Transcription データ

Ed Bickert / You'd be so nice to come home to

投稿日:

Ed Bickert

今回も私の大好きなギタリストEd Bickertの「You'd be so nice to come home to」です。YouTubeからの採譜です。サックスリーダーなのでソロは1コーラスのみ、PDF2ページです。センスあるソロを楽しんでください。

YouTube

Score

PDF file ダウンロード

サンプル音源です。

Analysis

5〜12小節目


ポイント

歌の展開がとても良いですね!ソロらしいソロではなく、モチーフ的に常に歌っています

クリックで拡大

3〜16小節目


ポイント

なんて事ないスケールでも歌になります。2音の三展開に応えるかのようにラインが続いていきます。answer的なラインですね。

クリックで拡大

20小節目


ポイント

Top Noteを残したまま、下3声はCm7-Bm7-B♭m7とアプローチさせています。

クリックで拡大

21、22小節目


ポイント

ここはE♭7の裏コードであるA7を更にツーファイブ化させた「Em7ーA7」が想定されています。「A7sus4ーA7」と捉えてもOKです。

クリックで拡大

25〜32小節目


ポイント

最後はEd Bickertらしい流れるようなコードソロ!コードソロでもメロディになっているんですよね^^

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.