その他 オススメ

練習にルーパーを使用するのをオススメする理由

投稿日:2018年5月28日 更新日:

ルーパーって何?どんなエフェクター?

私はレッスン時は、tc.electronicのdittoルーパーを繋いでいます。このエフェクターはギターとアンプの間に繋いでおいて、ボタンをひと踏みで録音開始、もうひと踏みで今録音したものを無限ループして同じアンプから音を出してくれます。止めたいときは2度踏み。消去したいときは長押し。このボタン操作だけで色々なことが出来ます。

活用方法

例えば、あるコードの時にあるフレーズがどうサウンドするか?コードの上で弾いた方が分かりやすいかと思います。ルーパーエフェクターが登場する前は生徒さんに伴奏を弾いてもらって、私がフレーズを弾いて、その響きを確認してもらっていたのですが、伴奏に必死になって聴けていない生徒さんも少なくありません。これでは模範演奏にならないので、私が自分で伴奏を録音してその場で弾いて、音を聴かせてあげます。レッスンとしてはそのような使用をしていますが、練習では、好きな曲を自分で伴奏して自分でソロを取って遊んでいます。

曲作りにも効果的

ルーパーにはオーバーダブする機能も付いています。再生中にもうひと踏みすると重ねて録音出来ます。例えば自分のソロがどう聴こえているのか?もちろん演奏中だって聴いてはいますけれど、あくまで演奏しながらなので、あとでプレイバックを聴いて自己評価をすると、とっても効果的。また、曲を作る時も、確認するのに取って良いのです。

最初はタイミングに苦労する

ループをするのに、どのタイミングで踏むか・・・。伴奏スキルを上げるにも凄く良いですね!最初のうちは早すぎたり、遅過ぎたりで、なかなか綺麗にループしてくれませんが、次第に慣れてきますよ!

様々な種類

ルーパーは各メーカーから沢山の種類が発売されています。私は一番最初にBOSSのRC20XLを購入し長く愛用していました(現在生産中止)これはツインペダルでスタートやストップがとってもやり易かったです。

その後、RC20XLを生徒さんに安く売却して、RC30が発売されて購入しましたが、私は音色がどうも好めなくて、これを売却してRC20XLを買い直しました。しかも生徒さんに売却した値段より高い値段で(泣)何をやってんだか・・・。

dittoが凄く良い

その後、tc.electronicのdittoというルーパーを買いました。大きいのと小さいのがありますが、私は練習として使うことが95%なので、小さい方を購入しました。dittoは、とにかく音質がクリア!でとても良い!使用しないときはアダプターの電源を抜いておいてもバイパスされているので、シールドを繋いだままで、アンプから音は出ます。BOSSはずっとONにしたママじゃないと音がでませんからねー。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-その他, オススメ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.