Transcription データ

Steve Cardenas / Across The Way

投稿日:


今回はSteve Cardenasの1999年のアルバム「Shebang」から1曲目の「Across The Way」の採譜です。派手さはないけれど、センスの良い音遣いとタッチ、ナチュラルなトーンとメロディ感がとっても心地良いアルバムです。

PDF fileダウンロード

Analysis

15、16小節目

ポイント

どことなく「Pat Metheny」を感じる歌心。でも、メセニーとは少し違うタッチ。こういう田舎の風景を感じさせるメロディ、私は結構好きです。カーディナスの演奏には、随所にこういった歌が入ってきて心地良いです。

クリックで拡大

33〜40小節目

ポイント

間の取り方、表現力にとってもセンスを感じます。この独特のタッチがなんとも好きです。盤をお持ちの方は是非聴いてみてくださいね。(apple musicでも聴けます)

クリックで拡大

56小節目

ポイント

Bm7の9thへと解決されるライン。採譜した当時は「こんな繋ぎ方もあるんだ!」と思ったライン。

クリックで拡大

65〜68小節目

2小節目のターゲットA♭音への持っていき方(アウトサイド感)が良いですね!メセニーにも同じアウトサイド感を感じますが、きっと皆で影響しあって音楽を創作してきたのでしょうね!いつの時代のアーティストも、同世代の仲間から影響をし合っている箇所が聴き取れます。

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.