Jazz Standards データ

St.Thomas

2018年7月15日


St.thomas

今回はSt.thomasのギタリスト・テイクを集めてみました。レッスンでも取り入れている曲なので説明する機会が多いです。私が一番印象に残っているのはギターじゃないのですが、WOWOWのピーターバラカン氏の番組で放送されたJoshua Redman(ts)のライブ映像。ジョシュアがソロで吹き始めるのですが、最初は音数少なめで始まって、めちゃ遊んでるんです。次第にst.thomasのメロディの輪郭が出てきて、でもまだリズムは自由。完全にst.thomasに成りきった所でバンドが入ってきてテーマ。でJoshuaのソロは終わり。そしてPat Methenyが音を歪ませて入ってくるという。もちろんメセニーのフルアコの歪みも新鮮だったけど、Joshuaはソロ全体が知的であり、歌心もあり、伝統的なもの、新しいものが融合されていて、とても魅力的です。おっとギタリストテイク紹介だった。

St.thomas

Sonny Rollinsの1956年レコーディングのアルバム「Saxophone Colossus」に収められいます。「カリブ海」周辺で発展した「カリプソ」というジャンルの楽曲です。

ギタリストテイク

Jim Hall/ジム・ホール(with Ron Carter)

名盤です。ジムホールはこの曲が好きなようで沢山レコーディングしていますね。

Jim Hall/ジム・ホール(with Ron Carter 2)

ジムホールを慕うミュージシャンが集まってジムと共演している盤。元は2枚あったのが1枚になりました。 このテイクもロンカーターとのデュオ。

Jim Hall/ジム・ホール(with Ron Carter 3)

別テイク。Live At Village WestとTelephoneがセットになりました。人気デュオ。

Jim Hall/ジム・ホール(with ボブ・ブルックマイヤー)

バルブ・トロンボーンとのDUO。これ、めっちゃ良い雰囲気です。

Jim Hall/ジム・ホール trio

1976年の東京ライブ。カナディアントリオです。良い演奏です。

Kenny Burrell/ケニー・バレル

バレルらしい!雰囲気満載!

Tal Farlow/タル・ファーロウ

タル自身が好む、ドラムレストリオ!

Barney Kessel /バーニー・ケッセル

ノリノリなケッセルにこの手の楽曲は合いますね!

Pat Methany/パット・メセニー(Joshua Redman)

私が観た映像とは別テイクですが、CD化されています。

渡辺香津美

アコースティック・アルバム!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Jazz Standards, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.