ステップアップ ソロギター入門

コードのカラーを加える

投稿日:


次のステップ

ベースを加えた後は、メロディとの間の音(内声)を埋めていきます。これでコードカラーがハッキリと出てきます。コードのトップノート(一番高い音)が、メロディと同じ音になりますので、それより高い音は不要です。また、この時、コードトーンとテンションの基礎知識は必要になりますので、理論を勉強しておきましょう。

内声

ポイント

1、メロディとルートを押さえる。

2、間の弦にコードトーンを配置する

(押さえられないようなポジションは除きます)

テンションは不用意に低音弦へ配置しない


短2度、長2度の音程を作らない

TAB

クリックで拡大

親指で一本でぽろろんと・・・

まだまだ、アレンジをする段階ではありませんからね、少し寂しいですが、この段階でも「親指1本」でポロロンと弾けば素敵だと思います。ジャズは次々に課題が出てきますから、大切なのは「今を楽しむこと」ですよ。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ステップアップ, ソロギター入門

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.