アドリブ入門 ビギナークラス

CM7フレーズ練習

投稿日:2018年7月8日 更新日:


ジャズ学習初期の段階ではフレーズの練習を並行しましょう。1日50回が目安です。テンポも可能な限り速く弾けるようにしていきます。アドリブの中で使用できるようにしましょうね。音サンプルのリズムはBebop時期を意識して少しハネ気味で演奏しています。

注意ポイント

メジャースケールでバブバブ弾いて〜フレーズ!〜またメジャースケールでバブバブ。とにかく遊びながら、導入していくことが大切です。質より量を意識して、「うまく出来ない!」と思っても考え過ぎないことです。学習初期は、量が質に転化していきます。沢山弾きましょう。

CM7 フレーズ練習

Ex.1

初心者の方はアルペジオをRootから弾いてしまいがちです。ここでは、シ(B音)とレ(D音)を使ってRootを挟み込んでいます。アルペジオを弾く前に最初の音を挟むことに意識しましょう。

クリックで拡大

Ex.2

コードトーン(B音)からコードトーン(G音)までのスムーズなクロマチック・アプローチ。G音を囲むA音とF#音の動きに注目(2小節目2、3拍目)挟んでいる感じがすると思います。それがジャズらしさを出すポイントの1つです。

クリックで拡大

Ex.3

CM7の代理コードであるEm7のアルペジオを使ったフレーズ。連結箇所(1小節目2、3拍目)も綺麗にクロマチックで連結。ここでもやはりG音を挟む流れが重要です(2小節目3、4拍目)

クリックで拡大

Ex.4

CM7の代理コードであるAm7のアルペジオを演奏しています。そしてやはりG音を挟む流れ(1小節目3、4拍目)コードトーンからコードトーンへ6度ジャンプする動きはとても綺麗ですね。(2小節目1拍目)

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-アドリブ入門, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.