column ミニレッスン

最近、当たり前のように演奏するm7(♭13)コード

2018年6月18日


Today's mini Lesson

今日のミニレッスンは、最近私が当たり前のように弾いてしまうm7(♭13)コードについて

原点はキース・ジャレット

私がジャズを学び始めた頃は、m7(13)のサウンドが当たり前のように鳴っていました。ファンキーなカッティングだったり、ドリアンモードだったり、でも、私が好きな楽曲は♭13thが入った楽曲でした。それはキース・ジャレットからの影響が大きいです。どこか田舎調な懐かしい雰囲気が好きだったんですよね。

この「So Tender」は大好きな楽曲の1つです。m7(♭13)が入ってきます。


このアルバムの1曲目です


TAB譜

クリックで拡大

PDF file ダウンロード

ダイアグラム

クリックで拡大

PDF file ダウンロード

まとめ

ポイント

今回はAm7に限定して「m7♭13」コードのバリエーションを説明しました。私は枯葉の冒頭のCm7から「♭13th」を入れていくことが多々あります。「#5」ではなく「♭13th」としているのは、ナチュラルの5thも一緒に使用する可能性があるからです。色んな楽曲でチャレンジしてみましょうね。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-column, ミニレッスン

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.