アドリブマスタークラス マスタークラス

コルトレーン・チェンジ #2

投稿日:


ポイント

第2回コルトレーン・チェンジ(コルトレーン・マトリックスとも呼びます)今回はコルトレーンが、「長3度下降進行」をどのようにスタンダードに応用していったのか確認をしてみましょう。勿論、普通にこのようなコード進行があてはまるハズはありません。そこで、コルトレーンは循環進行やツーファイブワン進行の解釈を広げていきました。


注意ポイント

「自由な発想」という記事を以前書きましたが、会社(IIm7)から目的地(IM7)への帰宅ルートを大きく捉え、「最終的に目的である場所へ帰ることが出来れば、”どのようなルート”でもOK」としたのです。


循環部分を丸々コルトレーン・チェンジへ変換


ポイント

下記の譜面は「Body And Soul」のサビのコード進行です。
D keyの循環進行をコルトレーン・チェンジさせています。

クリックで拡大

Body And Soul (YouTube)

長3度上のキーへ解決させてからコルトレーン・チェンジ!


ポイント

下記の譜面は「The Night Has a thousand eyes」のBセクションのコード進行です。コルトレーンチェンジは長3度下降進行ですから、Cm7-F7からB♭M7ではなく、長3度上のDM7へ進行させてから、元のkeyへ落としています。

クリックで拡大
クリックで拡大

The Night Has a thousand eyes (YouTube)

コルトレーン・チェンジの着地地点をマイナー化


ポイント

下記の譜面は「Satellite(How High The Moon)」の冒頭のコード進行です。GM7(1小節目)とFM7(5小節目)から大胆にコルトレーン・チェンジを取り入れています。着目すべきは、着地地点。ここのコードをM7コードではなく、m7にすることで、次のkeyへとスムーズに連結させています。

クリックで拡大
クリックで拡大

Satellite (YouTube)

着地地点を排除(連結させるコードへ変換)


ポイント

下記の譜面は「Confirmation」の冒頭のコード進行。コルトレーンは自身のチェンジを導入して「26-2」という曲を録音しています。ここでは着地地点のFM7を排除し、B♭(IV)コードへのII-V進行へ変更させています。また7、8小節目では、頭のF keyへ戻れるようにII-V進行(Gm7-C7)の導入。そのGm7へスムーズに連結させるために本来であれば、DM7-F7となるコルトレーンチェンジをDM7-G7へ変更させています。

クリックで拡大
クリックで拡大

26-2 (YouTube)

属するkeyのみ


ポイント

下記の譜面は「But Not For Me」の冒頭のコード進行。E♭トーナリティーのみ!最終8小節目は次のコード(A♭M7)へ滑らかに連結させるためにII-V進行を配置しています。

クリックで拡大
クリックで拡大

But Not For Me (YouTube)

音源

コルトレーンの盤をご紹介します。



The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-アドリブマスタークラス, マスタークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.