イントロ・エンディング ステップアップ クラス

Pedal を使用した定番イントロを覚えよう!!

投稿日:

ペダルポイント


ポイント

ペダルポイントは特定の音を持続させる技法です。属しているKeyのRootや5thが多いです。Barney Kesselの冒頭のintroを聴いてみましょう。親指がずっと6弦3Fにかかっていて、(G音)ずっと持続させていますね!また右手のスナップがしっかり効いていて、リズムが明確に出ていますね!


Major Keyのペダルイントロ

まず最初は、Major Keyでのペダルポイントを利用したイントロを覚えていきましょう。今回はF Keyで統一しています。よく演奏されるKeyということもありますが、6弦Rootの時と、5弦Rootの時の違和感が少ないKeyかと思います。

イントロを出すときの注意点、覚えていますか?
メロディを心の中で歌って、テンポを確認してから出しましょうね!

6弦でのペダルポイントを利用したイントロ


これは定番のイントロですね。よく使用されます。
F KeyのドミナントC7上でのイントロ。

クリックして拡大

リズムパターンとコードは多少違いますが、Joe PassのHave you met miss jonesを聴きましょう。下記動画の7:05から


5弦でのペダルポイント利用したパターン


今回は循環進行(I-VI-II-V)を5度ペダル(Cペダル)しています。

クリックで拡大

6弦でのペダルポイントを利用したイントロ #2


別パターン、コード進行を少しいじっています。

クリックで拡大

5弦でのペダルポイントを利用したイントロ #2


Keyは違いますが、「On Green Dolphin Street」「I'll Remember April」、「The Night Has 1000 eyes」など、ラテンもので合いそうですね。

クリックで拡大

応用させましょう

今回はよく似たリズムを使いましたが、コード進行、Voicing、リズムを変更して自分なりに作ってみることが一番身に付きますよ!また、YouTubeなどで色々な方のイントロを注意深く聴いてみましょう。ソロばかり聴いてちゃいけませんよ!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-イントロ・エンディング, ステップアップ クラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.