Transcription データ

Peter Bernstein / Nobody Else But Me

投稿日:


今回はPeter Bernstein の2作目のアルバム「Sign of Life」から「Nobody else but me」の採譜。まだ音楽学校生だった頃に聴いて、沢山耳コピしました。メンツも良いんですね。ブラッド・メルドー(Pf)にクリスチャン・マクブライト(Ba)グレゴリー・ハッチソン(Dr)という今では豪華なメンバー!少し前に発売された同メンバーで録音した盤も楽しかった!!

ということで、3コーラス!プログレッションが難しいこの曲を歌い上げています!

PDF file ダウンロード

Analysis

8、9小節目

ポイント

歌い方がいいですよね!フレーズフレーズしていなくて、8小節目の動きに対して、9小節目がアンサー的なフレーズになっています。

クリックで拡大

24〜26小節目

ポイント

ここはAm7-D7ではなくて、Am7-A♭m7ーGm7ですね。そして「C7でEトライアド」。私は「裏sus4=III度トライアド」と記憶しています。裏コード「G♭7」の更にsus4化した「Gb7sus4(9)」のコードの中にEトライアドが含まれます。面白いのはJim Hallの演奏からもこのアプローチが現れるのですが、ピーターはこのアルバムを最後にこのアプローチをやらなくなったということ!語法を選択したのでしょうね!

クリックで拡大

61、62小節目

ポイント

このツーファイブも面白いですね!「C#m7ーF#7」と捉えても良いですし、前述の「裏sus4ー裏コード」つまりはG♭7sus4ーG♭7と捉えてもOKです。

クリックで拡大

63〜70小節目

ポイント

「問いかけ」と「応答」が繰り返されている箇所。聴いていてとっても楽しいです。メセニーとジョンスコが共演していた盤でも、メセニーが一人二役的に「問いかけ」と「応答」を繰り返していた記憶があります。こういった音楽的なネタをストックすると幅の広い演奏へと繋がりますよ。先生は手元にあるCD達です。フルコーラスで採譜すると音遣い以外にも沢山のアイデアを発見出来ます。

クリックで拡大

YouTube

Vocal&Pianoの方とやっているテイクもよく歌っています!

おすすめ

こちらの盤に入っています。

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.