アドリブ入門 ビギナークラス

G7フレーズ練習


今回はDominat 7th chord上での演奏です。こちらもMajor7th、minor7thのフレーズ同様に1日50回が目安です。音源も同様に少しハネ気味のリズムになっています。


G7フレーズ

Ex.1

G7の代理コードであるBm7♭5のコードトーンを使用(1小節目1、2拍目)G7のコードトーンと、2小節目3拍目のB音へ半音下からアプローチしています。3度や5度にはすぐ下にブルーノートと呼ばれる音が入っているため、半音下からスライドさせるのは常套手段となっています。

クリックで拡大

Ex.2

D音を挟む動き(1小節目2拍目)とB音を挟む動き(1小節目3、4拍目)そして、G音を挟む動き(2小節目2拍目) どの音もG7のコードトーンです。(D=5度、B=3度、G=Root)挟む動きが何度も出てきます、これ重要です。

クリックで拡大

Ex.3

3小節目でCM7へ進行しようとする動き(解決フレーズと呼びます)この手のフレーズは、最初はとにかく丸覚えしましょう。

クリックで拡大

Ex.4

より複雑にアプローチノートを使用しています。A♭音はG音へ、C#音はD音へ、B♭音はB音へと進みたくなります。最後は9th解決と呼ばれるお洒落な解決フレーズです。

クリックで拡大

Ex.5

前半はDm7のコードトーンからG7のコードトーンのみを使用しています。後半はサウンドに緊張感を加味して、3小節目でCM7へと解決します。

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブ入門, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.