column ミニレッスン

Mike MorenoとLage LundのMotif Developmentを比較してみました。

2018年10月16日

Today's mini Lesson

Mike MorenoとLage Lund。両者とも卓越した技術に、ハーモニーセンス。オリジナリティもあり、凄いですよね!音使いばかりに着目することが多いのですが、音楽的な流れも上手いんです。今回はこの2人の”モチーフ展開”を比較してみましょう。楽曲はどちらも”All The Things You Are”の一部です。

Motif Development

Mike Moreno Motif Development

クリックで拡大

Lage Lund Motif Development

クリックで拡大

Analysis


両者とも自身の好む音型を繋いでいますね。Morenoは「Root+3rd+M7」の音型Lageはトライアドが指板のあらゆる箇所で把握している感があります。同じ方向性(音程の向き)でアプローチノートのなどを含めて歌うことで、ソロの中で印象に残るメロディとなっています。ただ同じ音型を繰り返すだけではなく、リズムがとても面白いですね!複雑なコードを次々と縫っていくのも大切ですが、小さな1つのアイデアをどんどん展開させていくように演奏出来たら、演奏も楽になりますし、バックバンドから、アイデアを貰って、ソロを展開していくことも可能になります。

Gilad Hekselman


ギラッド・ヘクセルマンが解説しながら演奏しています。これは参考になりますね!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-column, ミニレッスン

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.