他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #5

ポイント

アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習と、 ラインの分析をして、応用をさせていきましょう。

目次

Major II-V-I Lick #5

Analysis Point.1

ポイント

テンションノート(9th)から始まっていますが、レガートで音を飲ませています。こういったニュアンスがジャズらしさを生み出します。最初はコードの型を崩すようにフレージングを考えると応用がききやすいですよ。

コードの型からフレーズを作る(コード崩し)

Analysis Point.2

ポイント

B音(3rd)からG音(Root)へのアプローチ、C#音はD音(5th)へのアプローチ。アプローチを連結させています。以前のアプローチ記事も参考にしてみてください。

コードトーンへのアプローチ

あわせて読みたい
チャーリーパーカーから学ぶアプローチノート 【半音階=ジャズ感を感じる要素の1つ】 「半音階がジャズらしいから!」と、いきなり演奏せずに、まずは楽曲から学んでみましょう。キーは全て「C」キーへ変換してあ...

あわせて読みたい
3度音へのアプローチ 【Cメジャーコードの3度音(E)へアプローチ】

あわせて読みたい
アプローチの連結 【コードトーンからコードトーンへ】 最初に行うのは1コード内で「コードトーン」から「コードトーン」へと連結をすることです。 まずは「CM7コード」で練習してみま...

Analysis Point.3

ポイント

E音(3rd)へ着地後、9thへ音を向かわせています。ボサノバなどでよく耳にする動きですね。8分音符で弾いたり、別の音と組み合わせることも可能です。

3rdから9thへの流れ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる