アドリブステップアップ ステップアップ クラス

【Major Key】ツーファイブ・フレーズ #3

投稿日:2018年9月5日 更新日:

ポイント

アドリブステップアップでは、ツーファイブワン・フレーズの練習とラインの分析をして、応用をさせていきましょう。

Major II-V-I Lick #3

クリックで拡大

Analysis Point.1

ポイント

「C#音が出ていることから、メロディック・マイナーを弾いている」とも考えられますが、これぐらいだと「C#音とE音で、3拍目のD音を囲んだ」とも考えられます。

メロディックマイナーを感じさせるように使用してみると

クリックで拡大


ポイント

G7とCM7では、前の記事「ツーファイブ・フレーズ #2」のアイデアである、「G7での解決ライン」と、「CM7でのEm7、Am7」を導入してみました。フレーズを練習する際、全く違うフレーズを練習するのではなく、1つのフレーズを少しずつ変化させてみることも大切です。


Analysis Point.2

ポイント

1、2拍目を「Dm7」。3、4拍目を「G7」として演奏しています。ツーファイブは増減・反復が可能です。下記、「Dm7-G7、Dm7-G7」と反復したフレーズも弾いてみましょう。

ツーファイブを反復したフレーズ

クリックで拡大

Analysis Point.3

ポイント

Cメジャーペンタトニック。ジャズらしく感じるのは拍の裏側から次の拍の表へレガート(ハンマリング・プリング・スライド)させること。逆に表から裏へレガートさせるラインも演奏してみましょう。

拍の表から裏へレガートさせる

クリックで拡大


ポイント

拍の頭から、拍の裏へとレガートするニュアンスは、個人的に伝統的なジャズを感じることが出来ないラインなのですが、Kurt Rosenwinkel登場以降、近年ではコレもありかなと思えることが多くなってきました。ジャズのラインも進化していますからね!善し悪しではなく、「自分が、どんなジャズをプレイしたいのか?」が大切です。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-アドリブステップアップ, ステップアップ クラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.