アドリブ関連教則 オススメ

Reading Studies for Guitar

読譜教材

ギタリストは譜面を読むのが苦手な方が多いです。海外に行った時でも、同じでしたね。日本人だけというわけでは無さそうです。セッションに行って、譜面を渡されて、「もっとスムーズに読めたら良いのにな!」と思います。

Reading Studies for Guitar!

こちらの教材はポジションごとに分かれていて、練習し易いのがとにかく最高。覚えても何の役にも立たないラインだから、(つまらないかも知れません)記憶しにくくなっており、それが「読む技術」向上に効果的なのです。

1日に少しずつでも読み続けるのが大切です。実はこの教本は当スクールのジャズレッスンで取り入れていまして、強制的に練習をしてもらっています。もちろん、辛くなって途中で投げ出しちゃう方もいます。

「指板だけで分かって弾ければ良いのでは?」

 

とおっしゃる方もいますが、「譜面が読めるグループ」「譜面が読めないグループ」に分けてある同じラインを分析してもらうと、明らかに「譜面が読めるグループ」の方が短時間で多くの情報をキャッチしています。「何の音が譜面に書いてあるか?」だけではなく、「それがコードトーンであるか、面白いアプローチをしているか?」を短時間で理解することが出来るんです。

やまだ
読譜力が上がると情報収集量が上がっていきますよ!

不要なスキル

先にレッスンでも導入していると書きましたが、たまにですねぇ。生徒さんがこの教本を忘れてレッスンにいらしゃいます。サボっても怒ることはありませんが、「せっかく練習してきたのに勿体無いなぁ!」と思いまして、最初のうちは生徒さんに教本を貸してあげて私は聴いていました。

でも、生徒さんの譜面を読むスピードはBPM40〜60。私にとってはゆっくり過ぎるので、ある時から逆さまに譜面を読んで行きました。次第に更にスピードが上がっていって、反対からでも結構譜面が読めるようになりました。

レッスン以外では、使えない技術ですけどねー。
やまだ

注意ポイント

気を付けたいのは練習にムラがないようにすることです。1日1回、寝る前に読むだけ、電車の中で指板をイメージして読んだらもっと効果があります!コツコツ続ければ、そのうち読めるようになりますよ。


The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブ関連教則, オススメ

© 2020 Mistletoe Jazz Class