ジャズコード入門 トレーニング ビギナークラス

Top Noteを固定したコードワーク

投稿日:2018年8月1日 更新日:

視点の切り替え


練習というのは、常に自分に厳しく取り組むのですが、少し疲れた時、またダラダラと弾いている時だってあるのは事実。観たいテレビがあって、番組を見ながら弾いていてCMの時は1分集中!!・・・みたいな

そんな時、1分の間に私はよく遊んでいた練習があるので紹介します。私はコードワークが好きなのでコードの練習を頻繁に練習するのですが、覚えているスタンダードのコードを演奏を知っているコードだけで弾くのではなく、トップノートを固定することに意識します。時には固定出来ない場合もありますが、その場合は調整して、出来る限り同じトップノートにします。

ポイント

コードを選ぶ時の視点の切り替えです。通常は5、6弦のRoot音からコードフォームを考えることが多いと思います。勿論、間違いではないのですが、マンネリ化してしまうことが多々あります。幅を広げるためにトップノートを固定します。

トップノートを固定するエクササイズ No.1


いちろくにーごー!

まずは循環進行からトレーニングしてみましょう。「12小節目、Dm7でB音のトップは避けてC音にしています」

PDF file ダウンロード

クリックで拡大

トップノートを固定するエクササイズ No.2


ワルツの名曲

スタンダードの楽曲にもどんどん応用してみましょう。今回は「Someday my prince will come(いつか王子様が)」のコード進行で作ってみました。diminishコード以外は「F音固定です」

PDF file ダウンロード


クリックで拡大

トップノートを固定するエクササイズ No.3


酒バラ

もういっちょ!練習してみましょう!「The Days wine and rose (酒と薔薇の日々)」のコード進行上で「A音固定」です。E7の時は 「E7sus4(♭9)」という特殊コードでトライ。

PDF file ダウンロード


クリックで拡大

ひとこと

難しく考えてしまう方が多いのですが、ルールなんてありません。テレビのCMが終わって番組が始まったらテレビに集中して構いません。でも、きっと出来たものを、次のCMまで何回も弾いているかも知れませんよ。何でも良いんです。これは遊びなのです。でも、この遊びが即興演奏で閃いた時にギター上でスムーズに置き換えられるようになります。まわりにギター友達が居たら、よく観察してみてください。上手な人は、ずっとギター持ってたりします。話しながら、タバコを吸いながら、TV観ながら、本来、「出来たことの確認(つまり復習)」はここでやるべきです。

さぁ練習しよう!として、出来たことばかりをやろうとするから、新しいものがなかなか取り入れられないし、なかなか覚えられません。リラックスしている時の方が記憶するのも早いのですよ。弾こうと思って弾くのではありません。いっぱい弾いて、遊んで下さいね。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ジャズコード入門, トレーニング, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.