column ミニレッスン

作曲しよう!(part.2)

Today's mini lesson

今回のミニレッスンは「作曲」について!ある程度のレベルになった生徒さんにはよく「曲作りをしましょう」とお話します。得られるものが本当に多いんですよー。

なんの為に作曲をするのか?

「作曲しましょう」って、生徒さんに伝えると、「え?」という顔をされる生徒さんが多いです。

もっと他に練習することがあるのに・・・
student


確かにジャズはやることが一杯ありますからね、誰に聴かせるわけでもない作曲は時間もかかりますし、それが何になるの?って思いますよね。曲作りは自分自身のために行います。別に32小節ひとまとまりの楽曲じゃなくても構いません。短い楽曲、エチュード、更にはイントロやエンディングでもOKです。

ポイント

大切なことは、現時点の自分の最高峰の音楽を生み出す!ということ。

作曲の思い出・・・


私自身が最初に作曲したのは16歳の時でした。友達のために、覚えたての理論で曲を作ったのが最初でした。めっちゃくちゃ時間がかかったのに2分ぐらいしかない短い曲でした。

そして、今から20年以上前、まだ学生だったので1995年頃だと思います。東京の御茶ノ水NARUへ「中牟礼さんのライブ」を初めて聴きに行きました。セットの合間にワイン片手に話しかけてくれて、色んなことを教えて頂きました。その1つが「作曲をしなさい」って事でした。

美的感覚を磨く


1つ面白いコードが見つかったら、それを使えるようにコードメロディを作っていました。それがエチュードだったり、曲まで発展することもありました。前後関係は良いか?とか全体のバランスはどうか?とか、もし曲にまでになったら、どう展開していくか?、ここはベースがこんなで、ドラムがこんなでとか、ソロだけじゃなく音楽全般に意識が行くようになります。時間はかかるけれど、こういう事を考える時間って大切だと思います。

Love Dance


最近、普通に弾くようになったこのコード。

クリックで拡大

このコードがマイナー7thコードの5度から使えると覚えた時にこんな曲を作りました。伴奏部分だけのご紹介です。真夏に作ったラブソング。

おすすめ
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-column, ミニレッスン

© 2020 Mistletoe Jazz Class