Pick Up!! ビギナークラス

自分の価値を高める?ステージ(本番)の心構え

投稿日:

自信の無さが音に乗る

レッスンでの質問でした。

student
「自分で伴奏を録音すると、なんだか暗いんです」

「暗いって、どういうことでしょう?」私は一瞬わかりませんでした。伴奏の音は合っています。演奏方法も合っています。残るはタッチですね。音を出すのが弱過ぎて「リズムがはっきりしないぼやけたサウンド」となっていました。生徒様はそれを「暗い」という言葉で表現していました。「録音する」ということで「間違えてはいけない」と弱いタッチになってしまっていたのでしょうね。

ポイント

自信の無さは音に乗ってしまいます。
間違えても良いので、まず「良い音を出そう」と思ってください。

押しても撫でてもダメ、弾くのです!


教室に初めていらして、緊張されている生徒様は多いです。すると、力んでしまったり、逆に自信がなさ過ぎてしっかり弾けてなかったり。ギターの弦を弾くのって、指導していると凄く難しい。手首のスナップが強い人もいれば、そうでない人もいる。ピックを握り過ぎてしまう人もいる。弦を撫でるような感じで弾くと芯の無い音になります。時にはそういった音が必要な時もありますよ、でも、ギターって「はじく」って書いて「ひく」と読みますよね。「押す」でも「撫でる」でもないのです。優しく速く弾いてみましょう!1本の弦を長く振動させるには、力を入れ過ぎても、入れ無さ過ぎてもダメ、その適度な力をいつどんな状況でもコントロール出来るように練習していきます。

ポイント

「優しく速く!」がポイントだけど、一番はアンプからの出音をしっかり聴くこと!

Morenoのダウンピッキングは凄いスピード!



いつまで経っても、まだまだです


レッスンでは、「課題が全然出来ていない!全然ダメ」と縮こまって、すぐ演奏を止めてしまったり、「家でやっておきます」と逃げてしまう方がいらっしゃいます。いったい誰と比べて全然ダメなのでしょうか?CDで聴くアーティストでしょうか?周囲の人?自分自身の感覚?ジャズの道は何年経っても「まだまだ」です。私はジャズを始めて23年が経ちましたが(2018年現在)、「まだまだ」です。日々、自分の演奏を録画しては自分にダメ出しの連続です。出来ないから自分はこれからも練習が続けられますし、きっと伸びていけると思っています。「まだまだが続く」ことを受け入れることが出来た時、あなたの演奏は「そこそこ」なのでしょうね。

いま出来ることでいい

student
共演者が上手いので申し訳なくて、ステージで緊張してしまうんです。

ポイント

メンバーの中で、ギターはあなたが一番上手いんですよ!

私の経験談

  • 「頑張ろう」と思うと大抵失敗します
  • 「良いところを見せよう!」と思うと緊張します
  • 「このフレーズを弾こう!」と思うと周りの音が聴こえなくなります

「本番演奏する際は、お正月にコタツに入って正月TV番組を見ながら、みかんでも食べている時ぐらいの気持ちでいましょう!」とレッスンではよく話します。それぐらいリラックスすると周囲の音がクリアに聴こえてきます。聴こえてきて反応することが可能になっていきます。頑張るのはステージを迎える日までの練習ですよね!頑張って練習をして、沢山ミスをしてきたから大丈夫です。本番は自分なりに楽しみましょう。

虚栄心と戦え!


周囲に聴こえるのでは?と思えるほどの心臓の鼓動。そんな中、自分は今からヒーローだ!と思いながら、何回ステージに立ったことでしょう・・・その度に緊張してボロボロの演奏になった過去の自分。頑張っていた時期のライブはいつも悲惨な状況でした。それでもいつか慣れるものだろう!と、何度もチャレンジしました。しかし慣れることがないまま、怪我をして(左手の指を骨折)私は色々なものを捨てることが出来ました。一番は虚栄心。自分がこうありたい!って思うのは良いと思うんですけどね、ステージ(本番)では邪魔な心です。虚栄心なく、自分の出している音を楽しもうとすると、音楽に入ることが出来ます。これが音楽に集中するということ。


「自分の価値を高める?」というお題で書いてきましたが、別に高める必要なんてありません。自分を大きく見せる必要もありません。いつもの自分でOKなんです。それが一番かっこいいです!「こんなもんでいいか〜」が一番良い結果を生みます。分かっていても、心の底からそう思えるまでは、やっぱり緊張しますけどね。レッスンで弾く時、誰かの前で弾く時、1回1回がいつもの自分でいられるようにするための練習です。演奏内容のことを当日に考えてもそんなに演奏は変わりませんよ、常に自然体でいましょう。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Pick Up!!, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.