Transcription データ

Lage Lund / Here's That Rainy Day

投稿日:

Lage Lund


今回はLage Lundの「Standards」から「Here's That Rainy Day」のTranscriptionです。

PDF file ダウンロード

Analysis

カッコいいな!と感じた箇所を少し挙げてみます。

21〜22小節目

IIマイナー7th上で9thへアプローチしています。これは私はチャーリー・パーカーのラインを勉強していた時だったか、随分昔に学んで自身の演奏に取り入れました。コンテンポラリーアーティストのプレイを分析していると感じるのは、

ポイント

ビバップの良いところを適度に残している。

という点。だからコンテンポラリーな中にも常にジャズの伝統を感じます。

クリックで拡大

24〜27小節目

歌心がとっても良い。ラインの研究も良いですが、こういったメロディックな要素を私は結構大切にしています。

ポイント

ポイントはズバリ!歌が小節の前から始まっているということ

クリックで拡大

50〜51小節目

A7〜D7と同じモチーフでアイデアを継続させています。

ポイント

51小節目のラインはなんてことない半音階の絡んだラインですが、
5音ずつのグループになっていて、とてもカッコいい!

クリックで拡大

61〜62小節目

相当弾き込んでいるな!というのが分かったラインです。

ポイント

B♭dimはF#のHarmonic minor perfect 5th below scaleと考えると良いと思います。

クリックで拡大

おすすめ

細かい点まで見ていくと面白い箇所がいっぱい見つかります。Lage Lundは凄いですね!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Music School Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.