Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 譜面とリズム

2分音符のリズム言葉

2分音符(にぶおんぷ) 4分音符より細かいリズムを考える前に、4分音符より長い音符について考えてみましょう。 ポイント 4分音符→2分音符(4分音符を2つ分の長さ)→全音符(4分音符を4つ分の長さ) ※全音符は2分音符を2つ分の長さとも言えますね。 クリックで拡大 2分音符のリズム言葉 4分音符が「タン」だから2分音符は「タ―――ン」・・・・・・という訳にはいきません。これではリズムをロストしてしまいます。「ター・アー」・・・と、声を出し続けながら、もう1回アクセントを置くように歌えば、リズムがよく分かり ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

とりあえず1枚!

大雑把にご紹介 好きなミュージシャンを作らないといけないのは分かったけれど、とりあえず誰を聴いたらいいか知りたい!そんな初心者の方に、とりあえず各アーティストの名盤を1枚ずつ紹介します。正直なところ1枚では全然足りません。1枚ではそのミュージシャンは語れませんので、この人カッコ良い!!と思ったら、どんどん追いかけて下さいね。ネットで探すより本でじっくり読むほうが良いですよ、下記にご紹介しているような類の雑誌を1冊持っているだけで随分違います。 ジャズマンはこう聴いた!珠玉のJAZZ名盤100 名曲・名盤の ...

Read More

ビギナークラス 譜面とリズム

歌おう!タップしよう!リズムの基本のお話

私自身も昔そうだったのですが、リズムを聴いて真似することは出来るけれど譜面を見てもサッパリ?よく分からない。ギターの指導を始めてから、沢山の方がこの状態であることを知りました。 音楽の基本は歌うこととタップすること どうしたら、リズム譜が読めるのか?それは簡単な譜面を読んで、そのリズムをタップ(手を叩くor手で何かを叩く)したり、そのリズムを口に出して読むことで改善されていきます。 ポイント いつも、リズムに乗ることは自転車に乗るようなものだとレッスンで説明しているのですが、自転車に乗れても10m先で転ん ...

Read More

ジャズコード入門 ビギナークラス

4声コード実例・枯葉を弾いてみよう!

今回は4声のコードを使用して枯葉のコード進行を弾いてみましょう。 4声のコードを把握していない方はこちらも読んでおいてくださいね。 チャールストン・ビート 今回はコードとリズムは指定します。この通りに弾けるように練習してみましょう。まずはチャールストン・ビートと呼ばれる1920年代のダンス・リズムです。少しこちらの動画を見てみましょう。「パッツパァー・パッツパァー」と軽快なラッパの音が気持ち良いですね! リズム譜 TAB https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-c ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

ジャズブルースを弾いてみよう!

それでは、実際にブルースのソロを1コーラス弾いてみましょう。前半はペンタトニックを主体に演奏しています。 後半はツーファイブのフレージングをしています。 伴奏サンプル https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/blues17.mp3 ソロ譜面 注意ポイント フレーズ練習から何度も説明していますが、上達のポイントは音源を聴いて、何度も何度もニュアンスまでそっくりになるまで真似をする事です。譜面のポジションだけを見て、音だ ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

調号の付加順序

調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。 例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/cmajor.mp3 このドレミファソラシドをレから始めてみましょう。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/ddorian.mp3 ポイント ど ...

Read More

Step up Class Pick up!

イントロ・エンディング ステップアップ クラス

Pedal を使用した定番イントロを覚えよう!!

ペダルポイント ポイント ペダルポイントは特定の音を持続させる技法です。属しているKeyのRootや5thが多いです。Barney Kesselの冒頭のintroを聴いてみましょう。親指がずっと6弦3Fにかかっていて、(G音)ずっと持続させていますね!また右手のスナップがしっかり効いていて、リズムが明確に出ていますね! Major Keyのペダルイントロ まず最初は、Major Keyでのペダルポイントを利用したイントロを覚えていきましょう。今回はF Keyで統一しています。よく演奏されるKeyということ ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #3

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #3 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/09/minor251-3.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント このフレーズは、ジャズギターを演奏している人なら1度は弾いたことがあるラインです。コードフォームを崩して演奏しています。想定 ...

Read More

ジャズコード入門 トレーニング ビギナークラス

Top Noteを固定したコードワーク

視点の切り替え 練習というのは、常に自分に厳しく取り組むのですが、少し疲れた時、またダラダラと弾いている時だってあるのは事実。観たいテレビがあって、番組を見ながら弾いていてCMの時は1分集中!!・・・みたいな そんな時、1分の間に私はよく遊んでいた練習があるので紹介します。私はコードワークが好きなのでコードの練習を頻繁に練習するのですが、覚えているスタンダードのコードを演奏を知っているコードだけで弾くのではなく、トップノートを固定することに意識します。時には固定出来ない場合もありますが、その場合は調整して ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【調判定STEP6】調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 調号7つ全てのマイナーキーを答えましょう #や♭が7つ全てのマイナーキーを判別します。 #が1個だとEm #が2個だとBm #が3個だとF#m #が4個だとC#m #が5個だとG#m #が6個だとD#m #が7個だとA#m ♭が1 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP2】Key=Cのダイアトニックコード 3度を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 Key=Cのダイアトニックコードの3度を答えましょう 今回は制限時間を短くしました!パッと答えられるまで訓練です。 では、レッツトライ!! 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 大人の音楽ドリル PDF書籍で購入をご希望の ...

Read More

アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【minor Key】ツーファイブ・フレーズ #5

ポイント アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。 minor II-V-I Lick #5 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/10/minor251-5.mp3 クリックで拡大 Analysis Point.1 ポイント Dm7♭5(9)を想定したラインです。ロクリアン・ナチュラル9th(メロディックマイナースケールの第6音から始めた音階)で演 ...

Read More

Master Class Pick up!

YouTube Lesson マスタークラス

《Lesson 16》スケールの覚え方

スケールの記憶法 久し振りに動画を作ってみました。今回は音階(スケール)の記憶方法について。私自身、学生時代に凄く苦労しました。よく使用する音階が12種類ほど、それが12keyあるわけですからね。それはもうあの手、この手で覚えようと努力しました。 変化音を覚える 動画でもご紹介しているように、生徒達にまず説明するのは、「変化しているところだけ覚えましょう」ということ。全てのスケールを、R-9th-3rd-11th-5th-13th-7thって覚えていくのは大変ですからね。最初にこうやって覚えましょう!って ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#20 〜Matthew Stevens〜

Phrase Analysis CM7上でのライン。Em7やGM7といったアヴェイラブルなアルペジオをうまく連結しています。 YouTube CD Preverbal 日本語解説付き

Read More

アドリブ・コード マスタークラス

歌心を優先させる

歌心が大切 ポイント メセニーの演奏にはいつもメロディックな歌がありますよね!ジャズの学習をしていくと、コード進行を追うことに必死になってしまい、段々と歌心が無くなっていき、演奏が小難しくなりがちです。そんな時に、「St.Thomas」 や「Cantaloupe Island」のような自由度が高い楽曲に対して、「何をしたらいいのか分からない」・・・と、難しく感じる時期があります。 大きく捉えて弾く メロディックに弾くことは、音楽として、きちんと考えている人にとっては「なんでこんなのが出来ないの?」と思える ...

Read More

アドリブ・コード マスタークラス

コルトレーン・チェンジ #1

ポイント 数回に分けて、コルトレーン・チェンジ(コルトレーン・マトリックスとも呼びます)について説明をしていきます。コルトレーン・チェンジとは ジョン・コルトレーンによって提唱されたコード進行のサイクルで、代表作は「Giant Steps」です。(それまでも存在したかも知れませんが、これほど大胆に使用したのはGiant Stepsが初めてです。)この進行の登場により、機能的なコード進行の展開は1つの完成形となったように思います。その先は「非機能的な和声の展開」へと繋がっていきます。 長3度サイクル これを ...

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#7 〜Kurt Rosenwinkel〜

Phrase Analysis 初期の作品から。V7-Iという進行のトニックをVIm7と仮定し、VIm7に向かうドミナントモーションを弾いています。【Original】Fm7 Bb7 Eb【トニック代理】Fm7 Bb7 Cm7【トニック代理へのドミナントモーション】Fm7 G7 Cm7【他の代理へのドミナントモーションも可】Fm7 D7 Gm7 YouTube CD Intuit

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#25 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis ジョナサンらしいワイドなインターバルを使用したリック。3度インターバルを含まず、完全5度と完全4度のみを用いてスリリングに聴かせています。またコード感はないので、色々なコードに応用が出来そうです。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

data Pick up!

Jazz Standards データ

Blue Bossa

Blue Bossa 今回は「Blue Bossa」のギタリスト・テイクをご紹介します。この曲はジャズを初めてすぐに覚えた楽曲の1つです。当日はインターネットも無かったので、新しい曲を覚えたらディスク・ガイドを見て、都内中の中古CDショップを回って、入っている盤を探すことが多かったです。まだ知らないアーティストのテイクを見つけた時は凄く嬉しかった。家に帰って聴くとのが楽しみで仕方なかった記憶があります。ご飯食べるより、CDを買いたかった当時を思い出します。やっぱりPat Martinoのテイクが印象に残っ ...

Read More

Shimizu Room Transcription データ

Mike moreno / Bright Size Life

Bright Size Life / Mike moreno   YouTubeよりMike MorenoのBright Size Lifeをコピーしてみました。shimizu PDF fileダウンロード YouTube 下記動画の1:29あたりから Mike Moreno こちらもオススメ!

Read More

Jazz Standards データ

The Days Of Wine And Roses

酒バラ 今回は「酒と薔薇の日々」のギタリスト・テイクを集めてみました。個人的にはジャズを始めて間もない頃に聴いたウェスのゆったりした演奏と、パット・マルティーノの盤が印象に残っている曲です。 映画DVDDays of Wine and Roses The Days Of Wine And Roses Pat Martino /パット・マルティーノ 名盤です。初めて聴いた時は圧倒されました。 イグジット Wes Montgomery/ ウェス・モンゴメリー 名盤、オルガントリオ ボス・ギター+2 Jimmy ...

Read More

Jazz Standards データ

It Could Happen To You

It Could Happen To You セッションでは定番の1曲ですね!私は師匠とよくこの曲を演奏しました。師匠は「G key」でやっていたので、街のセッションで「E♭」と言われた時に、最初は対応出来ませんでした。この曲を演奏すると師匠に習っていた頃を思い出してしまう曲です。 It Could Happen To You Barney Kessel / バーニー・ケッセル 名盤ですね。ケッセルらしい、ソロギターからの展開!超ゆったりです。 Poll Winners Lenny Breau / レニー ...

Read More

Transcription データ

Jimmy Raney / Everything I Love

今回はJimmy Raney 晩年の作品「Wisteria」から。トミーフラナガン(Pf)ジョージ・ムラツ(Ba)というドラムレストリオで、ジャズギターらしい心地良い作品から、コール・ポーターの名曲「Everything I love」です。「Wisteria」は植物の「藤」を意味します。藤棚を見ているかのような素敵なサウンドです。 PDF file ダウンロード Analysis 8、9小節目 ポイント Jimmy Raneyはプログレッションを想定して演奏することが多々あります。ここではCm7とB♭m ...

Read More

Transcription データ

追悼 Ed Bickert / Nica's Dream /Transcription

Ed Bickert その演奏が大好きで大好きで、今から17年前、20代の頃にカナダのトロントまで追いかけていったギタリストが2019年2月28日に逝去しました。Ed Bickertの演奏を最初に知ったのはPaul Desmondのアルバムだったと思います。良いソリストよりも、良い伴奏者になりたかった当時の私はEd Bickertのハーモニーの虜となり、演奏を追い続けました。1990年代でもCDはなかなか手に入らなくて都内の中古屋さんをとにかく探し回った記憶があります。Concordのレーベルに入っている ...

Read More


耳コピ分析

Twitterに投稿した耳コピ譜面を分析。
どんなところが面白いのか、素敵なのか?Twitterより細かく書いていこうかと思います。

George Benson / Billie's Bounce


Twitterの記事はこちら!カッコ良かったら「いいね」お願いします!

YouTube

47秒〜



Analyze


分析はMistletoe Memberさん限定記事です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . あなたは会員ですか ? 会員について

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.