考えている人にとっては「なんでこんなのが出来ないの?」と思える ...

Read More

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 1》ジャズの発音習得!音呑みのニュアンス

ニュアンスさえ出来ればジャズになる! ニュアンスだけでも出来れば、メジャースケールを弾いていてもジャズに聴こえてきます。逆にニュアンスが無ければ、ツーファイブワンのフレーズを覚えてもジャズには聴こえてきません。オルタードスケールとか、クロマチックを使ったところで同じです。まず動画講座1発目は「音」を飲んでいるようなニュアンスについて説明します。 ニュアンス=方言 ニュアンス(専門的にはアーティキュレーション<発音>と言います)は「方言のようなもの」とレッスンで指導しています。微妙なアクセントの位置や、強弱 ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#17 〜Mike Moreno〜

Phrase Analysis Cm7上でEbM7(bIIIM7)を演奏しています。このR-3-7-6-という動きがモレノらしいですね。F7上ではBbM7のアルペジオを先取りしています。2度、3度インターバル中心ではないレンジが広く抑揚のあるソロです。 YouTube CD FIRST IN MIND

Read More

data Pick up!

データ 使用弦

ジャズギタリスト使用弦データ

ジャズギタリストが使用している弦リストです。雑誌などで記事を読んだ際にメモしていたものをアルファベット順にまとめてみました。使用弦を変更している場合もありますので、記事を読んだ時点での情報となります。※またバラ弦を購入して使用している方が多いですが、Amazonのなるべく近いセットをご紹介しています。 Adam Rogers(アダム・ロジャース) 13ー16ー18ー28ー38ー49 Daddario Strings D'Addario ダダリオ エレキギター弦 NYXL Medium .011-.049 ...

Read More

Transcription データ

Joe Pass / Softly, As In A Morning Sunrise

今回はJoe Passです。私が学生の頃は「教科書的」と言われていました。とにかく一杯耳コピしました。その中でもこのレッド・ミッチェルとのDUO盤は大好きなCDの1つでした。いつも弾きまくってしまうJoe Passがこの盤ではかなり歌い上げています。レッド・ミッチェルはVocalも披露してますが、まぁこちらは雰囲気があってgoodです。 Live in Stockholm PDF file ダウンロード YouTube スコアは0:40〜です。 Analysis 6小節目 ポイント 「G7」で「A♭dim ...

Read More

Jazz Standars データ

All The Things You Are

All The Things You Are この曲はほぼ全ミュージシャンが録音しているのでは?と思うほど沢山の方が録音しているスタンダードですね!レッスンではいつもこの曲をやる時に「好きな作品を教えてください!」と言っています。生徒さんがどんなスタイルのジャズが好きなのか?を探るのにとても良いのです。私はいろいろな思い入れのある盤がありますが、「Jim HallのThree」に入っているテイクからモチーフ展開を沢山学びました。(Jimはこの曲を沢山録音しています) All The Things You ...

Read More

Jazz Standars データ

St.Thomas

St.thomas 今回はSt.thomasのギタリスト・テイクを集めてみました。レッスンでも取り入れている曲なので説明する機会が多いです。私が一番印象に残っているのはギターじゃないのですが、WOWOWのピーターバラカン氏の番組で放送されたJoshua Redman(ts)のライブ映像。ジョシュアがソロで吹き始めるのですが、最初は音数少なめで始まって、めちゃ遊んでるんです。次第にst.thomasのメロディの輪郭が出てきて、でもまだリズムは自由。完全にst.thomasに成りきった所でバンドが入ってきてテ ...

Read More

Transcription データ

Jonathan Kreisberg / Five Bucks A Bungalow

今回はJonathan Kreisbergの「New For Now」から「Five Bucks A Bungalow」の採譜です。PDFは9ページです! PDF file ダウンロード Analysis 1、2小節目 ポイント ピックアップの部分です。曲中に何度も登場するモチーフ。完全4度上がって、完全4度上がって、短3度下降。この4音がFとAとD♭から演奏されています。このFとAとD♭は長3度の間隔ですね。 クリックで拡大 8、9小節目 ポイント ブルージーなライン。ジョナサンは、こういったブルージー ...

Read More

Transcription データ

Peter Bernstein / In a Sentimental Mood

極上のDUO 今回は井上智さんとPeter BernsteinのGuitar DUOアルバム「Guitars Alone」からIn A Sentimental Moodです。 PDF file ダウンロード Analysis 個人的に面白いなと感じたところをピックアップします。 4〜6小節目 ポイント 4小節目Em7♭ーA7はB♭7ーA7に変換。後半6小節目のD7での何気ない4度音程。私はこういう箇所を度数で覚えてきました。13thから♭13thへ音を動かす時に9thを絡ませる・・・・といった具合にです。 ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.