他では手に入らない完全オリジナル教材を販売中!!Mistletoe Online Store

Peter Bernstein/This Could Be The Start Of Something Big

目次

Peter Bernstein Transcription


Peter Bernsteinのファーストアルバムから「ボクはこの曲でビックになるんだ!」って曲。Aセクション16小節、Bセクション16小節のAABAなので1コーラス64小節の長い楽曲です。

PDF File ダウンロード

Analysis


面白いなぁ〜と感じた箇所を取り上げて見たいと思います。

13〜16小節目

ポイント

コード進行内を半音で流れるターゲット音を意識的に狙っています。

23〜28小節目

ポイント

上昇モチーフの展開です。こういうアプローチが、音楽性を高めてくれる気がして大切にしています。


86〜88小節目

今回も最初のアイデア同様に、半音で下降するターゲットを追っています。「m7コードの短7度音」から「7thコードの3度音」の連結ですね!

101〜104小節目

ポイント

Augmentアルペジオの使用。近年ピーターのアプローチには、Augmentアルペジオや裏コードのアルペジオなどが沢山入っていますが、1枚目のこのアルバムからは、私はジムホールのアイデアを沢山感じ取ることが出来ます。


オススメ

あわせて読みたい
Jazz Phrasing Analysis#1 〜Peter Bernstein〜 Phrase Analysis Peter 初期の作品から。A7で裏コード(E♭7)フレーズ(SubstituteDominat) 個人的にはCM7上でのF#を使ったアプローチにセンスを感じます。G7で#5音(D#...

あわせて読みたい
Jazz Phrasing Analysis#2 〜Peter Bernstein〜 Phrase Analysis #1のラインに似ていますが、CM7上での4度インターバルの使い方が既に独自の歌心を作っています。A7は裏コードEb7、Dm7はD7と捉え、やはり裏コードであ...

あわせて読みたい
Jazz Phrasing Analysis#28 〜Peter Bernstein〜 Phrase Analysis 裏コードリック。F7をB7として演奏しています。Bbm7の箇所はF7が2拍分はみだした・・・と考えることも出来ますが、Bbm7を考えていても十分に想定出...

あわせて読みたい
Jazz Phrasing Analysis#31 〜Peter Bernstein〜 Phrase Analysis IIm7-V7-IM7進行にクリシェを導入した良いフレーズです。Ebm ~ EbmM7 ~ Ebm7 ~ Ab7と連結しています。 YouTube 【CD】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる