アドリブマスタークラス マスタークラス

自由な発想

投稿日:2018年7月15日 更新日:

学習初期のポイント

学習初期の段階では、コード進行に沿ってアドリブで演奏していきいます。まず1つの目標地点としては・・・単音だけでコード進行が感じられるように演奏するということでしょう。

しかし、毎回コード進行が感じられる(コード進行を説明する)演奏ばかりしていては、自由度はかなり低いと言っていいでしょう。歌心・・・というのが一番大切ですが、コード進行を自由な発想で捉えられると幅が広がっていきます。アドリブ・マスタークラスでは、一歩進んだアプローチを説明します。

ツーファイブワンの捉え方


まずは、IIm7 V7 I(ツー・ファイブ・ワン)進行上の考え方の喩えです。下記の図をご覧ください。

会社から、Iコード(自宅)に落ち着くまでの道程、現実世界の自宅であれば色々な道をご存じかと思います。コード進行も、同じように考えてみるのはいかがでしょう。

自宅までの帰り方

  • タクシーで自宅(Ⅰコード)まで直帰。(スケール1発で全部弾く)
  • 電車を乗り継いで帰る。(各スケールを設定する)
  • 寄り道をして帰る。(コード進行を想定・変換する)
  • 全く違う方向(外泊)へ行く。(コード進行上に別のコードを重ねる)

ポイント

色々な道筋を自由な発想で考えるようにしましょう。コルトレーンチェンジ(後述)のように、かなり遠周りをして帰宅しても良いですし、帰宅出来れば、なんでも良いんです。もっといえば、普通に帰宅しようと思っていたら、自宅がトラブルに見舞われていて落ち着かない(解決地点のコードが変換)なんてこともあるかも知れません。マスタークラスではそんな可能性も追求していきましょう。

下記記事の動画も参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブマスタークラス, マスタークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.