ジャズコード入門 ビギナークラス

ルートレスコード

投稿日:2018年8月18日 更新日:



ルートレスとは?

指板上を縦横無尽に動き回るコードワークは憧れますよね!そんな自由なコードワークを習得するための第1歩として「ルートレスコード」の練習がとても良い練習になります。Rootがある時もあるので「ベースレス」と呼んだ方がいいのかも知れません。この伴奏の練習を積んでいくことで、いずれコードソロへと繋がっていきます。練習の方法とサンプルをご紹介しますね!

ルートレスコード

まず最初によくある6弦ルートのコード、5弦ルートのコードのRoot音を省いてみましょう。

クリックで拡大

練習順序


step
1
今、知っているコードの6弦、5弦を押さえないようにします。

この時、なるべく楽な運指を心掛けると上手くいきます。


step
2
使用可能な音でトップノートを少し動かしてみましょう(要理論)


step
3
指板上の6弦ルート、5弦ルートの間、3弦ルート、4弦ルートを探しましょう。

この時ルート音が含まれていても構いません。


step
4
トップノートを3度以上ジャンプさせましょう。

練習風景

「The night has a 1000 eyes」のコード進行を使ってのルートレスコード練習風景です。

練習風景 TAB譜


演奏はその日の気分でやっているので上記の動画は全て即興ですが、1コーラスだけ採譜をしてみました。リズムは取っていませんので和音だけですが、参考にしてみてください。



PDF file ダウンロード

まとめ


コードをある程度、動かせるようになるまで少し時間はかかりますがことが、コツコツ練習して行けば、徐々に自由度が増していきます。最後のステップでミラクルな体験をする日まで頑張りましょう!

step
1
次第にベースを押さえなくてもコードが見えるようになります


step
2
今押さえているコードの前後の使用可能な音が見えるようになります


step
3
ベースからではなく、トップノートからコードが見えるようになります


step
4
即興で弾いたことのないコードを瞬時に考えて押さえられる瞬間が出てきます

いつかEd Bickertみたいに、流れるようなコードメロディを弾きたい!!


The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ジャズコード入門, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.