Transcription データ

Peter Bernstein / How Deep Is The Ocean

投稿日:


Peter Bernstein

今回は「Jim Hall and Friends at town hall」という盤から、Peter Bernsteinの「How Deep is the ocean」です。表紙にもPeterの名前が載っていないんですけどね。初めて聴いたとき、「めっちゃ良いギタリストだ!」と思った記憶があります。そこから4作目ぐらいまで結構Peterの耳コピをしました。もちろんJoshua Redmanのバックで弾いているものもよく聴きました。PDFは6ページです!

PDF file ダウンロード

YouTube

スコアは12:15〜です。


Anyalysis

4〜6小節目

ポイント

ソロの入り。テーマの流れから、あまりにもスムーズなラインです!これからどう展開していくのか、楽しみになる入り方です。こんなソロが弾きたいなと思います。

クリックで拡大

61〜64小節目

ポイント

ただ、コードを追っているだけじゃなくて、しっかりストーリーを感じるライン。やっぱり音楽はこうでなくては!

クリックで拡大

77〜80小節目

ポイント

ここの歌心がとっても好き。。。。もはや分析になっていない(苦笑)

クリックで拡大

85〜88小節目

ポイント

6度インターバルをどんどん使っていますね。師匠Jim Hallが「st.thomas」やら「You'd be so nice to come home to」やら、色々な楽曲で、このアプローチを弾いていますが、しっかり継承していますね!

クリックで拡大

おすすめ


記事とは関係ありませんが、師匠との共演している貴重な動画!若かりし日のピーター。もうピーターの音ですね!

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2019 All Rights Reserved.