他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

【耳コピフレーズ分析 Vol.4】Barney Kessel / St.Thomas

目次

Barney Kessel / St.thomas


YouTube

44秒〜あたりからです。

Analyze

譜面

分析


「St.Thomas」は上記、記載ジャケットの「Jerry Beans」というアルバムに収録されていますが、今回はYouTubeから最初の2コーラスの採譜です。ケッセルらしい明朗な歌い回しが良いですね。

■1〜3小節目と5〜7小節目が同じような歌い回しになっています。コール&レスポンス的な演奏。1〜3小節目が「問いかけ」、5〜7小節目が「answer的」です。どちらも前小節の4拍目から「ミファソ」と入っていることも大切です。

■9、10小節目は同音型での下降。こういったラインを弾く際は、辿り着く場所をイメージしています。今回はA7の3拍目のE音ですね。

■11小節目の4拍目の裏のB音は次のG7の先取りと考えましょう。めちゃくちゃ細かいですが、些細な所まで分析していきます。

■続く2コーラス目でも、コール&レスポンス的な歌い回しをしています。21、22小節目のD音の装飾、E音の装飾、G音の装飾と、Cメジャースケールの音を装飾しています(F音はAvoid Noteなので狙わない)ジャズのラインのポイントはこういった装飾にあります。(勿論、ほかにもリズム、アーティキュレーション、サウンドなどありますけどね)

■25小節目から、1コーラス目と同様の平行移動のアプローチ。27、28小節目も1コーラス目と同じようなポジションを取っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる