Transcription データ

John Scofield / Flower Power


今回はJohn Scofieldのアルバム「Time on my hands」から、とっても美しいワルツ「Flower Power」の採譜です。私がまだ学生時代、「John Scofield=コンディミの人、アウトが上手い人」なんて言われてましたが、この採譜をしてから、私の中では「John Scofield=インサイドが超絶に上手い人」という印象なのです。

では、採譜9ページです。

PDF file ダウンロード

YouTube

Analysis

33〜36小節目

ポイント

このラインを分析するだけでも、めっちゃ丁寧にコードトーンを繋いでます!それでいて、綺麗な歌心!こんなラインがいっぱいです!アウトがよく聞こえるのは、コード感を表現する基礎力が高いからですね!

クリックで拡大

69〜74小節目

ポイント

教則ビデオで「Joe Passのように弾けたら、良いんだけどね!」なんて言いながら、和音の分散を弾いていましたが、Johnの歌心になってますね!Lage LundやJulian Lageは現在、更に発展させている感じですが、この当時でこんなアプローチする人は少なかったと思います。

クリックで拡大

128〜132小節目

ポイント

後半になってくると小節をルーズに捉えて歌っています。でも、しっかり帰って来ますから、カッコいいんです。音の動き方も面白いですね!

クリックで拡大

音源

こちらの盤に収録されています。

YouTubeに別テイクがありますが、サウンド的にもテンポ的にも個人的には今ひとつ。。。CDテイクがやっぱりお気に入り。やっぱりIbanezのセミアコが聴きたい!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.