ビギナークラス 初級理論

調号の付加順序

2018年6月24日


調号とはどの音から音階を始めても「ドレミファソラシド」に聴こえるように「音を調整する記号」です。

例えば、下記は「ドレミファソラシド」です。

このドレミファソラシドをレから始めてみましょう。

ポイント

どこか暗い感じがすると思います。#(シャープ)を付けてドレミファソラシドに聴こえるように調整すると次のようになります。ここではFとC(ファとド)にシャープを付けました。

さて、この#(シャープ)や♭(フラット)はランダムに付けられているわけではなく、付いていく順番が次のように決まっています。

ポイント

#(シャープ)はFCGDAEB(ファドソレラミシの順に付いていきます)
♭(フラット)はBEADGCF(シミラレソドファの順に付いていきます)

例えば、FとGの2音だけに#が付いたり、DとCだけに♭が付く調号は存在しません。#が2個付くのであれば必ずFとCに。フラットが2個付くのであれば必ずBとEに付きます。

ポイント

このファドソレラミシとシミラレソドファ、正反対になっている点に注意して丸覚えしましょう。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ビギナークラス, 初級理論

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.