ジャズコード入門 ゼロスタート

ローコードの中身を知ろう!

投稿日:


今まで特に意識もせず、コードを形で覚えてきた方も多いことでしょう。今回はローコードにはどんな音が含まれるのか確認してみましょう。

ローコード

こちらは一般的なローコードです。

クリックで拡大

構成音(赤字が重複音)

  • C=ドミソドソ
  • D=レラファ#
  • E=ミシソ#シミ
  • G=ソシレソシソ
  • A=ラミド#
  • B=シファ#レ#ファ#
  • F=ファドファドフ
  • Dm=レラファ
  • Am=ラミ
  • Em=ミシシミ

 

音の重複を避ける

ご覧の通り、弾き語りなどで使用する多くのコードは、オクターブ離れているとはいえ、同じ音が多く含まれます。しかし、ジャズではこの「音の重複」を排除します。同じ音が複数存在すると「コードが重くなってしまう」ということもありますが、ギターでは限られた弦の数(ご存知の通り6本)でローコードより複雑なハーモニーを出さなければいけません。CのコードでE(ミ)の音を入れるのであれば、1つあれば十分です。もちろん他のコードでも同様です。

意図的な場合を除き、重複させません。
やまだ
ジャズで使用するベーシックなコードを押さえてみよう

ジャズコードとは? ロックではRootと5thだけを押さえたパワーコードをよく使用しますが、Rootと5thだけのサウンドはとても重いサウンドとなります。ジャズでは、重さよりも、よりお洒落な色合いが欲 ...

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-ジャズコード入門, ゼロスタート

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.