ゼロスタート Pick up!

ジャズコード入門 ゼロスタート

ツーファイブ進行上で伴奏リズム練習

電話の番号の配置ってよく考えられていますよね。8はRoot、9は9th(2nd)と捉えないといけませんが、Two-Five-oneだけじゃなく、3-6-2、1-4-7とか綺麗に並んでます。 さて、今回は前回の枯葉に続き、Two-Five-one進行で伴奏リズムを練習しましょう。前回の記事を読んでいない方はこちらから確認しておいてくださいね。 コードダイアグラム 今回使用するコードのダイアグラムです。 PDF fileダウンロード クリックで拡大 Two-Five-One進行での色々なリズム Ex.1 ht ...

続きを読む

Pick Up!! ゼロスタート

何を考えて練習しているのか

先日、2人の生徒から同時期にこんな話を聞きました。 ボク一人だと、先生みたいにガッツリ練習出来ないんですstudent そうかぁ~。確かに私は一人でもガッツリ練習します。凹んだら余計に練習していました。練習に疲れたら採譜して、採譜しているとまた弾きたくなって練習!みたいな。狂ってましたね(汗)当時は、細かい理論なんてよく分からなかったけど、採譜したものを自分の演奏に取り入れるように、とにかく弾く。弾けなければ、分かってても楽しくなかったんですよね! チャーリー・パーカーの音遣いとか、ジョーパスの音遣いとか ...

続きを読む

ゼロスタート 譜面とリズム

4分音符は2拍を2つ分

4分音符は2拍を2つ分 「4分音符のリズムがスムーズにキャッチ出来ない方」はこのように考えましょう。 注意ポイント 4拍は「2拍が2つ分」 そんなことは、当たり前のことですか? ポイント ・・・いえいえ、そうは思いません。意外にもメトロノームに合わせて、1拍ずつ目で追っている方が多いと思います。「タン・・・・次はウン・・・・次もウン・・・」・・・という状態ですね。次第にテンポが上がっていくと、追われてしまって、スムーズに読めなくなっていきます。4拍を2拍ずつ、まとめてキャッチをするようにしてみましょう。 ...

続きを読む

アドリブ入門 ゼロスタート

Dm7フレーズ練習

今回はminor7thコード上でのフレーズです。メジャー編でも書きましたが、1日50回は演奏しましょう。こちらも音源のリズムはBebop時期を意識して少しハネ気味です。 前の記事 Dm7フレーズ練習 Ex.1 マイナー7thにおいて、メジャー7th音(ここではC#音)は非常によく使用されます。ここではルートであるD音を挟むように使用しています(1小節目1、2拍目) https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/dmphra ...

続きを読む

アドリブ入門 ゼロスタート

ツーファイブ進行上の演奏(minor Key)

前回のMajor Key ツーファイブに続き、今度はマイナーキーのツーファイブ練習です。 Major Key もう1度、注意事項を確認しておきましょう。 ポイント 1)まずは、スムーズに演奏出来るように練習しましょう。 2)次に伴奏に合わせて、演奏出来るようにしましょう。 3)譜面には書いていないレガート、アクセントなど音の出し方をよく聴きましょう。 4)譜面では表せない微妙なリズムの遅れに気を付けて演奏してみましょう。 伴奏 この伴奏音源、旧サイトから持ってきたものですが、めっちゃ重いリズムになってます ...

続きを読む

ゼロスタート 基礎知識

ジャズ演奏中は頻繁にアイコンタクトが行われている

アイコンタクト ジャズ演奏の現場では、目で合図を送るアイコンタクトをします。テーマのメロディに戻る時や、最後のエンディングのキメなどでもアイコンタクトをしますが、一般的にソロを次の人に回したい時に使用することがほとんどです。サックスが2人いて、トランペットがいて、更にピアノまで居る中でギターを弾く。そんな大きな編成では、入念なリハーサルをやらなければ次に誰がソロを取るのか分かりません。ですので、初対面の方が多いセッションほど、アイコンタクトは頻繁に行われています。 自分のソロを終える時 次にソロを渡したい ...

続きを読む

ステップアップ Pick up!

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【同ルート】同ルート上のコードトーンを答えましょう。

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 同ルート上のコードトーンを答えましょう。 今回は、コードトーンの変化の度合いを覚えて行きましょう。まずはこちら ポイント Root=Cからドミソシと積むとCM7コードとなります。 C7にしたい時はドミソ「シ♭」とします。 更にCm ...

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP3】メジャーコードの3度音を答えましょう(5秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を答えましょう 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5秒 12keyのメジャーコード ここからは12Keyのメジャーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP5】調号7つ全てのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号7つ全てのメジャーキーを答えましょう #や♭が7つ全てのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA #が4個だとE #が5個だとB #が6個だとF# #が7個だとC# ♭が1個だとF ♭が2個だ ...

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP1】調号3つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号3つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が3つまでのメジャーキーを判別します。 #が1個だとG #が2個だとD #が3個だとA ♭が1個だとF ♭が2個だとB♭ ♭が3個だとE♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間=5 ...

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP3】調号5つまでのメジャーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号5つまでのメジャーキーを答えましょう #や♭が5つまでのメジャーキーを判別します。 #が4個だとE #が5個だとB ♭が4個だとA♭ ♭が5個だとD♭ 制限時間=5秒 別バージョン 制限時間3秒 別バージョン PDF書籍版 大 ...

続きを読む

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP4】メジャーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12keyメジャーコード ここからは12Keyのメジャーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF書 ...

続きを読む

マスタークラス Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 3》コード進行の記憶力アップに!サイクルトレーニング

コード進行なんて、ただのサイクルの繋がり ジャズでアドリブを取る際、特定の小節数を必ずサイクルしています。一般的には32小節が多いですね。ただ32小節の中には、より細かい進行があります。そんなサイクルを考えるきっかけになれば!と思います 命名すること 動画内でも「名もなき進行」と説明していますが、実はコード進行には「名もなき進行」だらけです。こんなにも音楽に歴史があるのにね。その進行1つ1つに本当は名前をつけて整理していくと良いと思います。ポップスでも有名なものには名前が付けられていますね。一番有名なのは ...

続きを読む

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#19 〜Matthew Stevens〜

Phrase Analysis 高速フレーズです。16分音符でアルペジオを弾いた後の処理が耳に残ります。ここだけ聴くとAdam Rogersに通じるものがありますが、楽曲の世界観は最高です!クロマチックでの連結がとてもスムーズです。 YouTube CD ウッドワーク

続きを読む

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 13》リズムを歌う・ジャズ練習の心得

歌うこと・タップすること 今回はギターを使わないレッスンです。音楽の基本は「歌うことと、タップすること」です。最初は拍の頭を沢山打ってしまいがちですが、拍の裏を意識して打っていきましょう。ジャズ演奏の中で好きなソロがあったらとことん歌ってみましょう。空でソロを全コーラス歌えるぐらいまで聴いて歌えたら、ジャズが身体に入ってきます。 リズムに音を乗せて! 歌が歌えるようになった下記、Volume.10のように1音からリズムに乗って弾いてみてくださいね。 YouTube動画 やまだ声を出すのが恥ずかしい方は、心 ...

続きを読む

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 5》想定するコードによるライン

コード崩し ギターでは「コードの型が視覚的に見える」というメリットがあります。その1つのコードをスケールとミックスさせて発展させていきます。沢山遊んでいくと自由になれますよ。 色んなシェイプを探す。 私自身は未だにコード崩しをしています。ただ、その見えているコードが変わっているだけです。 1つのコード、1つのポジションの中でたくさんの型が見えていて、結果スケールとなっています。 YouTube動画 やまだ今回の動画にはPDFが付属しています。 PDFファイル ダウンロード 次の動画講座

続きを読む

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#2 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis #1のラインに似ていますが、CM7上での4度インターバルの使い方が既に独自の歌心を作っています。A7は裏コードEb7、Dm7はD7と捉え、やはり裏コードであるAb7を想定。最後のG7はNo.1同様に、Augmentアルペジオを利用しています。 YouTube CD Signs of Life

続きを読む

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 2》コードヴォキャブラリーを倍増させる記憶方法

ギターの仕組み Fのコードが1F上がればF#コードになる。少しギターを触ったことがある方なら当たり前のことです。では、「6弦ルートのコードを5弦ルートにするにはどうしたら良いでしょうか?」レギュラーチューニングでは、2、3弦間のみ音程が違います。そのギターの特徴を把握して今知っているコードを別の押さえ方にしてみましょう。 仕組みを知ればコードを覚える以外にもメリットが!! FからF#のような平行移動に比べると多少慣れが必要なので最初は「え〜〜と」と考えてしまうかも知れません。でも、慣れればあまり時間がかか ...

続きを読む

データ Pick up!

Transcription データ

Lage Lund / On Green Dolphin Street

今回は「YouTube」からLage Lundの「On Green Dolphin Street」の採譜です。まだSadaowskyを使用している頃ですね。動画は1度削除されましたが、少し前に再びアップされました。採譜してる方も多いテイクです。 PDF file ダウンロード YouTube Analysis 個人的に面白かった箇所をご紹介! 32小節目 ポイント Lageらしい、立体的なライン。ほんと色々なものが見えているんでしょうね〜。 クリックで拡大 47〜49小節目 ポイント 繋げ方が上手いですね ...

続きを読む

Shimizu Room Transcription データ

Donna Lee / Matteo Mancuso

YouTubeで凄い人を見つけたので採譜してみましたshimizu PDF file ダウンロード YouTube Matteo Mancuso イタリア出身のギタリストのようです。ホームページはないのでYouTubeチャンネルやFacebookでジャズからフュージョン、ハードロックまで弾き倒していて凄いです。 マッテオくんのYoutubeチャンネル

続きを読む

Transcription データ

Jim Hall / I've got you under my skin

「Bill Evans × Jim Hall」と言えば、「Undercurrent」があまりにも有名ですが、こちらの作品もなかなかです。今回はこのアルバムからコール・ポーターの名曲「I've got you under my skin」の採譜です。テーマなくいきなりジムホールのソロから始まります。 UNDERCURRENT PDF file ダウンロード YouTube 消されてしまうかも知れませんが、YouTubeに音源があります。 Analysis 今回はライン的な分析はあまりありません。 13〜16 ...

続きを読む

Shimizu Room Transcription データ

Bright Size Life / Mike moreno

Bright Size Life / Mike moreno   YouTubeよりMike MorenoのBright Size Lifeをコピーしてみました。shimizu PDF fileダウンロード YouTube 下記動画の1:29あたりから Mike Moreno こちらもオススメ!

続きを読む

Jazz Standars データ

It Could Happen To You

It Could Happen To You セッションでは定番の1曲ですね!私は師匠とよくこの曲を演奏しました。師匠は「G key」でやっていたので、街のセッションで「E♭」と言われた時に、最初は対応出来ませんでした。この曲を演奏すると師匠に習っていた頃を思い出してしまう曲です。 It Could Happen To You Barney Kessel / バーニー・ケッセル 名盤ですね。ケッセルらしい、ソロギターからの展開!超ゆったりです。 Poll Winners Lenny Breau / レニー ...

続きを読む

Transcription データ

Peter Bernstein / Nobody Else But Me

今回はPeter Bernstein の2作目のアルバム「Sign of Life」から「Nobody else but me」の採譜。まだ音楽学校生だった頃に聴いて、沢山耳コピしました。メンツも良いんですね。ブラッド・メルドー(Pf)にクリスチャン・マクブライト(Ba)グレゴリー・ハッチソン(Dr)という今では豪華なメンバー!少し前に発売された同メンバーで録音した盤も楽しかった!! Signs Live! (with Brad Mehldau, Christian Mcbride & Grego ...

続きを読む

Copyright© Mistletoe Music School Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.