記事ピックアップ!

Transcription データ

Jonathan Kreisberg / Five Bucks A Bungalow

今回はJonathan Kreisbergの「New For Now」から「Five Bucks A Bungalow」の採譜です。PDFは9ページです! PDF file ダウンロード Analysis 1、2小節目 ポイント ピックアップの部分です。曲中に何度も登場するモチーフ。完全4度上がって、完全4度上がって、短3度下降。この4音がFとAとD♭から演奏されています。このFとAとD♭は長3度の間隔ですね。 クリックで拡大 8、9小節目 ポイント ブルージーなライン。ジョナサンは、こういったブルージー ...

続きを読む

Transcription データ

Lage Lund / Darn That Dream

ポイント 今回は「Lage Lund」のスタンダードアルバムから「Darn That Dream」。バラードのこの曲をアップテンポアレンジ。音の内容も勉強になりますが、それ以上に、メロディの展開、シングルノートと和音のバランスなど、音楽的なソロの構築方法が学べました。PDFは7ページです。 PDF file ダウンロード Standards Youtube こちらでもアップテンポアレンジですね! Analysis 19〜22小節目 このモチーフ展開がとっても好きです。すごくストーリーを感じます。 36、3 ...

続きを読む

Transcription データ

Steve Cardenas / Across The Way

今回はSteve Cardenasの1999年のアルバム「Shebang」から1曲目の「Across The Way」の採譜です。派手さはないけれど、センスの良い音遣いとタッチ、ナチュラルなトーンとメロディ感がとっても心地良いアルバムです。 PDF fileダウンロード Analysis 15、16小節目 ポイント どことなく「Pat Metheny」を感じる歌心。でも、メセニーとは少し違うタッチ。こういう田舎の風景を感じさせるメロディ、私は結構好きです。カーディナスの演奏には、随所にこういった歌が入って ...

続きを読む

ステップアップ フレーズ分析

Jazz Phrasing Analysis#31 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis IIm7-V7-IM7進行にクリシェを導入した良いフレーズです。Ebm ~ EbmM7 ~ Ebm7 ~ Ab7と連結しています。 YouTube CD Signs of Life

続きを読む

ステップアップ フレーズ分析

Jazz Phrasing Analysis#18 〜Mike Moreno〜

Phrase Analysis ナチュラルテンションを使用する7thコードでbVIIM7のアルペジオを連結しています。こちらも#17同様、広いレンジ行き来しています。マイクの効率の良いピッキングとフィンガリングから生まれてきているのでしょう。 YouTube CD Lotus

続きを読む

YouTube Lesson ステップアップ

《Lesson 2》コードヴォキャブラリーを倍増させる記憶方法

ギターの仕組み Fのコードが1F上がればF#コードになる。少しギターを触ったことがある方なら当たり前のことです。では、「6弦ルートのコードを5弦ルートにするにはどうしたら良いでしょうか?」レギュラーチューニングでは、2、3弦間のみ音程が違います。そのギターの特徴を把握して今知っているコードを別の押さえ方にしてみましょう。 仕組みを知ればコードを覚える以外にもメリットが!! FからF#のような平行移動に比べると多少慣れが必要なので最初は「え〜〜と」と考えてしまうかも知れません。でも、慣れればあまり時間がかか ...

続きを読む

Transcription データ

Mike Moreno / Airegin

今回は私が大好きなギタリストMike Moreno。Youtubeのテイクの「Airegin」です。何が好きって、楽曲と音楽を構築していく様とか壮大な世界観、そしてラインのセンスです。お届けする前に、まず変拍子のイントロから。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/mm_aireginintro.mp3 クリックで拡大 さて次に、12ページの採譜ファイルです。実はこれ生徒に採譜してもらったものなのですが、出来上がっ ...

続きを読む

ジャズの知識・練習方法・心構え

ゼロスタート 譜面とリズム

音符の名称と長さを覚えましょう

音符の名前を覚えていきましょう。レッスンをしていると、「こういうのは小学校の音楽の授業以来です」という方も少なくありません。恥ずかしがらずに^^ 基準は4分音符 音楽を複数の楽器と一緒に演奏をする際、基準となる音楽のスピードを決めて演奏しなければ音楽は崩壊してしまいます。その速さをBPMと数字で表すことを先の記事で説明しました。 先の記事 ポイント その基準となる音楽のスピードはどの音符なのか?よく、みんなで歌う時に「ワン・トゥー・スリー・フォー」とカウントしますよね。これが基準となる音符、4分音符と呼ば ...

続きを読む

アドリブ入門 ゼロスタート

アルペジオ実例<枯葉に挑戦>

枯葉の最初の8小節を利用してアルペジオを含むフレーズを演奏してみましょう。まずは枯葉のコード進行の確認です。最初の8小節は以下のようになっています。 ベースラインを弾きたい方はTABを弾いてみてください。 音源の伴奏は下記の記事通りです。 前の記事 アルペジオを使用した枯葉 Ex.1 Cm7とB♭M7とAm7♭5にアルペジオ・フレーズを導入 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/autumnsolo1.mp3 クリ ...

続きを読む

アドリブ入門 ゼロスタート

Cメジャーフレーズとその応用

自由に弾くために! ポイント ドレミファソラシド(C メジャースケール )だけで自由に、且つカッコ良く弾いてみたいですよね。ロックやポップスでもコピーを最初にやっていきますが、ジャズも例外なく、コピーから入ることをオススメします。 Cメジャースケール の練習方法 1)TAB譜を見ても構いません。まずはスムーズに弾けるようにしましょう。 スムーズに弾けなければ、テンポに乗って弾くことが出来ません。 Cメジャーの中に入れてみましょう。 アドリブの中で、使用することが出来て初めて効果があります。 分析して応用し ...

続きを読む

アドリブ入門 ゼロスタート

チャーリーパーカーから学ぶアプローチノート

ポイント ジャズの即興演奏では、音を装飾するための「アプローチ・ノート」を沢山使用します。アプローチ・ノートは1音とは限りませんが、必ず半音でアプローチするラインが含まれ、アプローチするターゲットの音は、たいていコードトーンとなります。 半音階=ジャズ感を感じる要素の1つ 「半音階がジャズらしいから!」と、いきなり演奏せずに、まずは楽曲から学んでみましょう。キーは全て「C」キーへ変換してあります。下記のようなCメジャーコードの構成音をどのようにアプローチしているか?を真似してみましょう クリックで拡大 B ...

続きを読む

ゼロスタート 基礎知識

フォーバースって何のこと?

バー = 小節線 barとは、小節線を意味します。つまりフォーバース(4bars)とは4小節のことを意味します。エイトバース(8bars)は8小節ですね。 ポイント 4bars(フォーバース)はソロを4小節ずつ交代で演奏していくことです。 8bars(エイトバース)も同様に、ソロを8小節ずつ交代で演奏していきます。 バースはいつやるの? ポイント 一般的には、全員のソロが終わった後、テーマに戻る前に演奏されます。 バースはどうやってやるの? ドラムがいる場合は、たいていドラムのソロスペースとして演奏するこ ...

続きを読む

ジャズコード入門 ゼロスタート

ジャズで使用するベーシックなコードを押さえてみよう

ジャズコードとは? ロックではRootと5thだけを押さえたパワーコードをよく使用しますが、Rootと5thだけのサウンドはとても重いサウンドとなります。ジャズでは、重さよりも、よりお洒落な色合いが欲しいのです。ということで、 ポイント ジャズコードの基本はRoot+3度+7度からなる3声の和音です。 これをベーシックコードと呼ぶことにします。一般的なジャズコードの多くはこの3声ベーシックコードに1音を足すことで出来ています。 ベーシックな3声の和音 やまだ押さえ方は2弦にどの音を加えるか?によって変化し ...

続きを読む

ゼロスタート 初級理論

Chord Name(コードネーム)の仕組み

3音以上の高さの違う音が同時に鳴った時、それを和音(コード)と呼びます。その音の集合体には何の音が入っているかを表示する記号(コードネーム)がつけられます。コード表記は大きく分けると次のように「記入すべき場所」が分けられています。 コードネームの記述 クリックで拡大 Root 「C」「A♭」「F#」といったRoot(ルート)と呼ばれるアルファベットを記入します。この音からの音程(音と音の距離)をはかります。 3rd Rootから半音3、4個離れた音です。この3度はコードの明暗を分けます。長3度の場合は何も ...

続きを読む

新着記事

Copyright© Mistletoe Music School Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.