Beginner Class Pick up!

ビギナークラス 譜面とリズム

小節と拍子について覚えましょう

今回は小節と拍子について学んでいきましょう。 小節 ある特定のジャンルを除き、楽譜には必ず小節があります。 注意ポイント しかし、この段階では、この1つの小節に何拍音を入れるのかは分かりません。 そこで「拍子記号」を入れていきます。この拍子記号により1小節の長さを○○音符が○個入る長さとして決めていきます。 様々な拍子 ポイント 分母の数字が「音符の種類」、分子の数字が「小節内の数」を表します。 4分の4拍子 4分音符(分母)が4つ(分子)入る長さを1小節としています。先の記事で4分音符の長さを100%と ...

Read More

Pick Up!! ビギナークラス

自分の価値を高める?ステージ(本番)の心構え

自信の無さが音に乗る レッスンでの質問でした。 student「自分で伴奏を録音すると、なんだか暗いんです」 「暗いって、どういうことでしょう?」私は一瞬わかりませんでした。伴奏の音は合っています。演奏方法も合っています。残るはタッチですね。音を出すのが弱過ぎて「リズムがはっきりしないぼやけたサウンド」となっていました。生徒様はそれを「暗い」という言葉で表現していました。「録音する」ということで「間違えてはいけない」と弱いタッチになってしまっていたのでしょうね。 ポイント 自信の無さは音に乗ってしまいます ...

Read More

ビギナークラス 初級理論

音程の名称

Interval 音の音程(インターバル)の最小単位は半音です。「音程」とは、ある音からある音までの間に、どのくらいの音程差があるのか。つまりは、 ポイント ある音とある音の間に半音がいくつ挟まれているかを瞬時に分かるように、名称をつけたものになります。 もっとも、有名なものは半音12個離れた音で、これを1オクターブと呼びます。「ドから高いド」、「レから高いレ」、「ファ#から低いファ#」、全て1オクターブという音程名称であり、その音と音の間には12個の半音があります。それでは、全ての名前を覚ていきましょう ...

Read More

ビギナークラス 基礎知識

ジャズ演奏中は頻繁にアイコンタクトが行われている

アイコンタクト ジャズ演奏の現場では、目で合図を送るアイコンタクトをします。テーマのメロディに戻る時や、最後のエンディングのキメなどでもアイコンタクトをしますが、一般的にソロを次の人に回したい時に使用することがほとんどです。サックスが2人いて、トランペットがいて、更にピアノまで居る中でギターを弾く。そんな大きな編成では、入念なリハーサルをやらなければ次に誰がソロを取るのか分かりません。ですので、初対面の方が多いセッションほど、アイコンタクトは頻繁に行われています。 自分のソロを終える時 次にソロを渡したい ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

minor jazz blues

ポイント ジャズではマイナーブルースもよく演奏されます。「Mr.PC」「Stolen Moments」「Israel」「Interplay」などなど。まずはコード進行から確認してみましょう。 マイナーブルースのコード進行 メジャーキー同様にマイナーブルースのコード進行を度数化してみましょう。 クリックで拡大 下記のように演奏することもあります。 クリックで拡大 C minor Blues https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/20 ...

Read More

アドリブ入門 ビギナークラス

アルペジオ実例<枯葉に挑戦>

枯葉の最初の8小節を利用してアルペジオを含むフレーズを演奏してみましょう。まずは枯葉のコード進行の確認です。最初の8小節は以下のようになっています。 ベースラインを弾きたい方はTABを弾いてみてください。 音源の伴奏は下記の記事通りです。 前の記事 アルペジオを使用した枯葉 Ex.1 Cm7とB♭M7とAm7♭5にアルペジオ・フレーズを導入 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/07/autumnsolo1.mp3 クリ ...

Read More

Step up Class Pick up!

イントロ・エンディング ステップアップ クラス

循環進行によるイントロを極めよう!! #2

循環進行によるイントロを極めよう!! #2 ポイント 前回の記事で「短い小節数で遊ぶ、どんどん作る」と記載しました。今回は「IM7-VIm7(VI7)-IIm7」までの進行を練習して見ましょう。一通り演奏してみたら、自分自身で作ってみてくださいね。 前回の記事 Ex.1 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/12/intro7.mp3 クリックで拡大 Ex.2 https://mistletoemusicschool.c ...

Read More

ジャズコード入門 トレーニング ビギナークラス

Top Noteを固定したコードワーク

視点の切り替え 練習というのは、常に自分に厳しく取り組むのですが、少し疲れた時、またダラダラと弾いている時だってあるのは事実。観たいテレビがあって、番組を見ながら弾いていてCMの時は1分集中!!・・・みたいな そんな時、1分の間に私はよく遊んでいた練習があるので紹介します。私はコードワークが好きなのでコードの練習を頻繁に練習するのですが、覚えているスタンダードのコードを演奏を知っているコードだけで弾くのではなく、トップノートを固定することに意識します。時には固定出来ない場合もありますが、その場合は調整して ...

Read More

ステップアップ クラス ソロギター入門

アルペジオ(奏法&分散和音)

アルペジオ ポイント 次にコードをアルペジオ奏法で演奏してみましょう。ゆっくりと静かに始めたい場合はとても良いですね。今回はシンプルなヴォイシングで記載していますが、様々な手法を導入して、Joe Passのように出来たら素敵ですね。 アルペジオ奏法 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2019/01/sologuitar_arpeggio.mp3 クリックで拡大 分散和音 ポイント アルペジオは、アルペジオ奏法ではなく、分散和音 ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【Final Step】1秒以内に3度音を答えましょう

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 メジャーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 制限時間5秒・・・3秒・・・と進めてきましたが、ついに今回は1秒です。 メジャーコードに絞って出題をします。やまだ マイナーコードの3度音を1秒以内に答えましょう 次はマイナーコード ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【同ルート】同ルート上のコードトーンを答えましょう。

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 同ルート上のコードトーンを答えましょう。 今回は、コードトーンの変化の度合いを覚えて行きましょう。まずはこちら ポイント Root=Cからドミソシと積むとCM7コードとなります。 C7にしたい時はドミソ「シ♭」とします。 更にCm ...

Read More

トレーニング リアルタイム音楽ドリル

【STEP6】マイナーコードの3度音を答えましょう(3秒)

大人の音楽ドリル(山田忍著)公開から7年・・・音楽ドリルをついに動画化!!音楽には高度な理論云々よりも、しっかりと理解しておいた方が良い知識があります。キーや度数、コード構成音、スケールなどを記憶するには反復練習しかありません!動画でリアルタイムに訓練&理解度を確認しましょう。 マイナーコードの3度音を答えましょう 制限時間=3秒 別バージョン 制限時間=3秒 12key マイナーコード ここからは12Keyのマイナーコードの3度音のトレーニングです。 別バージョン PDF書籍版 大人の音楽ドリル PDF ...

Read More

Master Class Pick up!

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#3 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis A7上の裏のツーファイブを想定しています。Eb7(裏コード)→Bbm7 Eb7(ツーファイブ化)更には、音符の区切りが非常にユニークです。A7最初の1音(Bb音)を除き、5音で一つのグループを作っていますね。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#25 〜Jonathan Kreisberg〜

Phrase Analysis ジョナサンらしいワイドなインターバルを使用したリック。3度インターバルを含まず、完全5度と完全4度のみを用いてスリリングに聴かせています。またコード感はないので、色々なコードに応用が出来そうです。 YouTube CD NEW FOR NOW

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#24 〜Gilad Hekselman〜

Phrase Analysis ほぼ1発での演奏ですが、後半とってもユニークな音遣いをしていますね。私的にはフリジアンのメジャーのような感じで捉えるとしっくりきます。R・b9・3・11・5・b13・7。ヘクサトニック(6音の音階)と捉えても良いでしょう。 YouTube CD SplitLife

Read More

フレーズ分析 マスタークラス

Jazz Phrasing Analysis#20 〜Matthew Stevens〜

Phrase Analysis CM7上でのライン。Em7やGM7といったアヴェイラブルなアルペジオをうまく連結しています。 YouTube CD Preverbal 日本語解説付き

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

自由な発想

学習初期のポイント 学習初期の段階では、コード進行に沿ってアドリブで演奏していきいます。まず1つの目標地点としては・・・単音だけでコード進行が感じられるように演奏するということでしょう。 しかし、毎回コード進行が感じられる(コード進行を説明する)演奏ばかりしていては、自由度はかなり低いと言っていいでしょう。歌心・・・というのが一番大切ですが、コード進行を自由な発想で捉えられると幅が広がっていきます。アドリブ・マスタークラスでは、一歩進んだアプローチを説明します。 ツーファイブワンの捉え方 まずは、IIm7 ...

Read More

アドリブマスタークラス マスタークラス

7th Chord 1発での演奏アイデア - Dominant 7th Work out #1-

B♭7 chord 今回から7thコード1発での演奏アイデアを解説していきます。伴奏はB♭7コード1発。The Chicken 風にしました。こちらの音源も旧サイト(Cycle of Jazz)から持ってきたため、ノイズ一杯で聴き辛いですが、参考にしてください。 Score クリックで拡大 Analysis 細かく分析していきましょう! 【1小節目】B♭Major Pentatonic Scale 【2小節目】Approach to D(3rd) 【2小節目】Slide to D 【3小節目】Blue N ...

Read More

data Pick up!

Transcription データ

Lage Lund / You Do Something To Me

今回はLage Lundの初期の作品「Early Songs」からコールポーターの名曲「You Do Something To Me」です。最近はかなりオリジナリティのある演奏をしていますが、このテイクでは現在のようなダークさはあまりなく、とても明るく快活な演奏です。次々に出てくるラインは圧巻ですよ!それでは、PDF9ページです。 PDF file ダウンロード EARLY SONGS YouTube Analysis Lageの演奏にはリズミック・モチーフ展開、音型のモチーフ展開が随所に導入されています ...

Read More

Jazz Standards データ

You'd be so nice to come home to

You'd be so nice to come home to Cole Porter作曲のABAC形式32小節の楽曲。個人的にはJim Hallの名盤「アランフェス協奏曲」の1曲目に入っていた、少し早めのテイクをよく聴きました。各人のソロ展開に凄く惹かれました。のちにアウトテイクが発表されました。聞き比べると、とても面白いですね。テーマの弾き方から参考になります。 You'd be so nice to come home to Tal Barlow / タル・ファーロウ Cookin on All ...

Read More

Transcription データ

Mike Moreno / Airegin

今回は私が大好きなギタリストMike Moreno。Youtubeのテイクの「Airegin」です。何が好きって、楽曲と音楽を構築していく様とか壮大な世界観、そしてラインのセンスです。お届けする前に、まず変拍子のイントロから。 https://mistletoemusicschool.com/blog/wp-content/uploads/2018/06/mm_aireginintro.mp3 クリックで拡大 さて次に、12ページの採譜ファイルです。実はこれ生徒に採譜してもらったものなのですが、出来上がっ ...

Read More

データ 使用弦

ジャズギタリスト使用弦データ

ジャズギタリストが使用している弦リストです。雑誌などで記事を読んだ際にメモしていたものをアルファベット順にまとめてみました。使用弦を変更している場合もありますので、記事を読んだ時点での情報となります。※またバラ弦を購入して使用している方が多いですが、Amazonのなるべく近いセットをご紹介しています。 Adam Rogers(アダム・ロジャース) 13ー16ー18ー28ー38ー49 Daddario Strings D'Addario ダダリオ エレキギター弦 NYXL Medium .011-.049 ...

Read More

Jazz Standards データ

Beautiful Love

Beautiful Love Victor Youngの名曲「Beautiful Love」です。私は「Michel Petrucciani」と「Jim Hall」、そして「Wayne Shorter」の盤での演奏が特に好きです。(Wayne shorterはBeautiful Loveは演奏していません)Jim Hallのメロディの崩し方がとってもカッコいいし、音遣いも学べることが豊富。Michel Petruccianiのコンピングはとっても面白い。後にDVDでも発売されましたが、映像と音が少しズレて ...

Read More

Transcription データ

追悼 Ed Bickert / Nica's Dream /Transcription

Ed Bickert その演奏が大好きで大好きで、今から17年前、20代の頃にカナダのトロントまで追いかけていったギタリストが2019年2月28日に逝去しました。Ed Bickertの演奏を最初に知ったのはPaul Desmondのアルバムだったと思います。良いソリストよりも、良い伴奏者になりたかった当時の私はEd Bickertのハーモニーの虜となり、演奏を追い続けました。1990年代でもCDはなかなか手に入らなくて都内の中古屋さんをとにかく探し回った記憶があります。Concordのレーベルに入っている ...

Read More

New Post

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.