他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

チャーリーパーカーから学ぶアプローチノート


ポイント

ジャズの即興演奏では、音を装飾するための「アプローチ・ノート」を沢山使用します。アプローチ・ノートは1音とは限りませんが、必ず半音でアプローチするラインが含まれ、アプローチするターゲットの音は、たいていコードトーンとなります。

目次

半音階=ジャズ感を感じる要素の1つ

「半音階がジャズらしいから!」と、いきなり演奏せずに、まずは楽曲から学んでみましょう。キーは全て「C」キーへ変換してあります。下記のようなCメジャーコードの構成音をどのようにアプローチしているか?を真似してみましょう

Billie’s Bounce風


Au Private風


Now’s That Time ソロ風


動画講座

この内容に関しては動画で説明していますので、こちらを参考にしてくださいね!

あわせて読みたい
《Lesson 7》ビバップラインの構築方法 #1 【スケールを軸にしないこと】 これまで多くの新規生徒様が「このスケールを使えばいいと教本に書いてあるのに、全然ジャズっぽく弾けません」と入会時に語っています。...

あわせて読みたい
《Lesson 8》ビバップラインの構築方法 #2 【Lesson.7でやったアプローチを別の型へ応用する】 今回は前回動画で練習した手法の応用編です。まだご覧になっていない方はこちらから先にご覧ください。 色々なビバ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる