ビギナークラス 初級理論

ドミナントモーション(Dominant Motion)

投稿日:


今回はドミナント・モーション(Dominant Motion)について、これもよく聞く言葉ですね!「コード進行は人生だ!」とよく説明しています(かなり大袈裟ですが)色々な地を巡り巡って自分の国へ着陸するようなものです。

ドミナント・モーションの成立条件


ドミナント・モーションを成立するためには2つの条件があります。

コードが完全4度上へ進行する事

ツーファイブ同様に指板上で見ると楽ですね。6弦から同フレットの5弦に進行すると完全4度上です。もちろん、5弦から同フレットの4弦へ進行しても完全4度上です。

トライトーン(三全音)が反行する

全音×3個の音程を「トライトーン」と呼びます。日本名では「三全音」。Aug4(dim5)インターバルです。このインターバルがそれぞれ反対の方向へ進行します。


勿論、トライトーンの位置を入れ替えても成立します。

まとめ

このRootが完全4度上へ進行する事と、トライトーンが反行する事。同時に起こった時が「ドミナント・モーション(Dominant Motion)となります。


ポイント

ただ、そんなに難しく考えなくても、Major Keyで「V7ーIM7」、minor Keyで「V7ーIm7」で、ドミナントモーションは成立します。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ビギナークラス, 初級理論

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.