オススメ コードワーク教則

Chord Chemistry -Modern Chord Progressions

歩くコードブック


アメリカに「歩くコードブック」と呼ばれていたギタリストがいました。指板の音の組み合わせは沢山あって、20年以上研究しても、まだまだあるなと感じていますが、今回ご紹介する「Ted Greene」の教本からは色々な発見が出来ました。まずはYoutubeで見てみましょう。

教本2冊+web site

下記の教本2冊はとっても良い本ですが、Ted Greeneのウェブサイトからは膨大な量のPDFファイルをダウンロードすることが出来ます。

私の持っているものと、ジャケットデザインが変更されています。


ジャケットデザインが統一されてしまったので非常に分かりにくいのですが、別の教本です。

Ted Greene Official Web-site

私の使用方法

今回ご紹介するコードブック2冊もお値段以上に濃い内容となっており、最近はたまに開いては新しい発見を1つだけもらって暫く放置。で、記憶した和音の繋がりを色んな楽曲で試して身体に染み込んできたなと思ったら、また開いて・・・という感じで私は使用しています。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-オススメ, コードワーク教則

© 2020 Mistletoe Jazz Class