ビギナークラス 初級理論

ダイアトニックコード(Diatonic Chord)

投稿日:


今回は「ダイアトニック・コード(Diatonic chord)について学びましょう。

ポイント

メジャースケールのそれぞれの音から3度重ねをして4声のコード(高さの違う4音のグループ)を作りましょう。こうして出来た7つのコードの総称をダイアトニック・コード(Diatonic Chord)と呼びます。

クリックで拡大


重ねていく音は必ずメジャースケール内の音を使用します。キーが「F」になれば全てのB音に♭が付きます。

クリックで拡大

覚え方

ここで、上記2つのダイアトニック・スケールの類似している部分に着目します。メジャースケールの1つ目のコードは「M7コード」、2つ目は「m7コード」、3つ目も「m7コード」、4つ目は「M7コード」・・・と、ルートは違うけれど、全て同じコードタイプになっています。音は違いますけど、どちらもメジャースケールの音だけを使用しているからです。

丸覚えしましょう!

ⅠM7、Ⅱm7、Ⅲm7、ⅣM7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶm7♭5

他のキーでも確認しましょう


例えば、D♭のダイアトニックコードを知りたい場合。D♭キーはフラットが5個付きます(シ・ミ・ラ・レ・ソ)。DEFGABCと順に並べたところに、フラットを付加すると「D♭・E♭・F・G♭・A♭・B♭・C」

 

あとは、先ほどの「ⅠM7、Ⅱm7、Ⅲm7、ⅣM7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶm7♭5」を順に置くだけでD♭キーのダイアトニックが完成します。

クリックで拡大

2段目、フラットが一杯で見辛いですが、調号を書いてしまえばスッキリですね!(3段目)


ⅠM7、Ⅱm7、Ⅲm7、ⅣM7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶm7♭5
この7つのコードがダイアトニックコード(Diatonic Chord)です。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ビギナークラス, 初級理論

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.