column ミニレッスン

曲作りをしよう!

現時点での最高峰

レッスンでは、あるレベルまで成長した生徒達によく「曲作りをしよう!」と言います。曲じゃなくてもエチュード的なものでも、イントロやエンディングの小ネタでも構いません。メロディとコード、そしてリズム、現時点の自分の中でベストとなるものを探っていきます。特に音楽的な意識が薄い方ほどやってみると効果的です。「音楽的な意識が薄い」というのは「学問的」というか、理論で考えて、この手法を使って・・・などと、耳と一番大事なハートを使わずに音楽をしている状態ですね。

目的をハッキリさせる

ポイント

曲作り?そんな披露する場所もないから、自分には今は必要ないと思います!時間があるのならアドリブの練習をしたいです!

と仰る方も多いのですが、分かってませんね(笑)

聴かせるために書くのではありません!
やまだ

ポイント

自分の音楽スキル向上のために書くんです。

自分自身、どんなサウンドが好きで、どんな展開が好みなのか?このメロディはこっちに向かっていて、今はこのぐらいの間合いがあって・・・と、自分が好きなように作っていけばいいと思います。時間はかかりますけど、何度も何度も聞き直して選んだ音が、どれだけ自分のソロに影響を及ぼすか?この事に気付けたら、きっとやらずにはいられなくなりますね。苦手なプログレッション、運指があれば、そんな曲を書くのが良いですね!

芸人のネタ帳のように

完璧な作品を仕上げなくても良いと思います。芸人さんのネタ帳のように、かっこいいと感じる流れ、面白いと思ったハーモニーなど、気に入ったものを普段からメモを取る癖を付けるといいですね。

ネタ帳を他の方へ見せることは、まずありません。」
やまだ

Shinobu Yamada Etude

これは以前書いたエチュードの冒頭部分です。基本はB♭キーの逆循環進行しか想定していません。つまりは2拍ずつ(Cm7ーF7ーB♭M7ーGm7)です。

指板図

クリックで拡大

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-column, ミニレッスン

© 2020 Mistletoe Jazz Class