アドリブステップアップ ステップアップ クラス

アプローチの連結

投稿日:


ポイント

アドリブ入門では、「アプローチがとてもジャズらしい」ということを学びました。今回はそんなアプローチを複数、連結させていく練習をします。まだアプローチ記事を読んでいない方は読んでおいてくださいね。

コードトーンからコードトーンへ


最初に行うのは1コード内で「コードトーン」から「コードトーン」へと連結をすることです。
まずは「CM7コード」で練習してみましょう。コードトーン(ドミソシの音)へアプローチをしていきます。

Ex.1

クリックで拡大

Ex.2

クリックで拡大

Ex.3

クリックで拡大

Ex.4

クリックで拡大

コードトーンが分からなければコードフォームから


連結を始めると、色々と課題が出てきます。

つまづきポイント

コードトーンがスムーズに出てこない!

そんな時は・・・

テンションが入っていないコードフォームをターゲットにすれば良いと思います。勿論、最終的にはターゲットの音が何度の音か把握したいですが、これはアプローチ連結の練習ですから、現段階ではどの音へアプローチしてもOKです。

つまづきポイント

コードトーンを2個以上連結させようとすると止まってしまう

そんな時は・・・

ターゲットの音がスムーズに見えていないか、テンポが速過ぎるのでしょうね。ターゲットの音へ行き着く前に、更にその次のターゲット音を意識しなければいけません。「ド」から「ミ」へアプローチしている際に、次の「ソ」の音が見えているか?ということです。

実例

上記、5弦ルートのCコードと、6弦ルートのCコードです。
今回は6弦ルートのCコードに対してアプローチを連結してみましょう。

クリックで拡大

まとめ

最初は凄くゆっくりなテンポで1つずつ丁寧にアプローチしていきましょう。数をこなすと次第にターゲットとなる音もスムーズに見えてきますし、テンポも上がってきます。アプローチには良し悪しはありますが、量をこなすことで良し悪しも判断出来るようになっていきます。ある程度、出来るようになった方は、マイナー7コード、7thコードなどへ応用したり、1本弦をジャンプしてアプローチしたりすると更にバリエーションが付けられるようになっていきますよ!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブステップアップ, ステップアップ クラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.