ビギナークラス 基礎知識

音符の読み方はドレミ?CDE?イロハ?

音符はどのように読むのがいいでしょうか?

音符の読み方

  • ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ-ソ
  • A-B-C-D-E-F-G
  • イ-ロ-ハ-ニ-ホ-ヘ-ト

エービーシー・・・と読んでいる人も居ます。一般的にはドレミファ・・・が多いですね。イロハニホヘト・・・って人は少数派だと思いますが。


ポイント

レッスンではドレミファ読みを勧めています。

下降を歌ってみる(ドシラソファミレド)

日本の音楽教育が小学校からドレミファソラシドだから、言語同様に馴染みがあるんですよね。メロディを歌うにも、ドレミファ読みのが速く読める人が多いでしょう。ドシラソファミレドと下降すると、その差は更に顕著に現れます。CBAGFEDC・・・とスムーズに下降ラインが歌えるのであれば、その方はアルファベット読みでも良いですよ!教室には以前、インターナショナルスクールに通う子達もアルファベットに慣れているとはいえ、音楽の授業はドレミファソラシドで習っているようで、ドレミファ読みの方がスムーズでした。

音の高さのイメージ

また、ラインのイメージも関係してきます。音程の高さのイメージがなんとなく把握出来るかどうか?という問題です。「ファソラ」と言われると、音は上がっているようなイメージがありますが、「FGA」ではイメージするのが困難に感じます。

結論

ということで、私はレッスンでは

ポイント

コードはアルファベット、単音は必ずドレミファソラシドで説明しています。

シャープやフラットは?

ツィス、ディス・・・・エスなんて発音する事に慣れてしまえばいいのですが、まず慣れるまでに時間がかかります。私は調号は付いているものだと思って読んでいます。そのバックのコードが分かっていれば、どの音に記号が付くかは大体分かります。

バップの曲なんかで、頻繁に臨時記号が出てくると参りますけどね。
やまだ
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-ビギナークラス, 基礎知識

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.