Transcription データ

Peter Bernstein / Falling Love With Love

投稿日:


今回はRyan Kaisor(tp)の盤から、「Falling Love With Love」。Peter Bernsteinの演奏です。PDFは7ページです。

PDF file ダウンロード

Analysis


今回も、個人的に勉強になった点などをピックアップしますね!

13〜16小節目

ポイント

ピーターがシンプルなリズムで弾いている時の音の動かし方がとっても好きです。よく歌っています!以前にご紹介した譜面でも4分音符で弾いている箇所の度数を調べてみると面白いですよ!

クリックで拡大



25〜28小節目

ポイント

ピーターお得意のオーギュメントライン。広い音域を行き来するラインはアーティストそれぞれに違いがあります。自分なりのオリジナルラインを考えてみてはいかがでしょう?

クリックで拡大

52〜58小節目

ポイント

今回のソロの中で1番好きな箇所。音の動かし方と、演奏のタッチ。めっちゃ歌っています!こういうメロディストックをしておく良いですね!コードを追いかけるだけのラインばかり考えずに、「音楽であること」が大切です。

クリックで拡大

106小節目

ポイント

F7上でDメジャートライアド。VI度のトライアドはCombination of Diminish scaleから派生されるトライアド。トライアドがある程度弾けるようになってきたら、「それを弾くことでどんな雰囲気になるのか!」をしっかり聴くことです。トライアドが大事!とレッスンで説明すると、そのトライアドを弾くことばかりに意識がいっていて、音楽になってこない生徒は多いです。でもそれは過程としてOK。この状態に「音楽的な意識」が身に付いてくると、「そのトライアドに、どの度数から入っていって、どの度数に抜けていくか?」が大事なことに気付くことでしょう。前後関係で効果が違うことに気付けなければ使えているうちに入りません。

クリックで拡大
The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.