Pick Up!! ビギナークラス

ジャズギター とことん不足

投稿日:2018年6月14日 更新日:

ジャズギターのお悩み相談

質問

「アドリブで自由になるにはどんな練習をしたらいいですか?」

 

 

これはよく聞かれる質問です。昨夜も生徒から質問メールが来ました。

「とあるミュージシャンの演奏をYouTubeで見ていたのですが、あんなに自由に出来たら楽しいだろうなと思います。どうやったら、自由な演奏が出来るのでしょう?」

という、質問でした。


回答

「絶対出来るようになろう!」と思いながら、練習を続けることでしょうね。悩む以上に練習をしましょうね。私はレッスンでも「量が質に転化します」と、とことん練習する事を勧めています。出来ない人は、この「とことん」が足りないのです。

とことん

と、いつもならこれぐらいで書くのをやめてしまうのですが、この悩みを抱えている人は多いので、もっとしつこく書きましょう。それこそ、「とことん」です。少し言葉が悪くなる箇所も御座いますが、ご容赦下さいね。

今まで関東・関西で本当に多くのジャズ習得を目指す方をレッスンしてきました。うまくいかない方の多くは、この「とことん」不足なのです。教室を途中で去って行ってしまう方の中には、「ジャズの練習が楽しくない」「レッスンが辛い」と言って、教室を去っていく方もいらっしゃいました。この「とことん」を伝えることが出来なかったから、それは私の責任だと思っています。

でも、何度も言葉で説明しています、何度もメールで文章として書いて送っています。それでも分かってもらえないのが、私はいつも悔しいのです。深い意味もなければ、難しい事でもありません。その言葉をそのまま実行してもらうだけ、ジャズギター初心者は、ただ、ただ単純に「反復回数」が必要なのです

初心者の方

例えば、ジャズ初心者の方であれば、1つのジャズフレーズ(別に誰かのフレーズでも良いです)を何度も何度も弾きます。CDと一緒になるまで弾きます。そして、一緒に弾けるようになってもまだまだ弾きます。色んな曲でも、何度も弾きます。模倣して、とにかく模倣して、それでも模倣して、やっと少し自分の演奏に溶け込んできます。それでも、まだ「やっと」です。ジャズというのは、そうやって身体に染み込んでいく伝統芸術です。そんな練習をとりあえず100個ぐらいのフレーズでやってみてはどうでしょうか。私に騙されたと思って、とことんやってからご自身の気持ちをぶつけてください。

注意ポイント

とことん模倣をする前に、他にうまくなる方法があるかを探しても、
結局は同じなんです。出来ない人の思考回路です。

それで講師を信頼していると言えるでしょうか?近道を探したりせず、同じことを何度も何度も演奏すれば、だいたい技術や知識は一緒に鍛えられてくるものです。辛いですよ、こんなんで良いのか?って迷いますよ。そんな時のために私が居ます。辛かったら一人悶々とせず悩みを言って欲しいのです。私だって通ってきた道です。どれだけ辛いかは知っています。

ポイント

上手くなっている人はこの事を知っています。

勿論、最初から知っていたわけではありません。

どこかの段階で受け入れて、とことんやり始めたから上手くなっています。

普通に考えて、

●スケールを順番に弾いているだけでバタバタしているのに、ソロで自由に弾けるわけじゃないでしょう?
●テンポから外れてゆっくり弾いていても間違えていて、3,4回弾いてやってまともに弾けるレベルなのに、インテンポの楽曲にトライして合うはずがないですよね。
●今弾いている音が即座に分からないのに、音が狙えるはずがありませんよね。フレーズの1音1音、度数を把握する前に、やらないといけない事がありますよね。

質が必要なのは中級者以上


頭で考えて弾くのも大事ですが、考えて弾く・・・以前の問題の方も多いです。レッスン途中までは、うまくいっていたのに、いつからか、スケール練習やコードトーンの学習、新しいフレーズなどを取り入れる練習、新しい楽曲を学ぶ練習。こういった事に時間を割かなくなってしまう方もいらっしゃいます。そのうち、レッスンの課題をこなす事ばかりをしてしまい、過去にやった曲を忘れ、弾けなくなってしまいます

理解度や技術は生徒一人一人違います。ロックでも、ジャズでも全て同じで、学習していて、停滞しているな・・・と感じたら、それは間違いなく「とことん」不足です。

大切な事

不器用であれこれ出来ない人なら、自信を持ってください。
ジャズ習得には1点をしっかり練習する必要があります。
器用に色々出来るなら、自信を持ってください。
ジャズ習得には様々な内容を並行する必要もあります。

矛盾してますか?でも、これがジャズの道です。器用も不器用もジャズ習得には関係ありません。センス云々が言えるのはもっと上手になってからです。あなたのやり方で良いのです。出来ないと感じていても、今出来る精一杯をすれば良いのです。「出来ない!分からない!」と自分を否定する時間は不要です。出来ないのが当たり前、分からないのが当たり前。だからジャズの練習を楽しめる工夫をすれば、とことん練習出来ると思います。

最後に・・・

いつも少しだけ背伸びをしてみましょうね。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

-Pick Up!!, ビギナークラス

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.