ゼロスタート 基礎知識

ロックからジャズへ転向した方がよく弾くフレーズ

投稿日:

初心者が共有する癖

レッスンでの指導歴が長くなってきて、指導した延生徒数が500人を超えた頃、レッスン生の大半が弾くフレーズがあることが分かってきました。ジャズを学んでいる生徒は、ロックから転向してくる方が圧倒的に多いのですが、初期の段階で頻繁に指摘するポイントでもあり、生徒本人はその音を出したい!という気持ちは全くなく、むしろ、ただスケールをなぞっている時に現れます。そんな指摘箇所を少しご紹介したいと思います。

それらは手癖から出てくるフレーズなんです。
やまだ

ヴィブラートの比較

ロックのヴィブラート

やまだ
細かく速いヴィブラートになっている方は結構多いです。

縦に揺らす

やまだ
B.B.Kingがこのタイプのチョーキングですね。

B.B.Kingが良い悪いの話ではなく、テンポに対して、どの程度の速さで揺らせているか?を私達は考えています。また弦をベンドするようにチョーキングをすると原音に対してピッチが高い方にしか揺れません。しかし、クラシックタイプのような弦をヘッド側、ボディ側に向かって振る事によって、ピッチは原音に対して、低い方、高い方、双方へ揺れます。

ポイント

ジャズではこちらの横ヴィブラート(ネックに対して平行)をよく使用します。


横に揺らす

ジャズのヴィブラート

やまだ
Jim Hallの演奏で確認してみましょう。

ハードロックのヴィブラート

揺れが大きく激しい揺らす傾向にあります。

こちらはまぁ・・・Youtubeなどでご確認ください。
やまだ

鋭いグリッサンド

Rockでは、2フレットも3フレットも離れている場所から(時にはもっと離れた場所から)ターゲット音に向かってグリッサンドすることが多いです。物凄く鋭い音になります。ジャズではむしろ逆。

ポイント

大きなグリッサンドはゆっくりと持っていくこと、鋭いグリッサンドは1フレット上下からで十分です。

そして、Rockでは、フレーズが止まるとネック方向へグリッサンドされることが多いです。たまになら良いのですが、毎回やると聴いている方は気になります。実は初期のパットメセニーなんかも非常に多かったんですが、ニュアンスが伴っていればOKです。

よくやってしまうフレーズ

左のように弾いているつもりが、右のようにハンマリング・プリングがテンポに関係なく、とても速くなることが多いです。

ニュアンスが伴っていれば、このフレーズでも良いですのが、例えば、少し違う音へ持っていくのも良いかと思います。また8分音符で弾く時は1拍目の表から裏にかけてはレガートにしない方が良いと思います。

ポイント

縦揺れのヴィブラートや速いグリッサンドIN、OUT、詰め込んだフレーズがいけないわけではありません。ただそれが無意識に行われているからロック癖なのだと思います。意識してニュアンスが伴えば、全て良いサウンドへと変化します。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ゼロスタート, 基礎知識

Copyright© Mistletoe Music School Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.