Transcription データ

Peter Bernstein/This Could Be The Start Of Something Big

投稿日:

Peter Bernstein Transcription


Peter Bernsteinのファーストアルバムから「ボクはこの曲でビックになるんだ!」って曲。Aセクション16小節、Bセクション16小節のAABAなので1コーラス64小節の長い楽曲です。

PDF File ダウンロード

Analysis


面白いなぁ〜と感じた箇所を取り上げて見たいと思います。

13〜16小節目

ポイント

コード進行内を半音で流れるターゲット音を意識的に狙っています。

クリックで拡大

23〜28小節目

ポイント

上昇モチーフの展開です。こういうアプローチが、音楽性を高めてくれる気がして大切にしています。


クリック拡大

86〜88小節目

今回も最初のアイデア同様に、半音で下降するターゲットを追っています。「m7コードの短7度音」から「7thコードの3度音」の連結ですね!

クリックで拡大

101〜104小節目

ポイント

Augmentアルペジオの使用。近年ピーターのアプローチには、Augmentアルペジオや裏コードのアルペジオなどが沢山入っていますが、1枚目のこのアルバムからは、私はジムホールのアイデアを沢山感じ取ることが出来ます。


クリックで拡大

オススメ


Jazz Phrasing Analysis#2 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis #1のラインに似ていますが、CM7上での4度インターバルの使い方が既に独自の歌心を作っています。A7は裏コードEb7、Dm7はD7と捉え、やはり裏コードであるAb7を想 ...


Jazz Phrasing Analysis#28 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis 裏コードリック。F7をB7として演奏しています。Bbm7の箇所はF7が2拍分はみだした・・・と考えることも出来ますが、Bbm7を考えていても十分に想定出来るラインかと思 ...


Jazz Phrasing Analysis#31 〜Peter Bernstein〜

Phrase Analysis IIm7-V7-IM7進行にクリシェを導入した良いフレーズです。Ebm ~ EbmM7 ~ Ebm7 ~ Ab7と連結しています。 YouTube CD Signs o ...

The following two tabs change content below.
Mistletoe Music School Jazz Classはジャズ初心者から上級者まで役に立つ情報をまとめて掲載しています。ギター教室Mistletoe Music Schoolは開校10年目の2014年に東京から神戸元町へと移転しました。現在は、対面レッスンだけでなくSkypeを利用したオンラインレッスンもあり、神戸だけではなく、日本全国、海外へも質の高いレッスンを提供できるようになりました。定期コースだけはなく単発でのレッスンも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

最新記事 by Mistletoe Music School (全て見る)

-Transcription, データ

Copyright© Mistletoe Jazz Class , 2018 All Rights Reserved.