会員限定記事 耳コピ分析

【耳コピフレーズ分析 Vol.1】Jim Hall / Twister


耳コピ分析

Twitterに投稿した耳コピ譜面を分析。
どんなところが面白いのか、素敵なのか?Twitterより細かく書いていこうかと思います。

Jim Hall / Twister


Twitterの記事はこちら!カッコ良かったら「いいね」お願いします!

YouTube

9分9秒からTwistter、13分ぐらいから刻みが始まります



Analyze


分析はMistletoe Memberさん限定記事ですが、今回の記事は第1段ということでサンプルとして公開しています。

限定ページ(ログインすると見られる箇所)

難易度は関係なく、手元の譜面をデータ化しようと思った時に「Twitter」とタイトルが似ているのでこの曲からアップしよう!って決めました(笑)譜面のほとんどは学生時代に採譜したものなので、データ化する際に採譜し直したものもあります。今回は最初なので、未公開の部分の譜面も取り上げます(沢山取り上げたいので、今後はTwitterでご紹介した部分のみになります)さて、今回はJim Hallの刻みの部分です。Harmonized Bass Lineと呼ばれる技術。Bill Evansとの名盤Undercurrentに収録されているMy Funny Valentineが有名ですけど、このテリークラークとのDUOもまた秀逸。ドラムとDUOでなかなかこんな風には演奏出来ません。

譜面


分析

循環進行には半音上から

1〜4小節目はE Keyの循環進行 E7-C#7-F#m7-B7です。全て半音上からアプローチをしています。

5〜8小節目

5小節目が1コーラスの頭です。E7とB7を繰り返すただのドミナントアプローチですが、リズムのキレが素晴らしいですね。

11、12小節目

E7からはC#7(VI7)までは半音進行ですね。通常のブルースだと
E7-A7-G#m7-C#7となるのが一般的ですが、A7の裏コードでE♭7、G#m7をG#7にして裏コードD7です。

13小節目

ツーファイブの箇所はネタとして覚えておくといいですね。1つずつ説明すると、F#m7、C#7/G#、A7、A#7、(C#7はF#m7のドミナント)(A7はF#m7の3度をベースに持ちますがB7へのダブルクロマチックアプローチ)

14小節目

B7、C7、B7、F7(C7はクロマチックアプローチ)(F7はB7の裏コード)

15、16小節目

ここでも冒頭と同じような循環進行を半音上からアプローチしています。

19、20小節目

E7からA7へと繋がるライン。2拍目の♭7thベースからクロマチックの動きがとってもスムーズです。

23、24小節目

1コーラス目と違う箇所を裏進行。元はE7-A7-G#m7-C#7です。B♭7はE7の裏。E♭7はA7の裏。G#m7は7th化させています。

25小節目

F#m7、F#m7/A、C#7/G#、Gm7(F#m7/Aは3度ベース展開、C#7/G#はドミナントアプローチの5度ベース、Gm7は次のF#m7へのクロマチックアプローチ)

26小節目

ツーファイブ分割のアプローチですね。本来は25、26小節目でF#m7-B7となるところを、F#m7、F#m7-B7としています。ベーシストは普通にやっていきます。

29小節目〜

Jim Hallを聴いていると耳にタコが出来るぐらいこのコードが聴き取れます。Diminishの4度堆積コードと捉えています。

39、40小節目

I-IV-#IVdim-Iは定番の終わり方です。覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-会員限定記事, 耳コピ分析

© 2020 Mistletoe Jazz Class