アドリブ入門 ビギナークラス

チャーリーパーカーから学ぶアプローチノート

投稿日:2018年6月26日 更新日:


ポイント

ジャズの即興演奏では、音を装飾するための「アプローチ・ノート」を沢山使用します。アプローチ・ノートは1音とは限りませんが、必ず半音でアプローチするラインが含まれ、アプローチするターゲットの音は、たいていコードトーンとなります。

半音階=ジャズ感を感じる要素の1つ

「半音階がジャズらしいから!」と、いきなり演奏せずに、まずは楽曲から学んでみましょう。キーは全て「C」キーへ変換してあります。下記のようなCメジャーコードの構成音をどのようにアプローチしているか?を真似してみましょう

クリックで拡大

Billie's Bounce風


クリックで拡大

Au Private風


クリックで拡大

Now's That Time ソロ風


クリックで拡大

動画講座

この内容に関しては動画で説明していますので、こちらを参考にしてくださいね!


《Lesson 8》ビバップラインの構築方法 #2

Lesson.7でやったアプローチを別の型へ応用する 今回は前回動画で練習した手法の応用編です。まだご覧になっていない方はこちらから先にご覧ください。 まずこちら 色々なビバップの曲が聴こえてくる こ ...

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブ入門, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.