ビギナークラス 譜面とリズム

4分音符のリズム言葉

投稿日:


ポイント

ジャズで一番大切な事は?と聞かれたら間違いなく「リズム」と答えます。勿論、これはジャズに限ったことではないのかも知れません。どんなにカッコいいフレーズも、魅力的な歌もリズムが悪ければ台無しです。そのミスは音楽を演奏しない方にもバレてしまいます。経験上、音のミスはその後の処理でなんとかなる場合も多いのですが、リズムのミスは取り返しの付かない事がほとんどです。

リズム言葉

レッスンをしていて、リズム譜が読めないという方が多いのです。音源を聴いて合わせることは出来ても、譜面とリズムが一致していないのです。ということで、まずは、リズムの言葉を勝手に決めてしまいましょう。

クリックで拡大

ワン・ツー・スリー・フォー

ワン・・・スリー・・・

と歌っても問題ないのですが、

ポイント

4分音符は「タン」と歌うことに決めてしまいましょう。

すると、上の譜面の1小節目は、

タン・タン・タン・タン


これでOKです。では2小節目はどうでしょう?私は「休符」という言葉が大嫌いです。確かに「音を出すことを休んでいる記号」なのですが、音と一緒にリズムまで休んでしまう方が多いのです。

ポイント

休符は「ウン」と歌うリズムだと考えましょう。

クリックで拡大

ということで、2小節目のリズムは・・・・

タン・ウン・タン・ウン


となります。今回はタンとウンだけで練習をしましょう。リズムを取っているのは「自転車に乗っているような感覚」です。5m乗れても、その先で転んでいたら「自転車に乗れる」とは言いませんよね。「リズムが出来た」というゴールは無いのです、常にリズムへの意識を向けることです。自転車同様に、多少ヨレたって、その後に立て直せば、最初の段階はとりあえずはOK。音楽上では演奏を止めてしまったり、リズムを見失ってしまったら、自転車で云うところの転んだ事になりますね。

練習しましょう

練習の方法

まず、ペンを持って、下記の譜面を見ながら、ノートでもテーブルでも叩いてみましょう。テンポは4種類用意しました。まずはBPM=60から、しっかりリズムを歌いながら、叩いていきましょう!

BPM=60



BPM=120



BPM=180



BPM=240


クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ビギナークラス, 譜面とリズム

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.