ステップアップ クラス ソロギター入門

【ジャズギターソロ】必要最低限の声部

投稿日:

ポイント

前回はアルペジオ奏法やコードの分散和音でコードサウンドをフルに鳴らしましたが、時には少ない声部で聴かせることも効果的です。ギターってピアノと違って、音楽を支配する力の弱い楽器だと思います。沢山弾いていても、どこかスペースを感じます。ピアノは少しコードを弾いただけで音の空間を凄く占領してしまう気がします。スペースがあることに寂しさを感じないように、逆に楽しめることが出来たら今回ご紹介する小さなコードで十分だと感じられるでしょう。少ない声部だとしてもメロディを演奏している意識を持って演奏しましょう。


Rootless Chord


Rootlessというか、Basslessというか。
ルートレスに関してはこちらも参考にしてみてください。


ルートレスコード

ルートレスとは? 指板上を縦横無尽に動き回るコードワークは憧れますよね!そんな自由なコードワークを習得するための第1歩として「ルートレスコード」の練習がとても良い練習になります。Rootがある時もある ...

クリックで拡大

4度堆積コード


注意ポイント

今回はコードの種類ごとに分けてご紹介します。実際の演奏では1つの種類だけで演奏しませんので、全て同じ類のコードで演奏すると必ず「ここは良い」「ここが悪い」と思える箇所が出てくると思います。その感覚を大切にしてください。

クリックで拡大

密集和音


ポイント

密集和音はクラスターとも呼びます。

クリックで拡大

2声でも可

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ステップアップ クラス, ソロギター入門

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.