Transcription データ

Peter Bernstein / In a Sentimental Mood

投稿日:

極上のDUO


今回は井上智さんとPeter BernsteinのGuitar DUOアルバム「Guitars Alone」からIn A Sentimental Moodです。

PDF file ダウンロード

Analysis


個人的に面白いなと感じたところをピックアップします。

4〜6小節目

ポイント

4小節目Em7♭ーA7はB♭7ーA7に変換。後半6小節目のD7での何気ない4度音程。私はこういう箇所を度数で覚えてきました。13thから♭13thへ音を動かす時に9thを絡ませる・・・・といった具合にです。

クリックで拡大

9、10小節目

ポイント

これは伴奏の井上さんがとても面白いですね!下降クリシェをこんな風に上っていけるのは、このとき初めて知りました。A7ではaugment アルペジオを演奏(Peterの代名詞)最後のD7ではA♭トライアド(裏コード)を使用しています。

クリックで拡大

19、20小節目

ポイント

ここは本来は循環進行(D♭M7ーB♭m7ーE♭m7ーA♭7)なのですが、
B♭m7とE♭m7を「裏(減5度離れた)メジャーコード」へ進行しています。
(D♭M7ーEM7ーAM7ーA♭7)

クリックで拡大

21、22小節目

ポイント

アプローチノートでD♭音と、F音を装飾しているだけですが、ここの歌心はとっても好きです。

クリックで拡大

27〜30小節目

ポイント

27小節目は本来GmM7となる箇所。D7と捉え、その裏コードであるA♭のトライアドを演奏しています。30小節目ではD7で、D augmentのアルペジオを演奏しています。オーギュメント、裏コード、4度音程、これらはPeterの演奏を分析する上では欠かせないポイントですね。

クリックで拡大

運指

Peter Bernsteinは小指をあまり多用しない運指で演奏します。今回のTABとPeter運指は違うポジションが沢山あります。ギターでは運指がその人のカラーを作っていくので、どのように扱うか?は読者の方次第です。

オススメ

収録アルバム


こちらもオススメ

Jazz Phrasing Analysis#28 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis 裏コードリック。F7をB7として演奏しています。Bbm7の箇所はF7が2拍分はみだした・・・と考えることも出来ますが、Bbm7を考えていても十分に想定出来るラインかと思 ...

Jazz Phrasing Analysis#31 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis IIm7-V7-IM7進行にクリシェを導入した良いフレーズです。Ebm ~ EbmM7 ~ Ebm7 ~ Ab7と連結しています。 YouTube CD Signs o ...

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.